2015年07月21日

L.G.S 〜新説 封神演義〜【蘇妲己ルート】

5.jpgどんどん進めてとうとう妲己ルートクリアしました。
分岐が結構前から始まるので、別ルートへ行くのが面倒でしたが、師匠ルートの後だったせいか、とっても楽しくプレイ出来ました(苦笑)

【ED.10 掌中之珠】
仙人ED。
うーん、なかなか上手くまとめてますねぇ。
封神の書から妲己を外して欲しい、と言われた師叔と元始天尊が何と言うのか(言ったのか)は気に掛るところではありますが。

狐姿の妲己は可愛いですね!
あと、聞仲がガッカリなキャラになっててビックリしました。器が小さい〜!
小麗は可愛いのに、どの選択肢を選んでも助けてあげられなかったのが残念です。
もしくは、せめて日記を渡してあげたかったな、と。

【ED.22 月日変われば気も変わる】
バッドエンドなんですが、これはこれで、ストーリー的には良かったです。
西岐に戻るのは、楊栴はともかく私は嬉しかったので。
やっぱり皆と一緒がいいです。

【ED.09 かごの中の鳥】
妖怪EDですね。
とは言え他のルートと違って、妖怪であるという事云々はほとんど関係の無いストーリーでしたが。
妲己ルートではこのEDが一番好きかもしれません。
ちゃんと任務は果たせましたし、一応対外的に見ると、罰せられて罪を贖う事も出来たわけですし。
ただ、周囲の人達が嫌ですよね。
だって聞仲とか十天君とかがいるんですもの。それもずーっと!(笑)
そういえば、封神の書で、師叔も封神済みのままになっているから、師叔の魂だけはいるって事……なのかな??

いずれ封神台が解放される……って設定は共通なんでしょうか。
そうするとかなり明るい未来になりますね。

しかしこのED、封神の書に楊栴の名前があったって事……なんでしょうか。

【ED.21 井の中の蛙大海を知らず】
これまた救いの無いバッドエンドでした。
先に妖怪EDを見てしまっていたので、今後、封神台の中でずーっと一人でいなきゃならないのか、と思うと切ないですねぇ。

* * * * *

妲己ルートで思ったのは、那汰って滅茶苦茶イイ子!!
可愛いわ〜。
今までずっと端役って印象だったので、感心しちゃいました。

それにしても妲己って憎めないです。
大好きにもなりきれませんが、嫌いにはなれなくて。
折角だから、胡喜媚と王貴人も出て欲しかったです。妲己三兄弟(笑)

残すところは、師叔バッドEDです。
いよいよです……ドキドキ。
そうそう、この妲己ルートの森でのイベントで、師叔の封神の謎が解けるのか!?と期待したのですが、何もなくってガッカリしました(苦笑)
この問題は本当に解決されるんでしょうか……。
フルコンプまであと少しです!
posted by ミクロン at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

L.G.S 〜新説 封神演義〜【玉鼎真人ルート】

1.jpgようやく師匠ルートをクリアです。
いや〜、ついつい一気に進めてしまいました。
では早速!

【ED.02 柳暗花明】
師匠の仙人EDです。
……いやぁ〜、予想外過ぎる展開でした。
師匠……頼りなさ過ぎ&怖い〜!!
もうビックリ続きで……感想どろこじゃ(笑)

えっと、赤精子が格好良かったです!
2代目さんの方。
他のルートだと変キャラで終わってしまいますが、本領発揮ってところでしょうか。
ちゃんとした人だったのね。
実はこの作品中、一番マトモなのかも……とまで思いました。

それにしても、これって……なんだか微妙なエンドなような。
世捨て人状態ですよね……まぁ、当人同士が良いって言うのなら良いのでしょうが……もやもや。

【ED.16 毒をもって毒を制す】
これは【ED.11 能ある鷹は爪を隠す】の、ちゃんとしたパターンですね。
これでちゃんとED.11の意味が分かりました。

【ED.13 画竜点睛を欠く】
怖ぇえよ、師匠!!
もう油断したらすぐ殺されるのか……、と身に染みました(笑)
背後から殺るなんて……卑怯者ー!!

【ED.12 待たれるより待つ身】
なんかうっかり妖怪EDへ入ったのかな?と戸惑ったEDでした。
さすがにここまで来ると、似たようなやり取りの繰り返しにややウンザリ……。
でも、このラストは、これはこれである意味スッキリ解決かな、と思ってしまいました(爆)
もう二度と思い悩んだりしなくていいんですもん。
それに、師匠だけは確実に幸せだと思うのでした。

【ED.01 思えば思わるる】
で、妖怪EDです。
ED.12とED.02を足して2で割ったよーな印象。
案外、師匠ルートではこれが一番良い結末な気がしました。
元始天尊がいなくなったので(笑)
楊栴も人前に出られない感じなので、引きこもり生活も理に適っていますし……(酷)

* * * * *

師匠ルート……何だか疲弊しちゃいました。
とにかく師匠が鬱陶しいんですもの(爆)
これがいわゆるヤンデレなんでしょうか……??

そうそう、太極図がやっと出てきましたね!
共通ルートであんなにしっかり登場したのに、その後なんにも役立っていなかったので気になってはいたのです。
しかし。
はて、赤精子はなんの為に太極図(の模倣品)を借りて来たのか?って事には触れられていなかったような……。
恐らく借りた太極図でもって、太極図本体の状態を知りたかった(そこで、実はすでに修復されているという事を知った)んだろうと思うのですが、そもそも、太上老君はなぜ前科のある赤精子に再び貸したのかな、と。
だって破損させた張本人ですよね。2代目ではありますが。
ちょっとその辺りも知りたかったです。だってあまりに赤精子がイイ人なんですもの!!(笑)

肝心の師匠……。
この方はなんだか幼い印象を受けました。
楊栴との事も、家族愛が大半を占めているって気がします。
楊栴自身もそうなのかも。彼女もあまりドキドキって感じではなかったですし。
この2人はどうも共依存な気がします。
ま、お互いが幸せなら良いのですが。

そういえば、師匠だけEDが多いんですね。
なのにこの暗さ……!!
師匠を好きになれない人には結構しんどいかもしれません。
結構メタメタに書いてしまいまして……ファンの方々には申し訳ないです。

残りは妲己ルートです。
あ、師匠ルートでも封神されませんでしたね、彼。
師匠ルートがこんなだったので(失礼)もう全然予想が出来なくて楽しみです♪

師叔のバッドEDは一番最後にとっておくことにしました。
早く癒されたい!!(笑)
posted by ミクロン at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

L.G.S 〜新説 封神演義〜【姫発ルート】

4.jpg今度は姫発ルートです。
今回も見た順に一気に行きます!

【ED.08 一期一会】
仙人ED。
これぞ王道!って感じのEDでした。
現在のところ、これが一番のハッピーエンドな印象です。
黄帝とは和解しないものの、ジョカのお陰で脅威ではなくなりましたし、かつ、妖怪の力もなくなり、身内は誰も死なず(←天祥がショック過ぎて……)。
さすが姫発、と思わずにはいられないですね。
紂王もキッチリ王としての威厳を取り戻せましたし、妲己までイイ奴ですものね。

共通ルートでは今一つキャラが掴めなかったのですが、なかなかどうして、素敵な人でした!
一番最初に姫発ルートへ行っていたら、案外惚れてしまったかもしれません。
礼装姿、素敵でしたし(笑)

不満はやっぱり、他のキャラが出て来ないところでしょうかねー。
師叔は台詞の中で登場しているし、どうも色々サポートしているっぽいのに……お出ましにならないのがストレスでしたよ(苦笑)
あとは、封神計画のその後とか、美雨嬢のその後とかは多少は気になりましたねー。

【ED.20 捕らぬ狸の皮算用】
これは……バッドエンド、と言うよりも、コメディエンドのような……。
あ、でも本人不在だから、やっぱりバッドなのか。
案外好きです。
コメディ感満載で、むしろその後が非常に気になるEDでもありますね!

【ED.07 愛は惜しみなく与う】
妖怪ED。
これも良かったです!
師叔と天化の妖怪EDに比べると、ハッピー感が段違い!
「秘密ノ巻物」も、皆が出てきて、とっても楽しかったですし!
子ども楊栴のスチルがあれば完璧でした。可愛かったろうなぁ、見たかったなぁ。

【ED.19 うまい話には裏がある】
これ、なかなか好きです。
てっきり姫発が死んじゃうパターンかと思いきや、でした。
何より師叔登場に歓喜!(爆)
切ないながらも救いのあるEDで、切ない系としては王道のような気がします。

* * * * *

さて、こうして見ると、姫発ルートはスタンダードな感じですね。
個別ルートに入った途端、肝心の封神計画はどこかへ行ってしまいましたが、私の中の“乙女ゲー”のイメージ通りのルートでした。
ジョカも今回はとってもイイ人(神)になっていて、内心「コイツ裏があんだろなー」とずっと疑ってプレイしてました。ごめんなさい。

お次はようやく師匠の予定なのですが……師匠ルートだと師叔の登場も増える……といいなぁと願っています。
posted by ミクロン at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

L.G.S 〜新説 封神演義〜【黄天化ルート】

今度は天化ルートに行ってみました!3.jpg
師叔をスルーするのが非常に辛かったです……!!
折角なので、もうルートごとに画像(→)を入れます(苦笑)
師叔の時と違って、タイトルに@と付けなかったのは、なんと天化ルートはフルコンプしてしまったからなのでした!
なので、見た順に書いてしまいまーす!

【ED.06 比翼連理】
……天化……残念過ぎました。
と、言うか、過程が厳し過ぎて素直にハッピーエンドと思えなかったのです。
て、天祥ぉぉぉっ!!(泣)
封神されちゃうシーンでは涙腺が決壊しそうで危なかったです……。
確かに原作では封神されてしまうんですが……いたたまれないですね……。
結局の所、フクギの為に天祥の身体が欲しいから朝歌に雨を降らせていた、という事でいいんでしょうか。
だとすると、そんな回りくどい事をせずとも、もっとてっとり早く手を下せたような……神様なんですし!

でも楊栴的には一番良い形な気もしました。
妖怪ではなくなったし、黄帝とも和解しつつあるしで、理想的な状況ではないかな。

ところで、です。
その後の封神計画はどうなったのでしょう(笑)
紂王は消息を絶った、となっていましたし、妲己の封神もまだでしたよねぇ。
いえ、幸せ一杯な感じだったので、きっと無事に終わったのでしょう。
ちょーっとこの辺りは説明が欲しかったですね。
師叔のその後とか……!!

そしてジョカは良い人(神ですが……)でしたね。
フクギ……何で魂だけになっていたんでしょうか。魄(=肉体)はどうしたんでしょう。
これまた他ルートで解決なのかしら。

【ED.17 言わぬが花】
いやはや……ひっでぇな(爆)
ジョカの手に心臓……って、その時点で死亡してるじゃん!!と、一人PSPを握りしめつつ思ったのでした。
乙女ゲーって、意外とこういった酷い表現もアリなんですね。

【ED.18 身から出たさび】
これは、まだそこそこ……ED.17の後に見たせいでしょうか(苦笑)
それにしても、バッドエンドは本当に人生が終わってしまう感じなんですね。
……師叔のバッドエンド、見るのが今から恐ろしくなってきました……。

【ED.05 屋烏の愛】
これまた……ひっでぇな(爆)
未来に救いの光が一筋も見えないですね。
師匠とか師叔とか、何より黄帝(とシンノウ)は助けてくれないの!?と思わずにはいられません。

そしてフクギが封神されちゃいましたが……あの時点で封神計画は完了したのでしょうか。
だって……神の魂ですもの、当然物凄い力ですよね。シンノウと同等でしょう。
……あれ??
そもそも封神の書にフクギの名前は載っていたんでしょうかね。
この作品は、封神フィールド(by.フジリュー版)があるわけではなく、封神の書に名前の記された人物のみが封神されるようなので(現に、バッドエンドで死亡した楊栴や天化は封神されませんでしたし)……うぅーん、ちょっと気になります。

* * * * *

総じて天化ルートで思うのは、天化は残念過ぎる、という事です。
何せ天祥の一件が悲しい&重くって……!!
那汰の様子も可哀想でしたし……もう少し救いがあればな、と思いました。

余談ですが、この作品は要所要所でセーブデータを残しておけば、いちいち最初からプレイし直さなくって良いのがとっても便利ですね!
周回プレイのゲームでこのシステムは初めてだったので、最初は気づきませんでした(汗)
クロノやLRFF13や零式は、ストーリーは最初からですもんね。
お陰でサクサク進められてとっても快適です♪
お次は姫発ルートです。
posted by ミクロン at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

L.G.S 〜新説 封神演義〜【太公望ルート@】

2.jpgやっとED.03も見られたので、ここらでまとめて感想を。
師叔が好き過ぎて画像(→)も入れてみたりして(爆)

【ED.11 能ある鷹は爪を隠す】
初回プレイの際、あっさりこのバッドエンドでした……(涙)
これはちょっとヒドイと思うのです。
唐突過ぎだし、ストーリーもブツ切りですし、もう心底「???」でした!(笑)
それとも師匠ルートをプレイすると、それなりに納得のEDなのでしょうか。
でもこれを見てしまったせいで、師匠に対する疑惑がむくむくと頭をもたげてしまいました。
何だか怪しい、裏がありそう。
死体の山とかも師匠の仕業っぽいですし、そもそもED名が怪しい!
うーん、今後師匠ルート行かねばなんとも、ですね。

【ED.04 花鳥風月】
上記の初回プレイの失策を教訓に、多少のネタバレなんのその、攻略サイトさんのお世話になって辿り着きました(苦笑)
これでもう完全に、太公望師叔Love!が確定になってしまいました……。

なんだか個別ルート入った途端、怒濤の展開で攻勢かけられてドハマり。
師叔のセリフがドドンと増えて、ますますメロメロ!!
天化との対決シーンも好きです。楊栴が師叔を無視しまくるのが面白くて。
哮天犬に引き摺られるシーンは是非ともスチルが欲しかったですね〜!!(笑)
「またこれか!」には笑いました。

この仙人EDはハッピーエンドのようで、過不足なく終わった印象です。
シンノウのラストは予想通りでしたが。
そもそも最初から楊栴を道連れにしてそうすれば、封神計画も必要なかったんじゃ……、と考えていたもので……(爆)

姜子牙って名前を呼んで欲しいって件には、微笑ましいシーンながらも、すんごい違和感を覚えました。
だって“姜子牙”と言われると、どうしても原作のおじいちゃん版を想像してしまって……(笑)
あと、この辺よくルール(?)が分かっていないのですが、確か“姜”が姓で“子牙”が字、でしたよね。
なので、呼びかける際は“子牙”でもいいんじゃないのかな、と思いました。
名前のルールは色々と細かくあるようですが、原作だと子牙と呼ばれている場面もあったので、そっちの方が良かったかなって。目上とか目下とか、上下関係にもよるんでしょうかね。
フルネームで言われると、もう本当におじいちゃんイメージが強いんですよ……素敵なシーンだったのに〜!(笑)

欲を言えば、他のキャラももう少し登場して欲しかった……位でしょうか。その後の状況とかでも。

【ED.03 世はすべてこともなし】
これも……一応はハッピーエンドなのでしょうか。妖怪ED。
シンノウとの関係で言えば、これが仙人EDよりもハッピーエンドな気もしました。

が、申公豹を殺しちゃってすいません〜!!

まさかの展開でしたね……そういう分岐なんですか。唖然呆然。
もう物凄く罪悪感で一杯になりましたよ……。
師叔ももう少し申公豹に言及してくれても良かったのに……。

対シンノウの師叔がとっても素敵で泣けました〜!!
恰好良過ぎます〜!!
もう心底惚れましたよ(*´ x ` *)

その後の展開の感じを含めて、こちらのEDも好きですねぇ。
若干の不幸感は残りますが、赤精子の部屋で読めるSSがとっても面白かったので、このラストもアリかなぁって。
哮天犬可愛いですし♪
【花鳥風月】と甲乙つけ難いです。

本当にどうでもいい点ですが、このEDでちょっくら疑問だったのですが、12話の終わりで一旦仙人界に戻ってた……のではなかったでしたっけ。
しかし終章でいきなり“西岐の城を抜け出し……”となってて「???」。
師叔が訪ねて来たのって、仙人界の楊栴の部屋だと思ったのですが……【花鳥風月】とごっちゃにしてしまったのかもしれませんが、ちょっぴり混乱してしまいました。

* * * * *

――と、師叔のEDを2つ見たところで、ようやく落ち着いて(?)別のルートに行けそうです。
姫発と天化、どちらにしようかな。

あ、あと、恐らく他のルートで解明される事も多いと思うのですが、現時点でのモヤモヤしてる疑問などを。

一番の疑問は、なぜ黄帝は死んだの?って事なんですが……(笑)
師叔のルートではほとんど全く追及しないので、余計に疑問が募りました。
だって、神が死んだんですよ!しかもキーパーソン。
自然死なのか他殺なのか、とか、その辺は重要じゃないのかな、なんて。

その黄帝つながりで……ちらほらと。
そもそもシンノウって存在は、いつからいたんでしょうね。
どうも黄帝が死ぬ前からいるっぽいのですが、それは黄帝の意思で作られた(?)のか、自然発生なのか、ほぼ同一の存在ならそもそも黄帝自身の死を回避しなかったのは何故なのか……。
そもそも三魂七魄なら、この死んだ黄帝の分の魂魄を封神すりゃ良かったのに、勿体ないなー……とかですね。
その辺りも今後の説明に期待、ですね。

あと、師匠への疑惑はより深まりました(笑)
やっぱり怪しい。
元始天尊様との会話とか、使命がどうのとか。
目が赤いのも怪しい!
シンノウや、黄帝に力を与えられた師叔の左目も赤いんですよねー。
三魂七魄の三個目……??とか一瞬思ったのですが、それだと非常に気持ちの悪い展開になってしまうので、さすがにそれは無いでしょうけれど、裏で何らかの繋がりはありそうですね。
でも師匠ルートって、まだまだ入れないんですよね。
当分、疑惑の眼差しを向けたまま他のルートを進めるしかなさそうです(笑)

根本的な疑問としては、封神計画そのものでしょうか。
封神台の解放=封神台の中に新たな世界、なんですよね??

だったら黄帝(=シンノウ)は結局のところ、封神される以外に楊栴の母親の魂って手に入れられないんじゃないのかな、と。
封神台が解放されても、その中で閉じた別世界になってしまうのなら、結果的には現状と変わらないような。
それとも、新たな世界から呼び戻せたりするって事なんでしょうかねー、神様だし。
うーん。

あ!
あと、師叔はどうやって生き返ったのか、ってのも疑問のままでした。
何で中途半端な封神をされたのか、とか、身体を失ったのにどうやって復活したのか、ですね。
が、しかし。
用語解説で“三魂七魄”を引くと……『三個の魂と七つの体を持つということ。黄帝はその魂と体を分け与え太公望を蘇らせた。』とあるではありませんか!!

ええええ!?
そ、それは気持ちの悪い展開なんじゃ!?(汗)

と思ったのですが、実際どういった事なんでしょうか……これは師叔のバッドエンドを見たりすると分かる……のかなぁ。
この辺り、もう少し説明があるといいな。

等々、細々とした疑問は尽きませんが、とりあえずはフルコンプ目指して頑張ります!!
posted by ミクロン at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする