2017年05月25日

BRA★BRA FINAL FANTASY2 BRASS de BRAVO 2017

BRA★BRAコンサート5月12日公演へ行ってきました!!
まさかの2年連続公演!
心底有り難いです〜(T_T)
以下、印象強かった曲の感想を簡単に。

『ティナのテーマ』
FF6の中でも大好きな曲の一つです!
最初の繊細なメロディーから後半の力強さまで、原曲のイメージそのままにアレンジされていて、とっても素敵でした〜。
もうこの曲を聴くとあの雪原を歩む魔導アーマーのOPを思い出さずにはいられません。
そして再プレイしたくなる……。

『いつか帰るところ』
こちらも大好きな曲!!!
今回の中で一番凄かったです!!
古楽風のアレンジ、と仰っていましたが、それがもうハマり過ぎていて。
CD『まほろば』収録の2つのアレンジも大好きだったのですが、今回のも素晴らしくて。どこか聖剣2や3を彷彿とするような。
これはCD買おうと思いました。次回の機会があれば買います!!

『反乱軍のテーマ』
FF2で一番好きな曲。
吹奏楽アレンジになると非常に勇壮さが増しますね〜。
ちょっとDQ風にも聴こえますが、そこはかとなく翳りがあるところがやっぱりFFだなって思ったり。

『グルグ火山』
すっごく良かったです!!
ゲーム中ではFF1もFF9もあまり印象に残らなかった曲なのですが、今回聴いてみて、“なんて良い曲なんだ!”と今更気づきました!
どことなくコミカルさもあって。やっぱりCD買うべきだったなぁ……。

『Vamo' alla Flamenco』
FF9ですね。
これはアレンジがどうの、と言うより演出が面白くって。
演奏者の方々がバラの花を挿していて。
それだけでなく、途中から口に咥えて演奏されていて。
曲の雰囲気がしっかり表現されていました(笑)

とにかく今年も素敵でした!
観客参加の楽曲もあり(やっぱり私は今年も吹けず・上がれずでしたが……)、モーグリおじさんも登場したりと、本当に楽しかったです。
しかし平日のせいか空席が非常に目立っており、来年以降の地元での公演があるか、かなり心配です……。
土日ならきっと田舎でも完売する……ハズ!!
懲りずにまた来て頂きたいです〜!!(>o<)/

20170512_BRABRA2017.jpg
グッズを買って貰えるおもちゃの楽器。まさかの去年の色違いでした……(笑)
サンプラーCD欲しさに思わずCDも買ってしまいました。コンサート後だったらBRA★BRAのも買ってたなぁ。

最後にセトリを。
―――――
【第1部】
1.FINAL FANTASY V メインテーマ(FF V)
2.ティナのテーマ(FF VI)
3.Ami(FF VIII)
4.モーグリのテーマ(FF V)
5.FINAL FANTASY メインテーマ
6.いつか帰るところ(FF IX)
7.クレイジーモーターサイクル(FF VII)
8.反乱軍のテーマ(FF II)

【第2部】
9.Force Your Way(FF VIII)
10.グルグ火山(FF IX)
11.親愛なる友へ(FF V)
12.水の巫女エリア(FF III)
13.Vamo'alla Flamenco(FF IX)
14.エアリスのテーマ(FF VII)
15.片翼の天使(FF VII)

【アンコール】
16.ビッグブリッヂの死闘(FF V)
17.マンボ de チョコボ(FF V)
―――――
posted by ミクロン at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

第68回さっぽろ雪まつり

基本的に地元民がスルーする一大イベント、雪まつり。
でも今年は特別に足を運びましたよ〜!!
そう、FF7の雪像っっ!!!

【大雪像】決戦!雪のファイナルファンタジー
Yukimatsuri_FF703.jpg
夜なので画質が粗い粗い……(T_T)

20年前は見に行けなかったので、今回は何度も見に行って来ました♪
3Dマッピングを動画で撮影にも挑んだのですが、どうにも上手く撮れずに断念しました……。YouTube見ます(笑)
内容自体は“FF7超ダイジェスト”みたいな具合。
テンポ早すぎて1度では把握しきれませんでした(汗)
バスターソードのマテリア装備や、黒マテリアの表現が良かったです。格好いい。

ちょこんとオフィシャルショップまで!
Yukimatsuri_FF701.jpg
こうして一般の空間(?)で見ると、ウォールスクロールが欲しくてたまらなくなりました。何とか耐えましたが。クラウドめっちゃカッコイイだもーん!!
アルトニアとかで何度も見ていたんですけどねぇ(^^;)
ACクラウドのプレイアーツ改もありまして、こちらも欲しくてたまらなくなりましたが、グッと我慢。フィギュアはもう買わないもん。
そういえば、7個だけ野村哲也氏のサイン入りがあったそうですが、7個って……!!(涙)
勿論、即日完売でした。←ダメ元で初日の夜に行ってみた(笑)
仕方ないのでサインを激写(笑)
Yukimatsuri_FF702.jpg

最後に20年前、第48回雪まつりの際の画像を。
公式のポストカードです。見に行けなかったので、代わりに買ってもらったのでした。今年も買おっと。
当時はポリゴンクラウドを再現……なのかな。チョコボ可愛い。
Yukimatsuri_FF704.jpg
雪像になったのって、FFシリーズでは7だけなのかな??
今年FF30周年って事なので、来年の雪まつりでも是非30周年のド派手な雪像を作って頂きたいです〜♪

そして無性にFF7プレイしたくなりました。
PS VITA版買おうかな……でもFF15がまだ未開封なのに〜!(>_<;)
タグ:FF7 FF 雪まつり
posted by ミクロン at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

スクエニカフェ 『DQM-J3 プロフェッショナル』コラボ

“DAVID BOWIE is” 遠征のついでに、やっとスクエニカフェへ行けました〜♪
1月の末なので、もしかしたらFF7コラボが来るかも! と一縷の望みを抱いていたのですが、まさかのDQコラボでした(^_^;)
いえ、別に嫌いなワケではないので、良いんです。単にプレイした事がないだけなのです。
そんなこんなではありますが、行ける時に行かなきゃと思いまして、土曜日の真昼間にも関わらず思い切ってお一人様で突撃して参りましたー!!

店内は思っていたよりもやや狭め。
DQトークはうすぼんやりとしか出来ないので相席だったらどうしよう、と思いながらも運良く空きのある回で相席は免れました♪

まずはドリンク。
HP回復したかったので『世界樹のしずく』をチョイス。
SQEN Cafe01.jpg
運良くコースターは気になっていたものでした(*^^*)
可愛いー♪

で、丁度ランチタイムでもあったので、コレ。
SQEN Cafe02.jpg
『マドハンドのキーマカレー』う〜ん、不気味。
見た目とは裏腹に、スパイシーで美味しかったです♪
マドハンドがとってもサクサクで気に入ったので、もう一体生えてても良かったな〜、なんて(笑)

時間的にもお腹的にも2品で終了。
その内“ルイーダの酒場”へも行ってみたくなりました♪

グッズコーナーもありましたが、アルトニアに比べて若干種類は少な目な印象です。
お目当てのグッズが置いていなかったので、急遽アルトニアにも寄って来ました!

SQEN Cafe03.jpg
1,500円以上のお買い上げって事で頂いたクリップ!!
クラウディウルフだー!!
サボテンダーとモーグリは頂いた事があったのですが、これは非常に嬉しかったですねぇ。むしろお金払っても良い位!
神羅版もあるらしいので、いつか頂きたいものです。

で、今回のお目当てがコチラ。(右下はスクエニカフェで頂いたコースターです)
SQEN Cafe04.jpg
とにかくカナヘイ氏の描いたキャラが可愛くて可愛くて……!!
アクリルキーホルダーは全種類欲しい位。
迷いに迷って、とりあえず北海道と埼玉を購入しました(埼玉はお土産として渡したため、写真撮れませんでした……)。
うーん、やっぱりもっと買っておけば良かったかなぁ。
モルボルくんワッペンは買う予定皆無だったんですが、実物を見たらあんまり可愛いので思わず衝動買いしてしまいました。
うぅむ、何に付けようかな……。

久々にオタク街道を驀進した感のある1日でした(笑)
posted by ミクロン at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

FF零式HD 《2周目》五章途中〜七章途中

まさかのほぼ一年ぶりの続き……!!
にも関わらずクリアしていない、と言う目も当てられぬ有様……(-_-;)
途中でPS VITAの聖剣やったりしてたから……もごもご。
とりあえずそろそろFF15やりたいなーって事で(体験版ですらDLしたっきり放置なので……)久しぶりにプレイしてみました!!(爆)

おお、もうリィドは仲間になってる!!
じゃあどこから……??

そうだった……レッサーロプロスを倒す途中だったんだ……99体って……。。。
1日1時間! と決めてうろつき、数日かかってようやく達成。もう嫌。
流れ作業と化してたので、折角“気配が……”って出たのにうっかり撤退してしまって地団駄を踏む事も度々ありました(苦笑)
ひたすら面倒な依頼ですが、トンベリに会えるのは嬉しいんですよねぇ。

100人斬りも覚悟を決めてチャレンジ。
って、“一度に100人連続”じゃなくって、“今までのトータルで100人”なんですね!
勘違いしていたので、50〜60人辺りで達成出来てビックリしました。
でも良かった〜。

あと、いわゆる裏技、通称“朱雀の闇金”にもトライしてみました!
もうギルに不自由はしません!
こんな裏技あったんですねぇ。PSP版の時にも知りたかったです、はい。
ついでに死者出しまくりながら朱雀の闇も撃破!!
でも特に何があるわけでもないのがちょっと切なかったです……大変だったのに……。

そんなこんなで気づけばトロフィーが100%になりました〜!!
依頼とかイベをコンプしなくても良いなんて……優しい!!!

とりあえず零式は一旦ここでお休みして、FF15に突入しようかな、と(爆)
地味に予期せぬネタバレを(ほんの少しですが)喰らいつつあるので、せめて総バレする前に何とか始めたいのです〜(^^;)
そんなわけで、次のプレイ日記は多分FF15です!!
posted by ミクロン at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV

初めにお断りを。
今回はかなりネガティヴで否定的な偏向内容になっておりますので、この作品に対して多少なり好感を抱いている方や、未見の方は不愉快になる事間違いナシ! と思われますので、読まずにそっと閉じて頂くのが宜しいかと存じます。
ごめんなさい。

さてさて。
9月に発売予定のFF15、勿論予約済です!
なのでやっぱり先に観ておいた方がいいかな〜? と単純な理由で観て来ました。
作品内容に関する事前情報はほとんど入れていなかったので(体験版もDLしたまま未プレイなので……)期待値はほぼゼロの状態。

正直に言って、ビックリしました。
あまりの凡庸さに。
グラフィック自体はさすがのクオリティでしたが、仮にも"映画"として全国で一般公開する程のレベルの作品なんだろうか、と……(爆)

とりあえず、まずは良かった所から。
メインテーマがちょっぴり流れて嬉しかったです。プレリュードも入れて欲しかったなぁ。……気づかなかっただけで、どこかに入ってましたかね??
オルトロスは可愛かったです♪
ルーナを捕まえるあたりは、さすがオルちゃん! と思いました(笑)
ベヒーモスも良かったので、もっと見たかったです。

エンドロールの"Secial Thanks"に坂口・植松両氏がクレジットされていてホッとしました。
でもいつもの"ALL FINAL FANTASY FANS"は無かったような……?
単に見落としただけかもしれません。

ほんのりFF13や零式と神話での繋がりが残っているようなのには安心しました。
特に零式かな。ルシス王国は朱雀、ニフルハイム帝国は白虎そのままですよね。
神話については言及はありませんでしたが、本編に期待です。

はい、続いて罵詈雑言コーナーです。ごめんなさい。

とにかくオリジナリティが見当たらないように感じました。
近年量産されているハリウッド映画そっくり。
往年のFFの影を引きずっていると同時に、描写にリアルさを求めてきた結果、中途半端さが浮き彫りになったようなチグハグ感で、心底ガッカリでした。

とにかくどこかで見たようなシーンやら設定やらが多くって。
"光耀の指輪"って何だか"一つの指輪"(『指輪物語』)っぽいし、出てきた歴代の王とかもオキューリア(FF12)っぽい感じ。台詞の内容が。
二フルハイムって、ニブルヘイム(FF7)とそっくりでややこしい!
よく名付けたなぁ……もしや何らかの関係が本編で明らかに、なんて事はないですよね。
帝国が連れてきたシガイはエメラルドウェポン(FF7Int)とシン(FF10)を足して割ったような……あ、これはFFシリーズって事でいいのか。花火シーンも定番化してますね。
でもってそのシガイと石像が戦ってるシーンを背景に、ニックスとグラウカが戦ってるシーン……これはもう戦隊モノのお約束のシーンで思わず失笑してしまいました(爆)
あまりにチープに感じたのですが……海外の方には目新しい見せ方なのでしょうか。
ラスト付近のハイウェイを逃げるシーンも、FF7を彷彿とさせられて。
そもそも、仮にも一国の首都なのに車が一台もいないのにもビックリでした。
調印式で通行止めにしていたとしても、あれほどの緊急事態に誰も利用しようと思わないとは……。
スタッフさんは車とか花火がお好きな方達なんでしょうねぇ。あと黒い服。もうどれもそっくりに見えちゃいます……。
テレポっぽい魔法で移動する技、あれはロー(『ONE PIECE』)っぽいな〜とか。これはたまたまでしょうけれど(笑)

両国の設定も謎でした。
何でニフルハイム帝国は、友好関係にあったルシスと旧テネブラエの婚姻を停戦の条件にしたんだろう、とか。友好国同士だったら姻戚関係になる事で、より帝国への反乱の可能性が高くなりそうなのに。普通だったら自国との姻戚関係を結ぶと思うんですが……これは本編で意味が分かるのかもしれませんね。
あと、ルシス王国って首都インソムニア以外の領地を放棄してどうして"国"として成り立つんだろう??
食糧問題とか経済とか……クリスタルの力で何とかなるのかな(爆)

そしてそんな決断をするような王に、国に、一体どんな未来を期待するんでしょうか。
そんな条件で停戦を受け入れるよりも、さっさと降伏して国民の被害を減らすのが真の為政者なんじゃないかと思ってしまって……。
結局、自国を守るはずの指輪の力で首都をメチャメチャに破壊し、おそらく多くの一般市民も犠牲にしたあげく、それでもなお次代の王を望み、再建を願う心理が寸毫たりとも理解出来ませんでした……。
故郷のためって……侵略者である帝国が憎いのは当然だけれど、長らくそれを退ける事も出来ず、魔法障壁では王都しか守れず、戦火にさらし続けたあげくに放棄、ですからねぇ。
少なくとも私ならこんな王に忠誠心は微塵も湧きませんし、次の王も求めません。税金だって払いたくないです。
キャラそれぞれの信念や主義をもう少しキッチリ描いてくれていれば、まだしも理解出来たのかもしれませんが。

好き勝手に書いてしまって本当に申し訳ないのですが、懲りずにあと少しだけ(爆)

最大の違和感は、リアルさと虚構のバランスです。
映像をリアルにした分、台詞がどうしても吹替に聞こえてしまいました。
声優さんの演技がどうこう、ではなくて、あれほどリアルさを追求しているなら声も役者さんが良かったんじゃないかな、と。やっぱり空気感が違うと思うんです。
なのでどうしても洋画の吹替を観ているようなチグハグ感が拭えなかったんです。
台詞だけアニメ的な表現になってしまっていて、作品の空気と噛み合わなくって中途半端に感じました。
特にアーデン。やっぱりゲームなんだなぁって思いました。基本的にキャラ設定や台詞自体もリアルじゃないんですよね。だからどちら側から見ても違和感が残る。
とは言え実際問題色々と難しいというのは分かりますので、仕方ない事かもしれません。
役者さんでも、ニックスはかなり良かったと思うのですが、ルナフレーナはちょっと……でしたし。
あと、過去のメインキャラと同じ声優さんを起用するのもやめて頂きたかったなぁ。
どうしてもイメージって残っているので、特にカインとレノとレインズは複雑でした……。レインズ大好きだし……。

と、収拾つかなくなって来たのでこの辺で。
総括するなら、映画『ファイナルファンタジー』のが好きです。
一般的には評価がとっても悪いようですが、私は結構好きなんですよねぇ。根底にちゃんとFFらしさがあるから。DVDとサントラは今でも持ってます(笑)
比べてどうも近年はテーマ自体が浅い気がしてしまって。一方的な視点だったり、あまり内省しないキャラであったり。
多分、若かったら楽しめたんじゃないかとは思います。
単にもう私が対象外の年齢になった、という事なんでしょう……。
とにかく色々とごめんなさい。

これだけ言っておきながら『Film Collections Box FINAL FANTASY XV』を予約してしまってるんですよね……後悔先に立たず。今作のパンフも買いましたし……!
長らくFFに貢いで来ましたが、新作に貢ぐのは15で最後になるかもしれません。
本編には期待しています〜!!(涙)
posted by ミクロン at 01:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする