2020年07月07日

FINAL FANTASY XV 総まとめ

一通り関連作品は(スマホアプリ系以外)全てやったのではと思います。
初回プレイからほぼ丸3年。
今更感しかありませんが、やはり総まとめを書かない事には終わった気もしないので、ザックリと。
ほぼネガティブな内容ですので、FF15ファンの方々にはご注意下さいませ。ごめんなさい。

先の『KINGSGLAIVE』で期待値マイナスからのプレイ開始となりましたが、結論から言うと結構楽しんでプレイ出来ました。断続的とはいえ、3年やってますからね……。
いわゆるオープンワールドって初めてだったもので、凄く新鮮で解放感を感じられました。
世界をウロウロするという点においてはなかなか楽しかったです。
クエストもちょっと面倒でしたが割と素直に楽しめました。
『アサシンズ・フェスティバル』は最高でしたし、ヒナチョコボが最高に可愛いかったです(*^-^*)

ただ作品としては、FFシリーズ中ワースト2位かな……と(・・;)
(ちなみにワースト1位はFF13です……ごめんなさい)

以下、本当〜に酷い感想ですのでご注意下さい。すみません。

ではキャラクターとストーリーから。
私はストーリー重視タイプですので、中途半端な内容に心底ガッカリしました。
私の記憶力や理解力が悪いのかもしれませんが、全体的に説明不足が否めないと思います。

ゲームは映画や漫画等と比較した時、長時間プレイする分、キャラへの愛着も大きく、多少ストーリーが拙くてもプレイヤーは勝手に感情移入して盛り上がれる部分が大きいコンテンツだと思っています。
なのに今作は、キャラ一人一人に感情移入出来るだけの機会が無かったのが致命的だった気がします。

ノクト達はもう最初から仲間――それもかなり信頼関係が出来ている間柄なので、既に内輪で完結していて変化に乏しい。
グラディオもイグニスも決められたレールに乗った結果の臣下であり、役割を果たしているだけな印象が非常に強い。
勿論、各人がそれぞれノクトに従うと決めた経緯は色々とあるのでしょうけれど、その辺りの描写が欠落しているため記号的で薄っぺらな関係にしか感じられませんでした。プロンプトも、折角面白いバックグラウンドを持っていたのに、全然活かしきれていなかったのも非常に勿体なかったです。
DLC等で多少の補完はありましたが、それは本編中でやらねば全くの無意味だと思います。
キャラがどうこうと言うよりは、彼らを活かせなかったストーリー・構成が悪かったのでは、と思っています。

ストーリーは、一言で言うと“諦めたFF10”。
リュックとティーダのいなかったFF10と言いますか。
運命に抗わず、素直に従った物語――と言うより、知ろうとしないまま流された結果の物語??
究極召喚と違って(恐らく)恒久的に世界を救う事が出来たのが唯一の救いでしょうか……。
召喚獣達に挨拶しに行くのとかもFF10っぽいな〜って思いました。
何故タイタンやリヴァイアサンは戦闘になったのかは分からなかったのですが……資質を試すためとか??

物語上重要な“真の王”の役目って、全員どこまで知っていたのかも気になるところ。
彼らの言動からだと、単に“世界(=ルシス)を救う”程度の認識で、最後のキャンプのシーンでノクティスより詳細が告げられて初めて理解したのではと思うのですが、どうなんでしょうか。
だからこそ、それしか方法がない、それなら仕方ないってなったのかな……FF10-2で似たセリフがありましたね。

お次はバトル。
もともとエンカウント式は好きではないので、今回の戦闘システムはまずまず良かったです。もう少しカメラワークが何とかなってくれたらもっと快適だったかも。
基本的に私、戦闘って好きではないんです。面倒で(爆)
最近はザコ戦までいちいち対応しなくてはならない事が多くてうんざりで……FF13シリーズとかは本当に面倒でした(^^;)
なので今回はザコ敵であれば何も考えなくても倒せますし、かなり序盤の内から強い武器も手に入ったので、その辺りはとっても良かったです。クアールとかやたらと強いのもいましたが(苦笑)
あ、あと折角のオープンワールドなのに、戦闘エリアが区切られてるのはちょっと勿体なかったです。
どこまでも追っかけられたりしてみたかったです。プログラム的に難しいのかな……。

そして音楽。
正直、FF13以降、ほとんど音楽が印象に残らなくなりました。
楽曲自体はとっても素敵なんです!
サントラだって買いました(*^-^*)
多分、曲数が多くなって、同じ曲を耳にする機会が少なくなったせいなのでは……??
実はFF7Rもほぼ印象に残っていません……。
もう少し曲数減らしてくれたら印象的になるのでは、と思います……多分。
ただ、安易に既存のイメージに頼って“Stand by Me”をテーマ曲にした事だけは心底ガッカリです。
キングの原作も映画版も大好きなだけに尚更……。
下村氏なら、絶対作品にピッタリの曲を作ってくれるのに……。
“NOCTIS”が一番好きです。クリア後のOP画面の曲。
夜明け、夜(ノクト)と月(ルーナ)が去って、陽が昇る。
優しくて明るくて、けれどもどこか物悲しい。タイトルがノクティスなのも本当に素敵。
“Stand by Me”に頼らなくってもこんなに素敵な曲があるのにな〜、と思わずにはいられません。
DLCも含めると“Assassin's Festival”も大好きです♪

案外長文になってしまいましたが最後に……(^^;)
今作に関連して話題になった“FF病”。
私自身もFF信者であり、恐らくしっかり罹患しております。
故にFF13に続き失望は大きく、残念極まりない作品でした。
「残念」と言うより「勿体ない」かも。
音楽も映像も、その美しさはストーリーや世界観を引き立てるためのもの。
今作はどちらも素晴らしかったけれど、肝心の中身がスカスカだったためにその魅力を半減させてしまっていました。
今のところFF16の情報は聞き及んでいませんが、FF7Rがとっても良かったので、ちょっと希望を持っております。

ネガティブな感想ばかりで本当に申し訳ありませんでした……。
posted by ミクロン at 23:00 | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

FINAL FANTASY VII REMAKE

※ネタバレ全開です。配慮は一切ございませんのでご注意下さいませ!

クリアしました〜!
プレイ日記など書く余裕も無く……PC向かう時間は全て費やしましたので(゚Д゚;)
まだまだ受け止めきれなくて混乱した状態ですが、思いつくままに感想を……。

まずはクリア時の記録でも。
FF7R01.jpg
NORMALモードを約41時間でクリア。
クラウドのレベルは40でした。終盤で「けいけんちアップ」が入手できたので助かりました。

FF7R02.jpg
プレイログ(見えますでしょうか??)
割とキッチリ進めていたつもりなのですが……どこで依頼逃したのかな〜??
武器アビリティは神羅ビル内で慌てて覚えました。
まさか習得するシステムだったなんて……もうてっきり武器の固有アビリティだとばっかり(・・;)

トロフィーは55%。
HARDモードクリアは絶対無理な気がしています……。
私の力ではNORMALでギリギリどうにか出来た感じでしたから。うぅ。
14章それぞれの決意イベントって何……??

では……まだまだ整理が追い付いていないのですが、ストーリー&設定について。
記憶の濃淡はあれど、一応原作(無印とInt)、AC(ACC)、DC、CC、小説2作、主な攻略本は一通りクリア&既読です。

まず、今回の“リメイク”の意味について、根本的に思い違いをしていました。
何となくゲームにおける“リメイク”って、過去作を現在の技術や風潮に合わせて、多少の追加や訂正、削除や改変をしつつ作り直す事、と捉えていました。
しかし今回の“リメイク”は、映画等でよくある“リブート”なのではと、EDを見て思いました。

エアリスの言った「運命の分岐点」。
ここで分かたれた運命の一つが、FF7原作なのかな、と。
失われた未来の映像から察するに、エアリスの悲劇も、メテオも、精神世界でのセフィロスとの対決も、500年後のレッドXIIIも失われてしまった(と思われる)。
だからFF7Rの未来には、原作の続きであったAC(ACC)やDCは繋がらない。
つまりここから先は新しい物語になる……のかもしれないですよね。
ただ、過去は変わっていないようですので、その上で新しい未来が描かれていくのかもしれません。
最もあくまで「白紙」でしかないので、今後の展開如何では同じ未来へ繋がるのかもしれませんが……。

あのザックスの件はどういうことなんでしょうか。
生還する可能性もあり得たという示唆だったのか、本当に生還しているのか。
でもクラウドが現在バスターソードを持っているので、生還はちょっと無理があるので、やはり無数の可能性の一つだった……って事かな。
そもそも現在から過去は変えられないですしね……。
ここがちょっと混乱した所です。
単に私の理解度が低いだけなのか、それとも次作で分かってくるのか……気になりますー!!

――と、ここまで初回クリア時にメモしていた覚書なのですが、後日アルティマニアのインタビューを読むと、どうも今後の大筋はそのままのような印象を受けました。
確かに大筋では今作もさほど変わりありませんですし、多少の設定改変はあれど、概ね同じと安心してもいいのかな、と期待する事にしました。

キリが無いので(笑)次はキャラクターについて。
こちらもキリが無いので、メインキャラのみ、簡単に……!

【ビッグス&ウェッジ&ジェシー】
メチャクチャ親近感を覚えました。みんな大好き!
特にジェシー!
序盤のヒロインは断トツで彼女でした。可愛い〜(*^_^*)
なので支柱イベントは涙・涙でした……。
ウェッジは助かってホッとしたのに!!!
神羅ビルでその後どうなったのでしょうか……。メチャクチャ気がかり。猫好きなのに……。
そしてビッグス!
いやはやまさかのED!!
せめても良かった〜(涙)

【バレット】
暑苦しい(笑)
でも憎めない。ムードメーカー的な??
ただ、発言を聞いていて結構辛い時がありました。
言わんとする事はとっても分かるけれど、どうにも……。
このご時世、かなりギリギリな気がしました。
今後どう変化していくのかが楽しみ。

【ティファ】
AC(ACC)の時よりアジア系になった印象。
ACでは綺麗系で、今回は可愛い系。
一体何のゲームやってんだか分からなくなりそうなくらい戸惑いました(笑)
男性向け恋愛SLGのよう。←やったことないので、あくまでイメージです。
とってもいい子で、ちょっと個性が薄くなったような気がしなくもないのですが、とにかく可愛いからいいや(爆)
クラウドについてちょっぴり不審(危惧?)を抱いている風なのは原作通り。
ミディールのイベント、辛いけれど大好きなので、是非再現して頂きたいのですが……どうなるのかなぁ。
今作のティファで再現されたら惚れてしまうなぁ(笑)

【エアリス】
AC(ACC)の時よりやや幼くなったような印象。
でも美人だからいいや(爆)
ただ……エアリス大好きなだけに……どうしてもあざとい感じというか、わざとらしい感じが目に付いてしまうと言うか……。
原作ではもっとサッパリ&あっけらかんとした感じだったので……。
今作から始めた方はウンザリしちゃう人もいるのでは。AC(ACC)では完璧だったのに……勿体ない〜!!!
でも美人だから以下略。
教会から出て屋根の上を歩いていくシーン、大好きです。
原作でも素敵なシーンでしたが、より一層素敵になっていて幸せでした。
そしてエアリス関連は女性向け恋愛SLGな印象でしたね〜。
ティファの時はティファを落とす感じでしたが、エアリスの時はクラウドを落とす、みたいな(笑)
ただ彼女はかなり設定変わった印象を受けました。
もう既に何もかもを知ってる感が……。
後に運命の壁を越えて白紙となったのかもしれませんが、自身の運命を知っていると思われる会話もありましたしね。
列車墓場でのイベントはちょっとよく分からなかったのすが、次作で分かるのかな。

【レッドXIII】
可愛い……。
彼はあまり変わらないのでホッとします。
コスモキャニオンでの変わりっぷりがどうなるのか、今から楽しみで仕方ないです!!!
操作出来ないのが切ないですが、次作からは出来るといいなぁ。

【プレジデント神羅】
原作ではあまり印象に残っていなかったのですが、あまりのイケボにすっかり好感度上がりました。
だってガラクータ(『ひょっこりひょうたん島』)だったんですもの!!
もっとお声を聞きたかった〜!!!!

【ルーファウス神羅】
ちゃんと犬連れているのが微笑ましい。
メチャクチャ強くて大苦戦でしたがイケメンだから仕方ないですね。

【ツォン&レノ&ルード】
タークスはほとんど変わらずホッとします♪
ただ……ルードってもっと無口だったような……??
レノもルードも初戦ではメチャクチャ苦戦しました……。

【セフィロス】
作中一番の美人さん。
AC(ACC)よりちょっぴり人間味があるような。
ただ少しばかり彼に頼り過ぎな気がしなくもなくて。
もう少し出し惜しみして欲しかったです。
序盤は謎めいていた所が怖くて良かったので、ちょっと大盤振る舞いで残念。
あと、正宗ちょっと長くなったような……??(笑)

【クラウド】
カッコイイしカワイイ。
原作から一番上手く再現されている気がします。
クールさとコミカルさがきちんと両立していて、本当に素敵でした。
近年のFFは妙にカッコつけたキャラばかりだったので、そうならなくって本当に良かった!!
時々歳相応な素が出るのも本当に可愛らしかったです。
基本的に優しいんですよね〜。
陥没道路のハイタッチや、コソっとお花に話しかけたりとか。
どれも誠実と言うか優しいと言うか……とにかくとっても微笑ましいです。
にも関わらずちょっと笑えてしまうのは、やっぱり見た目の格好良さとのギャップなのでしょうか……??
手揉み屋イベントも本当に笑わせて頂きました。コントローラーぶん投げそうになったほど(笑)
わきわきも可愛らしいけれど、極上での「はい」が素直過ぎて爆笑でした!
ごぶごぶにビビる所も可笑しかったです。
素が出るイベントはどれも微笑ましくて大好きです。
エアリスの「デート1回」に対しての「え」とか、七番街へ帰ろうとしてエアリスに待ち伏せされていた時の「あ」とか。
列車墓場の時の「オバケは専門外」の時も、思わず声出して笑ってしまいました!

プレイ中、夢中になり過ぎててスクショを取る心の余裕が全然無かったのですが、クラウドだけは2枚だけ取ってました(笑)
FF7R03.jpg
ダーツクリアで喜ぶクラウド。成績は散々だったのですが(笑)

FF7R04.jpg
初回のドレスはサムルートでした。ヒーロー兼ヒロイン。
美しいのがまた笑える……!
個人的にはマムルートのドレスが一番好き(笑)
あとドレスに着替える前のダンスシーン。
後ろを向いて静止した際の背中と腕がメチャクチャ綺麗で惚れました。次は絶対スクショしますー!!

難易度について。
謎の意地でもって初回はNORMALモードでクリアしたのですが、正直キツかったです。
レノ・ルード・ルーファウスはそれぞれ散々手こずりましたし、Chapter 18はアイテム乱用のゴリ押しでどうにか、と言った感じでした。
アクション難しい……。
現在プレイログを埋める為にちょこちょこプレイしているのですが、基本的にEASYモードでやってます(*_*)
もう戦闘面倒で。レベルも50になってしまいましたし、アビリティも覚えちゃったので……。
残る項目は
・エネミーレポート→多分、神羅ビルでパーティーが分かれた時の片方の分かな、と思うのですが……め、面倒だなぁ(爆)
・みやぶる→恐らく同上
・てきのわざ→くさい息。HARDモード無理……。
・スキルアップブック→同上
・HARDモードでクリアした章→同上
ほとんどHARDモードでクリアしないと無理なものばかりが残っております……。辛い……(T-T)

最後に不満点をちょっぴり。
ちょっとダンジョン(?)が冗長で面倒な気が……。とにかく移動が面倒で。
ドレスコンプのために散々通った陥没道路はさすがにウンザリしちゃいましたし。
ちょっとホラー感が薄れたのも惜しいところ。
レーディングの問題なのかもしれませんが、神羅ビルのジェノバの辺りはもう少し不気味さが欲しかったですねぇ。ジェノバの血痕がちょっとチープで残念でした……。
どうでもいいところでは、マテリアが分裂しなくなっていたのはショックでしたね(笑)

つらつら書いてきましたが、まだまだ書き足りなーい!
また追記するかもしれません。スクショも撮りたいですしね。
とにかくとっても楽しくプレイ出来ました♪
原作も久しぶりにやり直したくなりました。CCもおさらいしたいなぁ。
続編、今からとっても楽しみです(*^ω^*)
posted by ミクロン at 19:00 | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO

突然の体験版発表で、なかなか時間が作れず、ようやくプレイ出来ました〜!!!!

思っていたよりず〜っと良かったです!!
何か、もっと無駄にカッコつけまくりな雰囲気を想像していたのですが、ちゃんと原作(FF7)のニュアンスが残っていて物凄くホッとしました。
リアルな世界を描けるようになった分、当時のちょっぴりコミカルな雰囲気(グラフィック由来の面も大きかったと思うのですが)はどうなるのかなって危惧していたのですが、不自然さがほとんど感じられない、とてもいいバランスになっていたと思います。
バレットの可愛らしさがちゃんとあったのが嬉しいですね。原作よりもちょっと喧しいけれど(笑)
ジェシーは可愛らしいし、ウェッジは和むし、ビッグスはカッコイイし。
何よりやっぱりクラウド!
物凄〜く懐かしい!! それくらい違和感がなくて。
原作よりも若干雰囲気が柔らかいような、より親しみやすいような感じになっていて、ますます素敵。

原作の体験版通り、魔晄炉を爆破した所で終わりなのも懐かしかったです。
しかし残り時間20〜30分なのには驚きました。確か当時の体験版は3分だったような??
ビビりなので30分を選んだらバレットに罵倒されました……本編では20分にするぞー!!!

バレット達が魔晄炉を爆破した事実は変わりありませんが、その規模を巨大にした(被害を大きくした)のは神羅だった、って設定になっていたのには驚きました。今後のストーリーもかなりニュアンスが変わってきそうでワクワクです。
でもあの設定は結構好きだったんですよね。今の時代としは不謹慎極まりないですけれど。
終盤でのケット・シーのバレットに対する糾弾で、そう言われるまで、それがどういう事だったのかっていうのを考えてもいなくて、当時の自分には物凄く新鮮でした。
何年後になるのか分かりませんが、あれもしっかり再現して頂きたいなぁ。

概ね期待以上でとっても楽しかったのですが、戦闘が……(ToT)
見栄張ってノーマルモードで挑戦したのですが……ボタンが覚えきれず大変な目に(爆)
そして多分FF15の操作方法が手に残っていて、何度も押し間違えてオロオロしたり。
特にボス戦は苦戦しましたねぇ。ポーション使い切るかと思いましたよ……。
でも戦闘中の会話も面白くって、そこは楽しかったです。
ブレイバー凄くカッコ良かったですし!

何となく不安を抱えてましたが、体験版をプレイした限り本編にも期待できそうな手応え。
いよいよ来月発売(予定)ですので、もっとしっかり戦闘に慣れておこうと思います。
ますます楽しみになってきました!
posted by ミクロン at 01:00 | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

SKYTREER in MIDGAR

ジャズライブの後、一杯になった心とお腹を抱えたまま、この日の締め、スカイツリーのライトアップを見に!
20200208-09FF7-skytree00.jpg
魔晄カラー、とっても綺麗でした(*^_^*)
晴れていて良かった〜。

翌9日。
朝一番でスカイツリーに挑みました!!
20200208-09FF7-skytree01.jpg
もうワクワクしっぱなしです♪

入り口の展示。
20200208-09FF7-skytree02.jpg
ガラガラだったので、自由に撮影出来てラッキーでした。

20200208-09FF7-skytree03.jpg
スカイツリー自体は過去2回程、普通に観光で来ているので、他は全てすっ飛ばして、ひたすらFFに集中(爆)
逆光でした……(+_+)

20200208-09FF7-skytree04.jpg
バスターソード。でっかい。

20200208-09FF7-skytree05.jpg
貸切状態でしたので、思う存分回しちゃいました!!

20200208-09FF7-skytree06.jpg
ミニサボinソラカラポイント。

勿論カフェも利用です!
20200208-09FF7-skytree07.jpg
ドリンクは『エアリス』♪
カフェもほぼ無人でゆったり富士山を見ながら。
黒カレーも食べたかったのですが、昨日のダメージの影響もあり、朝一でカレーは厳しいと判断して断念。セフィロスを感じたかったなぁ(笑)

地上にて。
20200208-09FF7-skytree08.jpg
今回は日中の訪問でしたが、実は夜の方が満喫出来るみたいです。
バスターソード持って撮影とか、ムービー上映とか。
かなり直前まで詳細が出なかった事もあり、早々にチケット購入してしまったので残念極まりないです。
まぁ撮影は恥ずかしくて出来なかったと思いますが……(^^;)
出来る事なら4月までにもう一度行きたいなぁ。

最後に今回のグッズ達。
お目当ての物は全部Get出来ました!
20200208-09FF7-goods01.jpg
@スカイツリーのパンフレット:無料で置いてあるヤツです。
Aエディブルフラワーキャンディ:お土産に。
B刺繍ワッペン〈セブンスヘブン〉:モルボル君ワッペンが可愛くてお気に入りなので、一緒に飾ろうと。
Cクリアファイル:こちらもお土産に。
Dボールペン 神羅カンパニー:スクエニカフェにもスカイツリーショップにも無くて諦めかけましたが、まさかのツリービレッジにありました(笑)
E金平糖:思っていたより小さくて可愛らしかったので、ついつい。他の種類も買えば良かったかな??
F魔晄キャンディ:缶が欲しくって……!
Gスクエニカフェのコースター:クラウドのドリンクでクラウドコースターが来ました。奇跡!!
H記念刻印メダルキーホルダー:カッコ良かったのでついつい……。
Iモーテルキーチェーン:家の鍵に装備しようと思っていましたが、綺麗で勿体なくて思案中……。
Jスカイツリーのコースター:エアリスのドリンクでエアリスコースターが……奇跡!!

FF7漬けの2日間でした。
あんまり楽しかったので、会期後半にもどうにか再訪したいと、お財布と相談中です(^^;)
20200208-09FF7-goods02.jpg
あ、魔晄キャンディ、中身はこんな感じです。ちゃんと壱〜八番魔晄炉まで入っているのが嬉しいですね!
posted by ミクロン at 02:00 | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-

【Billboard Live presents SQUARE ENIX JAZZ -FINAL FANTASY VII-】
2/8の1ststage。

初めての会場でドキドキ。
なんたってオシャレ感が凄い。
野暮ったい田舎者としては本当に敷居が高くって、ミッドタウンをコソコソ歩き、肩身の狭い思いをしつつどうにか迷わず到着。
オタオタしつつもどうにか座席へ。今回は飛行機代やらなんやらで、カジュアル席が限界でした(>_<)
でも思っていたよりもずっと広くて、快適でした。何よりステージがバッチリ。

20200208-09FF7-jazz01.jpg
こっそり撮影。カジュアル席じゃなかったら、とても写真は撮れなかったろうと思いました(^^;)
胃袋が気持ち悪いままだったので、しょっぱいものでどうにか回復(笑)

いやはや、ひたすらカッコイイ一時でした!!
アレンジもカッコイイし、演奏もパフォーマンスもカッコイイ。
ジャズライブ自体は2度目ですが、その表現力の豊かさに圧倒されました。
音が言葉そのもののような印象。喋るような演奏と言うか、ボーカルも歌詞も無いのに歌っているような。
上手く表現出来ないのがもどかしいです!!

セットリスト。
―――――
01.オープニング〜爆破ミッション
02.神羅カンパニー
03.F.F.VIIメインテーマ
04.旅の途中で
05.更に闘う者達
06.ティファのテーマ
07.エアリスのテーマ
08.片翼の天使
09.ファイナルファンタジーメインテーマ
10.ファンファーレ
―――――
8日と9日、1部と2部とでそれぞれセトリが若干違うとの事でしたので、他のセトリも気になります。

ちなみに私はエアリス派なんですが(しつこいようですが、ティファもユフィも大好きです!)両隣の方々が両者共にティファ派と判明して、まさかのアウェー感を味わいました(笑)

20200208-09FF7-jazz02.jpg
終演後、大急ぎで撮影。
posted by ミクロン at 21:00 | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする