2017年10月01日

FINAL FANTASY XV プティウォス遺跡

久しぶりに本編です。
長らく気になっていたラバティオ山近くの地図の黄色い線。
レガリアで空を飛べるようになったので、早速向かってみました。

が、着陸出来ない……。
普通の道路ではちゃんと出来るのに……やっぱり空から行くって訳ではないのかな……と、またもや攻略サイトさんを巡って、着陸ポイントが非常に小さい事が判明。
でもって隠しダンジョンがあることも判明。
俄然やる気になりました。攻略サイトさんありがとう!

着陸が結構難しいと書かれていた通り、3回程失敗してゲームオーバーに……!!
こんな事でゲームオーバーだなんて……!!
しかも2回目は車から降りようとしている最中に爆発してNGでした……あとちょっとだったのに!(笑)
皆さんのプレイ動画をじ〜っくり拝見し、なんとか着陸成功しました。レガリアはボロボロ(笑)

ようやくプティウォス遺跡へ!!
な、何故突然のアクション……!?
いえ、マリオは大好きなんです。64マリオはドハマりしましたし。
仕掛けを解いて進むダンジョンも好きです。FFで言うと、10の寺院とか。
しかし……ここには非常に苦労しました……。

まずノクトの動きを把握するのに時間がかかりました(T_T)
着地して転がる時と転がらない時がある、とか、一歩の感覚とかですね。
それまで全く気に留めて無かったので、狭い足場にジャンプしたら一歩踏み出してしまって落下、もしくは転がってしまって落下、が頻発でした……。

あと、言い訳ですが、カメラアングルというか、とにかく見づらいのが辛ったです。
斜めになっている場所へ、着地できるのか落下してしまうのかが、全然分からなくって困ってしまう事、数回。
ちょっぴり画面酔いもしたりして。

そんなこんなで多分クリアにかかった時間は4時間ちょっと。
これまでの人生で一番と言って過言ではない位の手汗でした。
手汗ってこんなに出るもんなんだなぁ、と新しい発見でした(笑)

でもとっても楽しかったです!!
こういうタイプのダンジョンがもっとあったら楽しかったのになぁ。
コースタルマークタワーやスチリフの杜辺りはこういうタイプでも良かったと思うんです。
それともこのプティウォス遺跡の方が付け足しなんでしょうか。
いきなりノクト一人になるのに、何の説明も、仲間とのやり取りも無くて違和感があったので。

手をドロドロにしながらクリアしてホッと一息。
もう二度とここへ来る事もあるまい、と思いつつ帰路へ。
案の定、1度離陸に失敗。
なのでダメ元で“車をハンマーヘッドに運ぶ”を選んだら……無事に帰れちゃいました!
ど、どうやって運んだんだろ……。でもよく考えたらチョコボもちゃんと来てくれるんですよね……。
しかしそれで安心したのも束の間。
と……『盗賊の思い出』って……!?
また着陸しなきゃならないの!!?
…………(>x<)
泣く泣くリベンジしました。今度は2回程で着陸成功。ああ良かった。
遺跡自体は楽しかったけれど、もう絶対来ないぞー!!!(爆)

次はエピソード・グラディオラスの予定です!
アサシンズ・フェスティバルも気になりますが……。

FF15_photo_Bird01.jpg
着陸には散々苦労しましたが、大好きなヒナドリスが沢山で幸せでした(*^_^*)
posted by ミクロン at 01:00 | Comment(0) | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

スクエニカフェ サボ店長

風髑髏遠征に便乗して、FF15コラボ開催中のスクエニカフェへ行って来ました♪

お目当ては勿論……サボ店長!!
いつもTwitterであの緑に癒されているので、いつかお目にかかりたいな〜と熱望しておりまして。
運良く遠征日にFF15コラボ期間が重なっていて本当にラッキーでした(^^)/

予約も何もしていないので、とりあえず申し訳程度にグッズを買って、撮影依頼。
ちょうどカフェ開催時間の合間でサボ店長がお手すきだったのもラッキーでした。

20170923_Sabotencho01.jpg
今ならお好きな場所で撮影OKですよ、と言われたので、遠慮なく……(笑)
数年前に購入したMyミニサボテンダーも連れて行ってツーショット(*^_^*)

20170923_Sabotencho02.jpg
申し訳程度に購入したスタンプ。
サボテンダーが欲しかったので、大当たりでした!
……これで運を使い果たして12月のDistant World外れたらどうしよう……ドキドキ(苦笑)
posted by ミクロン at 00:00 | Comment(0) | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

髑髏城の七人 Season 風

行って来ました、風髑髏!!
まさかの松ケン主演ですから、もう行かないなんて選択肢は端から無くて。
今回は一人参戦でしたが、私はあまり席運良くないので、本当に珍しい良席当選!
お陰で十二分に堪能出来ました(*^v^*)

では、ザックリとキャラ毎に。

【捨之介】
小栗旬の、過去を吹っ切れていない影の残る捨之介に対して、今回の捨之介は過去を呑み込んで自分の進む方向を決めている、といった印象を受ける、明朗快活な捨之介でした。
小栗版はどこか色気がありましたが、こちらはざっくばらんでコミカル。
久しぶりの生松ケンは、相変わらず抜群のスタイルでとっても素敵でした!!

【天魔王】
捨之介も良かったですが、天魔王は更に良かったです。
迫力と貫録が物凄い。
清盛経験が活きているのかな。清盛も凄かったですし。
最初に兜を脱いだ時には、織田信長かと思い、ちょっと混乱しました。今回は“実は生きていた”って話なのか、と。
誤解はすぐに解けましたが、年齢も捨之介よりグッと上に感じられる程の演じ分けは見事でした!!
一人二役、は松ケンにピッタリだったと思います。

【無界屋蘭兵衛】
全然好みじゃなくて……正直、あまり好きではない俳優さんだったのですが……素敵でした!!(爆)
背も高いしお顔も小さいし。
やっぱり生で拝見すると、こうも素敵なんですねぇ。
蘭兵衛の役柄自体は花髑髏とそんなに大きく変わっていませんでした。
トシ(=山本耕史)版と比較すると、トシ版は深みと色気があった分、やや貫録もあって年嵩な印象の蘭兵衛になっていましたが、向井版は真っ直ぐで、その分少し弱さも目に付くような、等身大の若い蘭兵衛に感じました。

【贋鉄斎】
正直な所、古田版を超えることはないだろうと思っていました。
が、超える超えないではなく、やっぱり影の主役でした!!
変質者ぶりに拍車がかかっているにも関わらず、非常〜にキュートで、もう贋鉄斎が登場するだけで楽しい。
すぐに脱いだり、松ケンにデスノのネタをぶっこんで来たり、男の子にただならぬ関心を示したり。
完全にコメディパートの主役でした。
最高です!

【狸穴二郎衛門】
今回非常に印象に残ったのが二郎衛門。
彼らしく愛嬌のある二郎衛門でしたが、何よりさすがに上手いですね〜!!
主要メンバー(松ケン、向井理、田中麗奈)は恐らくあまり舞台経験がないんじゃないかな、と、素人目にも感じられたのですが、その分、生瀬勝久は際立って上手く見えました。

他にも今回は狸がキュートでした♪
グッズでぬいぐるみがあったら買ってしまってたかも……、という位(笑)
沙霧を始め、極楽太夫や三五、兵庫は大きなキャラ変更はありませんでした。
礒平もやっぱりイイキャラでしたし。

どうしても花髑髏と比較してしまうのが申し訳ないですが、全体的にやや若い印象を受けました。
役柄的には等身大の感じではあるのですが、どうも少し若すぎる……ような気もしまして。
決して悪い訳ではないのですが、あくまで個人的な好みとして、もう少しだけ深みも欲しかったかな〜、と。
松ケン、向井理、田中麗奈の、三者のバランスはとっても良かったんですけれど、もう少しそれぞれ舞台経験を積んだら、更に良くなるような気がします……という素人意見でした。

20170923_Dokurojo.jpg
松ケンには蘭兵衛も演って欲しいです!
きっと似合うと思うんですよね〜!!(笑)
posted by ミクロン at 23:00 | Comment(0) | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

FINAL FANTASY XV モグチョコカーニバル

EP.プロンプトをクリア後、何気なくプレイしました。
指への負担が少なさそうだったので……(笑)

ド派手なオルティシエにビックリしつつ、ウロウロ。
ヒナチョコボ捕獲が楽しかったです。めっちゃ可愛い♪

モーグリの写真撮ったり、飾り付けしたり結構楽しんで遊べたのですが……ノクト一人でちょっと淋しい……。
加えて、ロッドとリール欲しさに釣りまくった際の、魚を釣り上げた際のノクトの台詞に少し引っ掛かりを憶えまして。
「こういう時に限って誰もいない」というような台詞だったのですが……何となくモグチョコカーニバルの世界が死後の世界っぽい印象を受けてしまいました(爆)
まぁ、だったらルーナがいても良さそうなので、これは完全な私のネガティブ妄想でしょうけれど。
なので花火もほんの少し淋しいのでした。でもカーバンクルがとっても可愛くて癒されました(*^^*)
って、本当に花火イベント好きですね〜、開発の方々。綺麗なのでいいですけれど。

あ、お目当てのロッドとリールは無事獲得しました!
夜にストーマーフォカロル使用で、割合簡単に引っ掛かりました。釣り上げるのはそこそこ時間がかかりましたが、ルシス鯉よりはすんなりでした。
しかし期待していたほど良い性能ではなくってガッカリ……最初の開催期間に取るべきでしたねぇ。

ちょっと淋しいながらも満喫出来ました!
終了までにもう少しアイテム交換したいなぁ。
posted by ミクロン at 01:00 | Comment(0) | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

文豪ストレイドッグス 13巻

新刊が出ていて慌てて購入しました(>_<)

もっと夏目漱石が見たかったです(笑)
でも諭吉社長が回復されて何よりでした♪

ちょっと意外な敦&芥川コンビは面白かったですね〜。
共闘するのはもっと先、和解してからかなと思っていたので、おおってなりました。
芥川もほんの少しだけ丸くなってきた感があって今後が楽しみです。
次巻で和解……なるかな??

今巻で登場のアレクサンドル・プーシキン氏は……存じ上げませんでしたー(゚_゚;)
死の家の鼠はロシア作家でまとめているんでしょうか。
イワン・ゴンチャロフ氏も存じ上げませんでしたが、ロシアの作家との事ですし。←調べました(汗)
トルストイとツルゲーネフは出ないのかな……??
ロシアと言えばドストエフスキーとこの2人しか浮かばないのです〜(汗)

あと、やっぱり乱歩とポオのコンビが好きです!
もっと推理対決が見たいです。
ポオは相変わらず可愛らしい。あ、カールも!
そろそろ探偵社に入っても良い頃だと思うんですけれど(笑)

国木田が登場しないと思ったら、牢にいたとは。
すっかり忘れてましたが色々とありましたものね。

ストーリーが錯綜してきましたが、もう少しそれぞれのエピソードをじっくり読みたいような、早く本筋を進めて欲しいような、ちょっと複雑な気分です。
posted by ミクロン at 22:00 | Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする