2020年03月12日

蜜蜂と遠雷

『蜜蜂と遠雷』
著:恩田陸(幻冬舎文庫)

【上巻】
近年その覇者が音楽界の寵児となる芳ヶ江国際ピアノコンクール。自宅に楽器を持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女としてデビューしながら突然の母の死以来、弾けなくなった栄伝亜夜20歳。楽器店勤務のサラリーマン・高島明石28歳。完璧な技術と音楽性の優勝候補マサル19歳。天才たちによる、競争という名の自らとの闘い。その火蓋が切られた。

【下巻】
2次予選での課題曲「春と修羅」。この現代曲をどう弾くかが3次予選に進めるか否かの分かれ道だった。マサルの演奏は素晴らしかった。が、明石は自分の「春と修羅」に自信を持ち、勝算を感じていた……。12人が残る3次(リサイタル形式)、6人しか選ばれない本選(オーケストラとの協奏曲)に勝ち進むのは誰か。そして優勝を手にするのは――。
「BOOK」データベースより

やっと読めました〜。
評判通り、面白かったです。
久々に素直にそう感じた作品でした。

やっぱりこういう作品は抜群に巧いなぁと感じました。
地に足着いた描写は本当に臨場感があってグイグイ引っ張られてしまいます。
本当に音が聴こえる気がするような没入感だったり、会場の独特の緊張感や一体感がひしひしと感じられました。

ストーリーも設定も、真っ直ぐでシンプル。
にも関わらず、ここまで長い作品を飽く事無く一息に読ませてしまうのは、さすがと言う他ありません。
こういう作品があるから、なかなか見切りをつけられないんですよね……(苦笑)

ただ、私は同じ恩田陸作品の『チョコレートコスモス』が大好きでして。
なので、今作はどうしても焼き直しに感じてしまい、それだけが残念でした。
題材こそ違いますが、基本的にそっくりだと思うんです。
あと『のだめカンタービレ』も(似てるとかそういう意味ではありませんが)時々チラついてしまいました(笑)
あのピアノへの情熱というか、音楽への信頼というか、そういうのがとっても素敵だなって。

今作が思っていた以上に面白かったので、まだ積読中の作品にも期待度が上がってしまいました♪
posted by ミクロン at 22:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

失われた地図

『失われた地図』
著:恩田陸(角川文庫)

錦糸町、川崎、上野、大阪、呉、六本木。日本各地の旧軍都に発生すると言われる「裂け目」。かつてそこに生きた人々の記憶が形を成し、現代に蘇る。鮎観の一族は代々、この「裂け目」を封じ、記憶の化身たちと戦う“力”を持っていた。彼女と同族の遼平もまた同じ力を有した存在だった。愛し合い結婚した二人だが、息子を授かったことから運命の歯車は狂い始め―。直木賞作家の真髄を味わえる、魅惑の幻想ファンタジー。
「BOOK」データベースより

結構前に読んだので、曖昧な記憶頼みの感想です(爆)
ちょっと酷い感想ですので、ご注意下さい。

近年は特に当たり外れが大きくなってきたように感じますが、私個人の好みから言うと、外れの作品でした。
『雪月花黙示録』も個人的にかなりの外れだったのですが、今作はこれに非常に近く感じました。
とにかく雰囲気だけで読ませる感じだったと言いますか……。雰囲気はとっても良かったと思います。
一応は完結しているのですが、どうにも打ち切り漫画のような中途半端なまとめ方に感じてしまったり。

これは本当に個々人の好みの問題なのでしょうが、恩田陸はファンタジーやアクションに向いていないと思うのです。
ファンタジーの定義も様々でしょうが、この場合は現実世界で突飛な事象が起こるタイプかな。
非現実的な部分の表現がどうも空回りしていて、独りよがりに感じてしまって……。常野シリーズとかは面白かったんですけれど。
なんとなくイメージは伝わってくるものの、説得力に欠けるので迫力も面白味も感じられないと言いますか。
ただ、イメージだけは伝わってくるので、勿体ない気もしました。
せめてその『裂け目』が広がると何が問題なのかって辺りの、世界観の土台をガッチリ説明してくれていたら、また違ったのかもしれません。

多分、漫画や映画だったら面白かったんじゃないかと思うんです。
それともバランス的な問題なのかな。
ラノベのように軽い調子で書かれると逆に説得力が出るのかも。

何だかとんでもなく酷い感想で心底申し訳ないです……。
積読の『錆びた太陽』と『終わりなき夜に生まれつく』に期待します!
posted by ミクロン at 23:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

白銀の墟 玄の月 第三巻・第四巻

『白銀の墟 玄の月 第三巻・第四巻』
著:小野不由美(新潮文庫)

【第三巻】
新王践祚―角なき麒麟の決断は。李斎は、荒民らが怪我人を匿った里に辿り着く。だが、髪は白く眼は紅い男の命は、既に絶えていた。驍宗の臣であることを誇りとして、自らを支えた矜持は潰えたのか。そして、李斎の許を離れた泰麒は、妖魔によって病んだ傀儡が徘徊する王宮で、王を追い遣った真意を阿選に迫る。もはや慈悲深き生き物とは言い難い「麒麟」の深謀遠慮とは、如何に。
【第四巻】
「助けてやれず、済まない…」男は、幼い麒麟に思いを馳せながら黒い獣を捕らえた。地の底で手にした沙包の鈴が助けになるとは。天の加護がその命を繋いだ歳月、泰麒は数奇な運命を生き、李斎もまた、汚名を着せられ追われた。それでも驍宗の無事を信じたのは、民に安寧が訪れるよう、あの豺虎を玉座から追い落とすため。―戴国の命運は、終焉か開幕か!
「BOOK」データベースより

まだ胸が一杯でとっても雑な感想です(^^;)
もう少し整理出来たら書こうと思っていたのですが……果たしていつになるかサッパリだったので、とりあえずザックリ書いてみました。
いつも以上に読みにくいことこの上ないと思います。
今回もネタバレ全開ですので、ご注意下さいませ。

先の一巻・二巻の鬱屈を全て吹き飛ばすかのように、勢いよく動き出す情勢。
それぞれの人物の内面がようやく見えてきて。

そして何より、涙無しでは読めませんでした。

飛燕は勿論ですが、正頼の元へ向かう件の、泰麒が葛藤の中で広瀬を思い出す所からの一連が、特に。
残して来た広瀬がその後に直面するであろう諸々も、ちゃんと分かっていたんだなって、そしてその事を今も忘れずにいたんだな、と。
それに続く正頼との再会も、嬉しい反面、非常に辛かった。
予想はしていましたが、素直に生きていて良かったとは到底喜べない惨状。
にも関わらず、あの全く変わらない口調が懐かしいやら切ないやら。
その後、阿選に対して偽りの誓約をする場面も辛かった。
屋上から落とされたクラスメイト達に、岩木。そして生死すら分からない沢山の生徒たち。
間抜けな事に、ここにきてようやく、泰麒にとってあの事件はつい最近の出来事だったんだと思い至ったのでした。
個人的にはもう何年も前、実際の経年通りの感覚でいましたから、余計になんとも複雑で辛くて……。

沢山の人物があまりに呆気なく亡くなるあたり、『魔性の子』を思い出しました。
これで最後の犠牲であると信じています。

今回、ようやく驍宗の為人が分かったような。
以前はもっと硬質で威圧感があって、とっつきにくいように感じていましたが、今作では李斎の感じたように、どこか角が取れたような、余計なものがなくなって、生真面目さや誠実さが見えたような。
深淵の中での淡々とした様子に、彼の器の大きさを思い知らされた気分です。
正直なところ、気後れする感じがして、これまであまり好きではなかったのですが、今作で初めて好感が持てました。
と言うか、篁䕃!!!
惜しげもなく砕かれてしまいましたが、まさかここで出てくるとは……。
王の強運は昇山以外でも健在なのですね。

そしてやはり阿選。
やっと、人物像が!
驍宗よりも親しみやすそうな印象。
驍宗に似ているけれども、その僅かな差異が、道を違えさせたのかな。
周囲の人間、特に琅燦の存在も大きのでしょうけれど。

その琅燦はまだまだ謎多き人物ですね。
驍宗、阿選との関係性もあまり分からなかったですし、妖魔を使役できるって言うのもかなり不思議。
いくら黄朱と言えど、そこまで完璧に、それこそ麒麟の使令のように使役が可能であるならば、色々凄く面白くなりそう。
途中から玄管は琅燦なのでは、と言う気もしてきましたが、そうなるとなかなか整合性が……うーん。
この辺りは短編集に期待です!!!

肝心の泰麒……ようやく泰麒の事が好きになれました(爆)
『風の海 迷宮の岸』を読んだ当時は、泰麒と歳が近かったこともあり、若干卑屈にすら感じる性格はあまり好きになれませんでした。
可愛いな、と思うようになったのは、初読からかなり後のこと。
それからすぐに読んだ『魔性の子』での泰麒は、幼い頃からすっかり変わっていた事、内面がほとんど分からない事とで、どこか得体が知れない印象でした。私が幼かったせいもあるんですけれど。
黄昏の岸 暁の天』でようやく身近に感じられそうな印象になり、そうして今作。
やっと、彼が分かってきたと言いますか。
己の手を直に穢す事が出来たのは、胎果の黒麒だからこそ、なのかなと感じました。
胎果だからこその思考と、それを実行可能にする黒麒の力とで。
“絶対”に出来ないとされた叩頭も、黒麒だからこそ出来たのではないかと。普通の麒麟では耐えられないのでは。
甚だしい穢瘁、後々まで残る程、と言うのは、やはりその叩頭も原因なのでしょうかね。
この辺りも是非短編集で……!
蓬山での泰麒の様子も気になりますが、蓬山自体の様子も気になります。
塙果は孵ったのかとか、峯果は生ったかとか。

あ、あと角が癒えたのって、士遜に面会中の、膝をついた時なんでしょうか。
それで王気が分かるようになって、一礼していたのかな、と。

そうそう、鳩(と思われたもの)の正体は次蟾でしたね。き、気持ち悪い……。
恵棟は本当に残念極まりないです。治す方法、本当にないのかな……悲しい。

まだ2回ほどしか通読していないのですが、よく分からなかったのが、彦衛。ちょっと意味ありげな描写がありましたが、空行師に通じていたとか……??
うーん、もう一度、今度は一巻から読み返さねば!

羅睺がとっても可愛い〜!!!!
黒なのは、やはり黒麒に因んで……なのかな。
何にせよとにかく可愛らしい。その後ちゃんと驍宗と再会できたかな。
付いてくるって言っていたので、多分会えたんだと信じています!
あと、とらが無事に主の元に戻れて一安心です。

結構な謎も残りましたが……一応は大団円でホッとしました。
最後に美味しい所を全て持って行った感のある尚隆と六太ですが、彼らは本当に頼り甲斐があって、登場するだけで安心してしまいます。
短編集では、彼らに加え陽子&景麒との再会も期待します!!
posted by ミクロン at 22:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

白銀の墟 玄の月 第一巻・第二巻

『白銀の墟 玄の月 第一巻・第二巻』
著:小野不由美(新潮文庫)

【第一巻】
戴国に麒麟が還る。王は何処へ―乍驍宗が登極から半年で消息を絶ち、泰麒も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎は慶国景王、雁国延王の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。今、故国に戻った麒麟は無垢に願う、「王は、御無事」と。―白雉は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!
【第二巻】
民には、早く希望を見せてやりたい。国の安寧を誰よりも願った驍宗の行方を追う泰麒は、ついに白圭宮へと至る。それは王の座を奪い取った阿選に会うためだった。しかし権力を恣にしたはずの仮王には政を治める気配がない。一方、李斎は、驍宗が襲われたはずの山を目指すも、かつて玉泉として栄えた地は荒廃していた。人々が凍てつく前に、王を捜し、国を救わなければ。―だが。
「BOOK」データベースより

遂に、この日が。
小学生の頃、友人に強く薦められて初めて読んだのが、奇しくも『風の海 迷宮の岸』(WH版)でした。
あれから随分な月日が経ち、いつの間にか泰麒の年齢を追い越してしまいましたが、ようやく彼の物語も完結するのかと思うと非常に感慨深いものがあります。
正直、発売前の数日は期待と不安とで胃がキリキリ痛む程でした。
全国一斉発売という地方民には大変有り難い措置のお陰で、発売日当日に手に入れる事が出来、誘惑に抗えずに読んでしまいました。
まだ、一度しか通して読んでいませんが、ちょこっと感想を。

ちなみに、ネタバレ全開です。
ご注意下さいませ。

正直、言葉が出ません。
やっと、という思いと、まだまだこれからなんだ、という思い。
とにもかくにも戴へ帰還出来た安堵感と、そこから先の、あまりに見えない先行きに対する、もどかしさと。

まず、泰麒サイドの感想を。
黄昏の岸 暁の天』で感じた阿選の不気味さは、今巻ではあまり感じられず。
むしろ、ちゃんと言葉が通じる事の方に驚きました。
まだまだ何も明かされていないので、何とも言えませんが、彼の麾下達の居たたまれなさは気の毒でした。
特に恵棟。人柄は良さそうなだけに、余計気の毒。
が、あまりに大逆への罪の意識が低い事にも驚きました。
『乗月』で桓魋が言っていたような感じなのでしょうかね。
しかし、予王と違い、驍宗はまだ道を外れたりしていなかった訳で。
その辺りが何ともモヤモヤでした。

阿選の影がどことなく薄い分、「魂魄を抜かれた」官吏達が不気味でした。
まずはここの解決からかな、と。
個人的には鳩が怪しいと思っております(爆)

正頼もともかくは生きているようで何より……だと良いのですが。早く再会出来るといいなぁ。
巌趙もね、一応は無事なようなので、やっぱり早く再会して欲しい。
琅燦は意外にもキーパーソンとなっていて、こちらも早く何がどうなっているのか教えて欲しいところ。
阿選の使う(とされている)幻術も、彼女ならどうにか出来ないのかな。

あ、汕子達はやっぱり引き離されたままなんですね。
「清める」と言っていたので、穢れが祓えたら戻してくれるのかな、なんて甘い希望を抱いていたのですが……ダメかなぁ。

お次は李斎サイド。
彼女の並々ならぬ苦労、いつか必ず報われて欲しいと願っています。
が、今巻でもひたすら苦難と悲嘆を味わうばかりで、胸が痛みます……。

今巻で初めて道観や寺院等、宗教的な設定が出てきて面白かったです。
ちょっとだけ複雑で、理解するまで戸惑いましたが、そう言えば、楽俊が寺院は山客が〜って話をしていたな、と思い出したり。
白幟って、かなり怪しいと思ったのですが……李斎達はスルーしてしまったので、あまり重要ではないのかな。
朽桟って好きです。決して清廉潔白ではありませんが、非常に人間味があって。
彼ら土匪達も、いつか報われる日が来て欲しいです。

そして、驍宗。
どうも亡くなったのが彼とは思いにくくて、生きているのでは、と思っています。
今後玉座に戻れるかどうかはともかくとして。
回想シーンで、自分の事を“面白味がない”と評していました。その彼が、歌なぞ歌うかな、と。
そういうタイプには思えなくて。
しかし身体的特徴が一致してるしなぁ。……いやいや、嘘って事もあるよね。
等々悶々と考えております。

最後に全体的な感想。
ちょっと冗長に感じました。
長く浸れるのはとっても楽しく、嬉しかったのですが、同じところをグルグルしているような感じが拭えず。
以前読んだ、似たような説明をさっきも聞いた、というような事を度々感じました。
その辺を差っ引くと、全3冊に収まったかも、と思ったりして。

冬の描写がたまらなく素敵です。
十二国記では、よく冬の情景が出てきますが、冬の冷たさが物凄くリアルです。
特に今回は、発売日が10月(こちらはそろそろ初雪の時期)ですから、もう余計に臨場感が凄くて。
否応なしにあの凍え、内へ内へ籠る季節が来る事を思い知らされる気分でした。
雪国民なので冬はとっても好きなんですけれどね。
次巻はもっと寒々しくなるんでしょうね……早く戴が救われますように。

誘惑に負けて読んでしまいましたが、ちょっぴり後悔しております。
続きに飢えしまって……!!!
確実に続きが出る、と分かっているだけに、その飢えも倍増なのです(笑)
あと約1ヶ月……ひたすら読み返して過ごします!
posted by ミクロン at 16:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

忘却城 鬼帝女の涙

『忘却城 鬼帝女の涙』
著:鈴森琴(創元推理文庫)

死者を蘇らせる術で発展した亀珈王国。名付け師が居を構える霊昇山に、死者の代弁機関、夢無鵡予言院から使者が訪れる。二十四大鬼の一体に不穏な動きがあり、退魔を要請したいというのだ。名乗りをあげたのは百人の御子のひとり、才はあるが病弱な千魘神だった。同行するのは、牢から放たれ、霊昇山に身を寄せる王族殺しの大罪人・曇龍。果たして大鬼退治は成功するのか。
「BOOK」データベースより

早くも続編です。
本屋で見つけた時は目を疑いました。
元々準備してあったのか、速筆なのか。いずれにせよちょっと早過ぎでは……!?
読者としては大変有り難い限りですが。

前作と遜色なく面白かったです!
非常に読み易くなった分、完成度がより高くなったように感じました。

相変わらず私のツボにハマるおどろおどろしさ。
忘却城に、稀に生きている人間の真名の碑が立っている、とか、自発的に亀裂に飛び込むとか。
本当に薄気味悪さがツボ過ぎです。
ニヤニヤしながら読みました(爆)

てっきり主人公は前作に引き続き儒艮かと思いきや、曇龍でした。
曇龍はちょっぴり苦手だったんだよなーと思いつつ読みましたが、ようやく背景が明かされて、内面を理解する事ができ、手のひら返してとても好きになりました。
舞蒐は前作より更に親しみ易い雰囲気に。
魘神はとっても可愛いですね〜!
もう完全に今作のヒロインは彼ですね(笑)
皆幸せになって欲しい、と願わずにはいられないです。
今回は人物が皆活き活きしていて、誰も彼もがとっても素敵でした。
って、百人の御子って、もしかして全員『鬼』の字が入るんですかね!?
魍千と魎千は、パッと見、混同する事がしばしば……(^^;)

そして二十四大鬼討伐。
こうなると、やはり他の大鬼も討伐してみて欲しいです。どんななのかが気になります。そして全部討伐出来たらどうなるのかな。
でも討伐してしまうのも何だか哀れで、ちょっと複雑です。
救済も出来るといいのでしょうけれど……。
酷ですが、金魚小僧にあれこれ聞いてみて欲しい気もします。

夢無鵡予言院の方も気になります。
死者について、もう少し詳しく知りたいところです。
一度は忘却城へ辿り着いたのだから、忘却城がどんな所だったのか、何があるのか、とか。
そもそも忘却城そのものを誰が建てたのか……!
ああでも、忘却城では眠っているらしいから覚えてないのかな〜。
その辺りもいずれ読んでみたいです♪

このままシリーズ化される事を願っています!
posted by ミクロン at 03:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする