2019年07月22日

弥栄の烏

『弥栄の烏』
著:阿部智里(文春文庫)

山内の朝廷の実権を掌握した若宮。彼に仕える雪哉は、全軍の参謀役となった。ある日、大地震で開かれた禁門の扉の向こうに「人喰い大猿」が現れ、ついに猿と八咫烏の最終決戦が始まる。若宮は記憶と名前を取り戻し、真の金烏となれるのか。山内の命運は―?八咫烏シリーズ第一部、堂々の完結。巻末に夢枕獏氏との対談収録。
「BOOK」データベースより

とうとう第一部が完結です。
結局電子版で購入し続けて完結……でもこれで正解だったかも。
サラッと感想を。

内容は前作『玉依姫』と重複する部分が多いです。
『烏に単は似合わない』と『烏は主を選ばない』のような、視点違いの関係でした。
今回は八咫烏サイドからのお話。
この手法、お気に入りなんでしょうか。一シリーズで二度も使うとは……。
面白ければ勿論良いのですが、この手の手法はそうとう技量がないと厳しいものと思います。
過去、同じような手法の作品を何作か読んだ事がありますが、どれもイマイチ成功しているようには思えませんでした。
ですので今回もやや冗長な印象が強くて。

ただ、大猿との決着の場面はとっても良かったです。
やっと大猿の気持ちと意図を理解できてスッキリ。
正直、若宮よりも大猿の方が遥かに魅力的でしたね(笑)
しかしこうなると八咫烏よりも猿たちの方が哀れな被害者に感じました。

今作で何がショックだったって、茂丸!!!
一番好きなキャラだったのに……お陰で雪哉の喪失感には非常〜に共感出来ましたが。
そして呪いを受けたのが澄尾だったとは……!
てっきり明留だと思っていたのでビックリ。こちらは辛うじて助かって良かったです。

ここでも雪哉無双が発揮されていましたが、イマイチ精彩を欠いたのは、やはり彼の諫め役だった茂丸が喪われてしまったからでしょうか。
前々巻での雪哉が暴走気味だったのは、今巻への伏線だったのかと気付き、納得出来ました。
ついに今巻で箍が外れ、幼さ故の苛烈さが前面に出てしまって、年相応な面が垣間見れました。
分からなくはないのですけどね、雪哉のやり方も。
猿への報復感情も満たされ、自分たちと意見を異にした者への溜飲も下げられて、周囲からは支持を得易く、手っ取り早い。
でも、主である若宮の意向を綺麗サッパリ無視している辺りが、独善的である事の一番の証左なんですけれど。
まぁ、その辺りもちゃんと理解していてなお、そうしたかったのだろうと思われますが。
この辺り、とても面白かったです。
翠寛との対比もとても分かり易くて。翠寛の再登場は嬉しかったですね〜!

個人的にオチがちょっとありきたりで肩透かしでした……。
どうして紫苑の宮が雪哉のカタルシスに繋がるのかが、イマイチ理解出来ず……う〜ん。
例え新しい命が生まれようと、山内や山神の状況は変えられず、かつ茂丸も、喪われたものも戻ってこない訳で。
ちょっと綺麗にまとめようとした感が……と思うのは、私が歳取ったせいなのかしらん。
もっと若く、純粋さと素直さを持っていれば理解できたのかも、と感じずにはいられないオチでした。ちょっと切ない。

何だかんだと文句をつけつつ、最後まで追っかけて来ました。
まだ文庫化されていない短編があるので、まとめて出して頂けると嬉しいな。
しかし、これで第一部となると……次は山内の維持または移住等のお話になるのでしょうかね。はたまた過去編……??
個人的には猿サイドのお話も読んでみたいです。すっかり大猿が気に入ってしまって。
山内自体は緩やかな滅びの道を辿りはじめた訳ですが……まだ時間的な猶予がかなりありそうですので、何とかなりそう……と暢気に思うのですが、果たして。
posted by ミクロン at 02:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

七つの大罪 37巻

一時的だとしても大団円っぽいお話は読んでいて幸せでした。

ホークちゃんは本当に可愛かった〜!!!
ですが、ここで一つ疑問が……。
ホークママの存在。
ワイルドが母親に関して一切言及しなったのが気になってるんですよねぇ。
元々煉獄にいたとして、ホークを追っかけてきたのか、兄弟を産むだけ産んでこちらに来ていたのか。
追っかけてきていたなら帰る術や、またはワイルドも連れてくる術もありそうなものですし。
映画版で、どうも混沌の母らしい、となっていましたが、その辺りももう少し詳しく!!

ストーリーはいよいよ最終決戦っぽくなってきました。
ゲルダも解放されたので、ゼルドリスを元に戻す際の鍵になりそう。死んじゃいそうな気もしますが……(汗)
しかし、今巻を読んで非常に気になったのは最高神。
メリオダスの呪いが再生しないって事は、今はもう存在しないのかな??
女神族って、誰もそこには触れていなかったような……??
いっその事、エリザベスが最高神になるとか……。
魔神王と最高神の力を相殺する事ができたら、こちらの世界にいられるのかなー、とか思ってみたり。

秋からはアニメも新シリーズが放送されますし、その辺りも含めると……あと5巻位でしょうかね??
早く結末が知りたいような、もう少し読んでいたいような……お決まりのジレンマです。
posted by ミクロン at 02:00 | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

FF7 REMAKE予約しました

とうとう、と言いますか、やっと、と言いますか。
発売日が発表になりましたね!!!
2020年3月3日火曜日。
ド平日なのが切ないですが、テンションがリミットブレイクしそうな位楽しみなので、ちょっと思った事をつらつらと。

同時に公開されたトレーラーも全て拝見しました。
もう、当然ながら、グラフィックについては申し分ありません!
クラウドはやっぱりカッコイイですし、バレットは貫録満点、エアリスは美しくって見惚れましたし、ティファは可愛い。セフィロスは変わらずの神々しい存在感!
これだけで眼福です(*´ω`*)

キャラクターに関して一つ気になったのは……エアリスの服。
何故にあんなヒラヒラ??
いえ、可愛いんですけどね。
可愛いんですけど……彼女らしくないと言うか……。
綺麗系だし活動的。だったら原作通り、スッキリしたシルエットの方が合っていたと思うんですよね〜。作品の世界観にも合致していましたし。
多分、ティファとの差別化のため??
そこだけが残念でした……。可愛いけど……。

ストーリーが分かるほどの詳細は発表されていませんが、どうやら完全に変更しまくり、の様子。
あの短いトレーラーだけでも、変更・追加が散見されましたし、インタビューでもそのように作っていると明言されておりました。
良い方向へ行くなら構わないのですが……近年のFFから考えるに……ねぇ。
と、心配と不安と恐怖があります(゚-゚;)

でもまぁ、折角の変更・追加ですから、私のささやかで細かい希望をいくつか書き連ねます。
主なところは既にネット上でアレコレ挙がっておりますので割愛です。女装イベントとか(笑)

・アイシクルロッジ辺りで、セトラ関連のエピソード
ジェノバが成りすまして接触してきた辺りのエピソード、よくよく考えると結構ホラーで面白いと思うんです。凄く横道に逸れそうですが、是非。

・古えの森の完全再現
ここ、リアルに表現したら相当面白そう(笑)

・他のタイトルでやったエピソードはシンプルに
BC、DC、CCで詳細を描いている部分は、本編では重複になるので伏線程度で良いかと。個人的にBCは序盤しかプレイ出来なかったので、DLCとかで出して欲しいですが……。

・神羅サイドの小さいエピソード
その時々に、もう少しずつあっても良いかなと。神羅ビルで神羅社員の話をもっと聞きたいです。

・セフィロスのスーパー・ノヴァと、ナイツ・オブ・ラウンド召喚
コレはガチで作り込んでみて頂きたい。長くても構わないので、本気を見たいです!!(笑)

ただ、ちょっと意見が二分されている件に関して、思う所を少し。
エアリス生存ルートについてです。
個人的には、これはナシだと思っていますし、無くていいと思っています。
ちなみに私はエアリス派です。
誤解が無いよう申し添えますが、ティファもユフィも大好きですよ。2周・3周目ではそれぞれスタメンにしていました。
エアリス派にも関わらず、何故なのかと言うと、やはりストーリーが破綻してしまうから、です。
多分その一番大きな点は、北の大空洞での最終決戦後、クラウドが救われなくなってしまう事かと。
――と、書いてて気づきましたが、ザックスに救ってもらうって手もあるにはありますね……あらら( ゚ω゚;)
まぁ、ACも含めて考えると、やっぱり破綻しちゃうので!
そりゃあ飛空艇に乗ってみて欲しいですし、ケット・シーに仲人してもらって欲しい気持ちは山々です!!
でもやっぱり、リアルタイム世代としては抵抗が大きいですね。
一万歩位譲って、有料のDLCでならまぁ……ギリギリ許容出来るかな(爆)
FF15のEP.イグニス的な。あれも個人的には印象悪いんですけれどね(^^;)

さて、長くなりましたが、既に予約はしっかりしております!
色々思う所もありますが、結局はとっても楽しみなのです(*´3`*)
なので、FF零式HDの時みたく、同梱版の後出し発表だけは止めて頂きたい……!!(笑)
来年の3月かぁ……DFFNTまだ手つかずなんですが、どうしよう。
クロノクロスライブに向けて復習もしておきたいし、聖剣3ToMも出るし、FF8のリマスターまで……!!
何よりFF15のEP.アーデン、買ったきり未プレイなんですよ……。
3月3日までにどうにかしなければ……!!
posted by ミクロン at 23:00 | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

飢え渇く神の地

『飢え渇く神の地』
著:鴇澤亜妃子(創元推理文庫)

死の神ダリヤの伝説が残る西の砂漠。十年もの間、砂漠に消えた家族の行方を探し続けている地図作りの青年カダムは、今日も探索を終えて落胆しながら帰宅した。そんな彼をレオンという怪しげな宝石商が道案内に雇いたいと言ってくる。だがカダムたちが砂漠の奥深くへと迫ったとき、そこに眠る恐るべき秘密が目を覚まし…。第2回創元ファンタジイ新人賞受賞の著者の意欲作!
「BOOK」データベースより

『忘却城』を購入した際、すぐ側に並んでいて気になっていた作品でした。
タイトルが素敵で、1〜2頁読んでみても良さそうな感じだったので後日購入しました。

全体的に過不足無く、キッチリと出来ていて完成度はとても高いと思いました。
テンポも良いし、描写も分かりやすく丁寧で非常に読み易いです。設定自体も、全体の雰囲気もとっても私好みで、最後までワクワクして読めました。
ただ、完成度が高い分、個性や目新しさに欠け、印象に残りにくい作品でもありました。

異世界ファンタジーかと言われるとちょっと違うように感じました。
カダムらの生活様式等はほとんど近代そのものでしたので(イメージとしては、スペインとモロッコ。あくまでイメージですので、根拠は特にありません・苦笑)、特に異世界である必要性は無かった気がしました。現実世界にちょっぴり神話や呪術等、非科学的な要素が入ったタイプ。
ですので、現実世界にファンタジーを織り込む形の方が、より説得力があったのでは、と思ったり。

キャラクター達もそれぞれ悪くはないのですが、レオンに関してはどうしても付け足し感が否めません。どうにも不自然すぎて、すぐに正体の予想が付いてしまって……。
地味に好きなのはエシキ。序盤ではラスボス的なキャラかと思いましたが、読み進めるにつれ、非常に親しみを持てました。
勿論サールは大好きです!

神話や願い石の設定はとても面白く、どうなるのかと期待していましたが、どうも不完全燃焼だったような……。
シュトリが今も実存していたと分かった時は本当にワクワクしたのですが、結局ただそこにいるだけな感じで終わってしまったのが非常に残念でした。もっとアレコレと長い年月のお話が聞きたかったです。

身も蓋もない表現をすると、アクション抜きの、映画『インディ・ジョーンズ』のような作品でした。
この作品は小説でよりも映像の方がより真価を発揮出来る気が。
ハリウッドで映画になったら、きっととっても見応えがありそう!!
隠し部屋や願い石が生まれるシーンはとっても綺麗だと思うんですよね。
posted by ミクロン at 01:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

タブロウ・ゲート 22巻&THE ART OF タブロウ・ゲート

画集が届いてからまとめて、と思っていたら、随分経ってしまいました。
まず22巻から。

なんか……パピュが可哀想な巻でした。
記憶の世界って、傍観するだけで過去を改変できる訳ではないので、辛いばっかりだなって。
でもイエイツの過去が判明したのは面白かったです。
創造人の為人も何となく見えてきた……ような気がしました。
現時点での印象は、サツキ+イエイツ÷2、です(笑)

そう、サツキの事なぞすっかり忘れておりました。
だって前巻に引き続き“女帝”が素敵なんですもの!
人形の生物化ってとっても楽しそう!
自作でなければならないようですが、それでも色々と汎用性が高そう。
今後が楽しみな能力でした。

では続いて画集。

今回の画集、Webサイン会という、地方在住者にとって大変有り難い企画がありました。
抽選ではあるのですが、そうそう現地へ行けない身としては、可能性があるだけ嬉しいのです。
実は私、今年は異常に運が良くってですね……信じられない事に……当選しましたッッ!!!
そうして待ちに待って届いた画集には名前まで入っていて二重に驚き&喜び!
凡庸な名前と漢字ではありますが、無駄に画数が多いので申し訳ない気持ちで一杯でしたが、幸せ……(*´Д`*)
TheArtOfTableauGate.jpg
サイン部分のみ。名前は上部に入っておりました。ありがとうございます……(*´艸`*)

肝心の中身はというと。
美しい、と言うより他ないです。
コミックス派ですので、いつも表紙以外はモノクロでしたし、何よりサイズが小さくて(笑)
今回は表紙も扉も大きなサイズで細部までしっかり見られてホント幸せです♪
プリンセスGOLD2010年6月号の表紙がとってもお気に入り。キャンパスアート買ってしまったほど。
初見のものも、22巻に掲載されていたものも、本当にしっかり網羅されていて大満足でした。

しかもカラー原稿のメイキングまで!!
メイキング大好きなんですよね。作家さんごと、それぞれ全く違いますし、思いも寄らない方法や手順だったりして。
思わず机の最奥のリキテを引っ張り出したくなりました!
……多分もう完膚なきまでに乾燥してると思われるので、思い止まりましたが……。
とにかくそれ程ワクワクしながら拝見しました!

あと、プリンセス2018年10月号掲載のextra episodeが収録されてました!
これは非常に嬉しかったです。
雑誌だけでは本当に勿体ないので……!!

とにかく心から満足の一冊でした。
きっと原画はこれ以上に素敵なんだろうなー、と気付いたので、いつか絶対原画展に行くと心に決めました!!
posted by ミクロン at 21:00 | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする