2015年06月21日

L.G.S 〜新説 封神演義〜

今更感が凄まじい気もしますが、ドハマりしました。

事の発端は先々週の週末に寝込んだ際に、『封神演義(フジリュー版)』をまとめ読みしたせいです。
数年ぶりに読み返すと、とても綺麗にまとまってて、改めて引き込まれ……当時の熱が再燃してしまったのでした……(苦笑)
そんなこんなで、いろいろ封神モノを検索していて辿り着いたのがこの作品でした。

いわゆる“乙女ゲー”って初めてです。
もう長らくスクエニか任天堂作品しか触れていないので、そこからしてドキドキでした(笑)
2年前の作品ながら、中古でもあまり値下がりしていないので、人気のある作品だったのでしょうか??

埋もれていたPSPを掘り返してきて、始めたのが先週です。
は、ハマりました……!!
開始前は、軽〜い気持ちだったんですが……う〜ん、どうしてこうなったんでしょう。
ちゃんと封神演義しているのが良いです。
ほんの少しフジリュー版からの影響も散見されて、より親しみを感じたり。

しかしながら、自身の恋愛センスの無さも痛感させられましたね。
とりあえず、よく分からないながらも初回は太公望ルートにしてみようと、ポチポチ進めたのですが……蓋を開ければバッドエンド。
しかも、どのルートにも入れなかったエンド!
いきなり終わって「??」だったので、ネットの攻略サイトで調べました(笑)

元々乙女ゴコロの無さは自覚しておりましたが、まさかここまでだったとは……。
そういえばFF7を初めてプレイした時、エアリスからお花買えなくってビックリしたんですよね。
だって……逃げた方がいいって思ったんだもん……危ないから。
……やっぱりそっち系、向いてないのかもしれません。

ともあれ、それで躍起になったのが原因でしょう。
太公望にドハマりしてます。
その後、猛然とリプレイし、現在ようやく太公望ルートのEDを一つ見ることが出来ました。
攻略サイトを見ながら、というのが悲しいですが(笑)
太公望って、声が梶裕貴さんなんですよね。
お陰でアニメの団長(七つの大罪)とかヒルメス(アルスラーン戦記)を直視できなくなりそうです。
声優さんて凄いなぁ〜。

主人公が楊栴(ようせん)なのが、個人的に最大のネックではありました。
何分、フジリュー版楊戩Love!なもので……(笑)
どうしても違和感が拭えないんです!!
むしろ白鶴とかを主人公にしたら面白かったかも、なんて思ったりもして。
白鶴なら女性でも大丈夫そうですし、名前も違和感ないんじゃないかな、なんて(笑)
でも師匠が南極仙翁になっちゃうからダメか……。

とにかく、現在は零式HDを放置してプレイ中でした。
次は、クールダウンして姫発ルートに挑戦しようかと、思案中です。
……はっ、そういえばエースも梶さんですよね!
ど、どうしよう……!!(笑)
posted by ミクロン at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする