2018年02月17日

沈黙の書

『沈黙の書』
著:乾石智子(創元推理文庫)

火の時代、絶望の時代が近づいている。戦が始まる。穏やかな日々は吹き払われ、人々は踏み潰される。予言者が火の時代と呼んだそのさなか、いまだ無垢である“風森村”に、“風の息子”は生をうけた。だが、“長い影の男”がやってきたときすべてが変わった。天と地のあいだ、オルリアエントの黎明の時代を描く、大人気ファンタジー“オーリエラントの魔道師”シリーズ始まりの書。
「BOOK」データベースより


なかなか感想を書くのが追い付かなくて……読んだのはもう半年位前になってしまいました。
が、感想書き待ちの本がまだ何冊かあったりします……(゚゚;)

気を取り直して。
以前シリーズ全巻読み直したので、今回はバッチリ☆と思って意気込んで読みました。

にも関わらずちょっと自信がないのですが……ヒアルシュって、後のキアルスなんですよね??(爆)
どの人生も壮絶で、ちょっと不憫な気が……。
暗樹との因縁はヒアルシュの時からあったのですねぇ。

セグナ女神の像が薄気味悪くてツボでした。
“オーリエラント”の意味も明かされたり、珍しく読後感が希望に満ちたものでした。
『言葉の満てる大地』とは何て素敵な世界だろう、と。
しかしてっきり“オーリエラント”は“オリエント”のもじりだろうと、安直に思っていた自分が情けないです、はい。

これまでのシリーズの一番初めの物語との事ですが、文庫版では現在のところ『夜の写本師』が時系列として一番新しい物語、になるんですよね。
となると、このシリーズの着地点はどこなんだろうと、ふと思いました。
まだまだ読み続けたいけれど、結末も気になる。
悩ましい問題です。
とにもかくにも、早く次作を読みたいなぁ。
posted by ミクロン at 01:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

三文オペラ

今年最初の観劇で、念願の生充!!(笑)
SOPHIAは“街”からのファンなのですが、ライブ等への参戦経験は無くて、いつか必ず! と思っていたのですが、初の生がライブ以外になるとは思ってもみませんでした(^^;)
上演して下さって、感謝感激です!

ではちょこっと感想を。

松岡充は「人にやさしく」や朝ドラで演技も拝見していましたが、想像以上の巧さでビックリ(爆)
歌もちゃんとミュージカルの歌い方になっていてとっても聴き易かったです。
元々滑舌の良い歌い方をされてましたけど、より舞台映えがすると言うか、表現の幅が広がっていたような。
でもって相変わらずの美しいお顔にイイお声(*´艸`*)
観に行けて本当に良かった〜!!
やっぱりいつか絶対ライブで拝見したいなぁ。ミュージカルももっと観たい!!

ピーチャム役の白井晃は小憎たらしい『新選組!』の清河のイメージが今も強かったのですが、さすがでした!
やっぱり小憎たらしい役ですが、ちょっと可愛らしさもあったりして。
ジェニー役の貴城けいは存じ上げなかった方ですが、とっても良かったです。
今回の中では群を抜いて巧く感じました。存在感が違うというか。
パンフで知りましたが、宝塚歌劇団出身の方なんですね〜。納得です。
一番印象的だったのは、ブラウン役の高橋和也。
『薄桜記』や『真田丸』のイメージと全く違って、今回はとっても可愛らしかった!!(笑)
あんな可愛らしさを出せるなんて凄いなぁ。

出演者の方々にはそれほど思うところは無かったのですが、この作品自体はイマイチ私には合いませんでした。
一応昔のロンドンが舞台なのですが、どうも設定が緩すぎて中途半端。
あえてそうしているように感じましたが、世界観がチグハグ過ぎて入り込めず。
ストーリーも(原作は知らないのですが)、社会風刺を入れたい感じがありましたが、曖昧な世界観なので説得力も何も無くなってしまっていて、余計に中途半端になってしまった感じでした。
主人公マクヒィスの人物描写も少なくてイマイチ魅力も伝わってきませんでしたし……とにかく説明が多くて冗長だったので、もう少し設定の取捨選択をしてスッキリさせたら、登場人物それぞれの紹介やストーリーの表現が増えて良かったのになぁ、と感じました。
音楽も私にはピンと来るものが無く、何とも残念な作品でした。
ミュージカルは好きなのですが、演劇はやや苦手なので、その辺りの好みのせいかもしれませんね。

とにもかくにも充を生で観られて大満足です♪
ライブでなくても良いので、また是非地方公演をお願いしたいです!
posted by ミクロン at 03:00 | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

ゼノギアス

放置すること20年。
当時は作品が目白押しだったので、こんなに長らく放置する事になったのです(言い訳)
以下、当時購入したPSソフト。
・97年:FF7、FFT
・98年:ゼノ、エアガイツ
・99年:FF8、クロノクロス、聖剣LoM
どうしたってFFを優先してしまって……20年です。
今回、20周年コンサートに当選したので、ようやくプレイ&クリアしました!!(爆)
PSもPS2も既に手元に無いので、PS Vitaで買い直してプレイ。

一言で言うと、プレイするのが遅かった、に尽きます。
誤解の無いように言いますが、面白かったです。とっても。
でも、発売当時にプレイしていたら、もっとのめり込めただろうな〜と思う部分が多くて……。
もう歳をとり過ぎてましたね……。

あと、私『クロノ・クロス』が滅茶苦茶好きなんです。
両方プレイされた方ならこれだけで察して頂けるかと思いますが……似てるんですよね、両作品。
製作経緯としてそうなったのは仕方のない事だと思うのですが、だから多分、発売順(ゼノ→クロノ)にプレイされた方だと、ゼノの方が好きなんじゃないかな〜と思いました。
例えばメモリー・キューブの設定。とっても良く出来ているのですが、クロノの運命の書で先に衝撃を受けてしまっていたり。

しかし、良い事もありました!
そんな状況だったため、ストーリーのアウトラインはほぼ理解できたと思います。多分。
ではとりとめもなく感想を。

まずポジティブ感想。
メモリー・キューブやソイレントシステム、刻印の設定はディストピア物好きとしてはとっても好みでした。
特に缶詰を食すシーン。
何か変なイベントだな〜、とは思ったのですが、まさかのオチ!
そういや『クロノ・トリガー』で似たようなのあったなぁ、と。食べたりはしませんでしたが(笑)

あと、刻印の設定も面白かったですね。
結局スファル人化する引き金は主人公サイドが引いてしまう、というのも良かったです。
どのみちスファル人化してしまうという結果は変わらずとも、もう少しその辺りの懊悩も欲しかったです……が、Disc2なので仕方ないですね(笑)

ストーリーで一番印象に残ったのは、ハマーのエピソード。
これはちょっと胸に刺さりましたねぇ。
一般人の哀しさを感じます。絶対私自身もスファル人化するタイプだと思うので、尚更。

そしてチュチュ可愛い〜!!
最近のFFではマスコット的なPCがいなくなってしまったので、とっても癒されました♪
EDのアニメ絵も微笑ましくって(*^^*)
あとシタン先生……最強じゃないですか。
世界の秘密は知っているわ、医者といいつつ戦闘強いわ、家族もいるわで……もう非の打ち所がないですね〜。
どうしてミドリが懐かないのかが分からないままだったので気になりますが……。

で、ネガティブ感想です(爆)
でもそれほど大きな不満はなかったです。
若干設定を詰め込み過ぎた感があったのは勿体なく感じました。……開発期間(予算?)に対して壮大過ぎたんでしょうねぇ。
そうそう、FF13発売当時、その用語の多さに非難殺到でしたが、なかなかどうしてゼノも凄かった(笑)

正直な意見を言うと……ギアって必要でしたかね??(爆)
アニマの器とかギア・バーラーとか。この辺りザックリ削ったらもっとシンプルになったのでは……とか。
私がロボットに何の関心も持っていないからこその感想です。
ロボットに親しんだのは『ドラえもん』と『TWIN SIGNAL』位なので、そもそも戦闘を目的とするなら人型なんて非効率的だろう、とか、もうロマンもへったくれもないタイプでして……正直ギアありきでスタートした企画なのかとまで思ってしまいました……(^^;)

Disc2の仕様は残念でしたが、もう少し各キャラを活かして欲しかったです。ノベル形式でも良いので(笑)
何だか結局フェイとエリィとシタン先生しか必要じゃない印象でした……。

個人的には戦闘が面倒でした。
私がRPGに求めるものは物語と冒険であって戦闘システムではないので、なかなかに苦痛でした。
でも、後のクロノでしっかり改良されていた事が良く分かりました。

あと……これは私の設定か環境のせいなのですが……PS Vitaだと、EDの台詞が全然聞き取れなくって悲しかったです……BGMと台詞のバランスが……(T-T)

総プレイ時間は約50時間。ほぼ1ヶ月でクリアです♪
リアルタイムでプレイしなかったのが悔やまれますが、充分楽しかったです。
ストーリー上での「?」も少なからず残りましたが、この後設定資料集を読んでみます。プレイもしていなかったのに設定資料集が復刊した際に何故か買ったんです……(゚゚;)
後半も作り込まれていたら、とそこだけが残念でなりません。
いつか後半も作った形でリメイクして頂きたいなぁ。
posted by ミクロン at 20:00 | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

3年

早いもので3年目です。

……アレコレと書きたかったFF7ネタを全然書けなかったのが悲しいっ(>_<)
折角20周年だったのに!!
FF15に手を付けたので、どうもそちらで手一杯になってしまいました……。
そろそろFF15の総合感想も書きたいです……って『BROTHERHOOD』まだ見ていないんでした(゚-゚;)
今年中には必ず!

今年はDFFNTや聖剣2リメイク版で手一杯になりそうですが、のんびり楽しみたいと思います。
現在は4月のコンサートに備えて『ゼノギアス』を初プレイ中だったりします。
PS Vitaだと方向キーが操作しにくいのが難点。
あと、現在無性にFF8がやりたいので、もしかしたらそちらにも手を出すかもしれません。FF8も来年20周年ですしね。……もうそんなになるんですねぇ(゚д゚)

折角なので、ほんのちょっぴりFF7ネタを。
20周年を記念して、念願のセフィロスのシルバーリングを買いました(爆)
昨年の祈りがスクエニへ届いたのか、めでたく再販される運びとなったので、今度こそ躊躇わずにポチッとな!
まだ届いておりませんが、届いたら写真UPしたいです♪

最後に謝意を!
いつも拙く短絡的な感想文にお付き合い頂きまして、本っ当にありがとうございます!!
高尚な事は何一つ書いていません(そもそも書けません……)ので、暇つぶしにもならないのでは?? と、たまにぼんやり危惧したりもしておりますが、結局いつも皆様の海よりも寛大なそのお心に甘え、好き放題に書き散らしています。
また、わざわざWeb拍手まで押して下さったりもして、心底嬉しい限りです(*´艸`*)
引き続き、お暇つぶしの一助になれましたら幸いです!
タグ:ご挨拶
posted by ミクロン at 00:00 | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

永遠の森 博物館惑星

『永遠の森 博物館惑星』
著:菅 浩江(ハヤカワ文庫JA)

地球の衛星軌道上に浮かぶ巨大博物館“アフロディーテ”。そこには全世界のありとあらゆる芸術品が収められ、データベース・コンピュータに直接接続した学芸員たちが、分析鑑定を通して美の追究に勤しんでいた。総合管轄部署の田代孝弘は、日々搬入されるいわく付きの物品に対処するなかで、芸術にこめられた人びとの想いに触れていく……。優しさと切なさの名手が描く、美をめぐる9つの物語。日本推理作家協会賞受賞作。
「BOOK」データベースより


タイトルと設定に惹かれて購入。
初めての作家さんでした。

全体的に惜しかったです。
雰囲気は綺麗ですが、焦点が絞りきれず全体像がぼやけてしまったような。
惑星1つが丸々博物館だなんて、一体どんな素敵な美術品やら絵画やらが出てくるんだろうとワクワクしていたのですが……そういった方面はあまりなく。
主に学芸員と、彼らに接続されたシステムのお話でした。あと博物館と美術品の管理システムかな。

主人公の愚痴が非常に多いのが疲れました。
上司の愚痴を零すわりに、その上司についてのエピソードも説得力に乏しいものばかりなので、ただ過剰な愚痴を聞かされ続けるのにはなんとも辟易しました。
全体的なオチへの伏線でもあったのですが(伏線と呼ぶにはやや物足りなくもありますが)奥さんへの態度も非常に不快で疲れたのでした……。

ただ、とっても共感出来た部分もありました。
素直に感動する事の素晴らしさ。
おそらくこの作品の主題だったのかな、と思います。
何より手放したくない感性ですが、歳とともに鈍磨していくのを痛感している今日この頃です。
単純に“綺麗だな”・“面白いな”とは思うものの、直後には“どうしてそう思ったのか”とアレコレ原因を考えてしまいます。
『○○が△△だから面白かったんだな〜』というような……。
しかし……凡人の私でさえ随分前から危機感を抱いていたというのに、これほど優秀とされている主人公が、今の今までそんな単純な事に気付かないっていうのも何だかなぁ、と思ったり。

設定はとっても魅力的でしたが、色々と活かしきれていないように感じました。惜しい……。
でも懲りずに別の作品も少し読んでみたくなりました。
posted by ミクロン at 01:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする