2017年02月27日

明治メランコリア 10巻

色々と決着が着いて、いよいよ総まとめ。

個人的にひなさんの過去はちょ〜っと肩透かしでしたが……。
もう少し特殊と言うか、独特の行動原理がありそうな感じがしていたので、割合平凡な思考回路だったんだな〜って。
そこからの行動が彼女特有の突飛なものではありましたが(苦笑)
少しばかり綺麗に収めた過ぎた感がありましたねぇ。
と、ひなさんにあまり好感を持っていなかったので、ちょっぴり辛辣です(爆)

でもってお兄さん。
心があるべきところへ収まった感じで、精神的にも年相応に安定した様でホッとしました。
仮にも“妹”である鈴にあれほど執着したのも、本をただせば“家族”の渇望故からだったと思うので、そこにようやく気付けたんだな〜、と。
当分はしんどいでしょうけれども、良かった良かった♪

えーと、平賀氏はどこ行ったんでしょう??(笑)
新キャラだったのに影が薄いまま……。あまりに不憫な気もしますが、きっと最終巻ではどうにか収まるでしょう。

津軽は……次巻に持越します。
ひなさんとお兄さんのアクが強くって、あまり印象に残らなかったもので……(..;)

次巻はいよいよ最終巻なので、総出演を期待しております!!
posted by ミクロン at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

王家の紋章 62巻ドラマCD付き限定特装版

待望のドラマCD続編に、迷わず購入!
そしてやっと聴けましたー!!
なので、今回はコミックスはスルーしてドラマCDの感想のみです!

今回は最初の婚儀〜アッシリア脱出まで。ボリューム満点で充実の内容でした。
それに伴って新たに登場のキャラ数が凄い(笑)
これでレギュラー陣はほぼ総出演ではないでしょうか??
豪華過ぎる……!!
ではでは、前回同様キャラごとにザックリ感想を。

【キャロル】
前回と変わらずのテンションぶりに、さすがに疲れました……。
可愛いんですけど……ちと鬱陶しい(爆)
原作ではノイローゼっぽくてもさほど気になりませんでしたが、声が付くとリアルな分、しつこく感じてしまったのでした……(苦笑)
もう少し普通の会話シーンがあったらメリハリも付くし、キャロルの良さが出るのになーと思わずにはいられません。
やっぱりアニメ化するしかない!!

【メンフィス】
今回はあまり良いとこナシのエピソードですが、絶叫ぶりが凄い。
前回はかなり知的な印象で戸惑ったのですが、今回はより原作イメージに近くなったように感じました。特に絶叫ぶり(笑)
でもそこがまた恰好良くって……!!
ドラマCDに限って言うと、ちょっとメンフィス派に戻っちゃいそうです。

ただ一つ、非常に個人的な好みですが、惜しかったなぁと思ったのは、アルゴンとの一騎打ちのために地下牢を出るシーン。
アッシリア兵にキャロルの容体を尋ねるあの台詞は、もっとグッと抑えた感じで聴きたかったです。
あのシーン、いつもの直情型のメンフィスと違って、感情を押し殺してギリギリ自制心を保っているような、いつにない悲痛な感じが印象的で好きだったんですよね〜。
以上、個人的な要望でしたー。

【イズミル】
やっぱりちょっと年齢が……(笑)
でもこちらも前回より原作イメージに近くなった印象でした。

今回は迫力と言うか、圧力が凄かったですね〜。有無を言わせぬ雰囲気がしっかり出ていて素晴らしかったです!
そういやこの頃の王子ってまだ冷酷で非情なイメージだったのを思い出しました。
私が王子派に傾いたのはもっと後からでしたし。
キャロルを池に突き落とすシーンなんて、原作で読んだ時は、成程上手い事考えるな〜、程度にしか思いませんでしたが、今回聴くと、うわ最低だなコイツ……と思ったり(笑)
でも格好いいのがまた何とも……!!
やっぱり声が付くと……以下同文(笑)

次回があるなら、もう少し優しくなった後の王子が聴きたいです〜!!
ミノア編の王子がとっても好きなので、その辺りを是非とも!!

【ウナス&ルカ】
2人ともビックリする程イメージ通りでした!!
ウナスはひたすら真面目で誠実そうな感じが、ルカはキャロルにはちょっと弱い感じが非常にお上手で。
この2人ならバビロニア編も是非聴きたいですねぇ。

【カレブ・ハサン】
こちらのコンビもまぁ、驚くほどイメージ通り!!
もっと出てきて頂きたかった!!
やっぱりバビロニア編……以下同文。

【アルゴン王】
イメージしていたよりも上品でしたー!(失礼)
正直、もっと卑俗なイメージだったので……(^_^;)
でもすっごく説得力が出ていて良かったです!!
そうですよね、卑俗なだけの人間じゃ一国の王として人望を得難いですもんねぇ。
非常に魅力的な敵キャラになっていて良かったです。

【その他】
ジミーもブラウン教授もキャロル母も、もう皆イメージ通りで非の打ちどころが無いです。
ライアン兄さんがイメージしていたよりもやや若く感じましたが、よく考えたら原作でもかなり若いんですよね。
現代の面々が多数登場して新鮮でした。こうなったらアフマドも登場して欲しい……!!
あとやっぱりアイシス様!
相変わらずお美しい!!
出番が少ないのだけが不満です。やっぱりバビロニア編……以下同文。

* * * * *

新登場キャラ達が揃いも揃ってイメージ通りで驚きました。幸せ過ぎる〜(*^v^*)
もう豪華過ぎて鼻血出しそう……。
特装版じゃなくって、普通にドラマCDでリリースされてもこのキャストなら即買い間違いナシです。
なのでどうか続編をお願いします〜(>o<)/
勿論アニメ化でも構いませんっ!!(笑)
posted by ミクロン at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

封神しない演義 2巻&3巻

3巻出てる、と思って購入したら、2巻を買っていませんでした(^^;)
なので2冊まとめて。

太乙真人登場ですね!
もうどの作品を読んでも哪吒とセットで登場ですね。そしてやや過保護っぽい感じなのも定番(笑)
あと、天化と蘇全忠と妲己!
天化は作品によって個性がバラバラで面白いですね。
『L.G.S』ではそりゃもう憐れな設定でしたし、それぞれ作り手の自由にしやすいキャラなのかも??
こちらの作品では飛虎っぽい感じのキャラで、どうとでも動かしやすそうで、今後長く登場しそうな雰囲気。

そして蘇全忠と妲己。
蘇全忠が表だって出てくるのは結構珍しい気が。
よく考えたら妲己の家族なんですよね〜。……兄だったか弟だったか忘れてしまいましたが……(汗)
どうやら妲己=蘇全忠のようですが……双子なのかな〜??
妲己(と名乗っている方)は、さきの事情をかなり正確に理解している風でしたが、さきの母親と面識があるのかな、と予想してみたり。前回の封神計画(二代目太公望の時)にさきの母親が封神の世界に来ている、というのが今のところの私の予想なので……。
いやでもそうしたら妲己の年齢が合わないですねぇ(笑)

って、楊戩はまだですかー!!?
まさか妲己が楊戩の変化でした……なーんて事はないですよね!?
ちょっとフジリュー版が焼き付いてしまっていて、ついつい邪推を(笑)
次巻で明かされるのを待ってます!!

この作品に限らず、やっぱフジリュー版の影響って凄いなぁ、と思いました。
すんごい今更ですが。
そもそも“太公望”の呼称だってフジリュー版の影響だと思うんです。
原作では基本的に“姜子牙”と呼ばれていますが、既に『封神演義』と言えば主人公は“太公望”で浸透しているんじゃないかなぁ。
あと、優秀設定もフジリュー以降かなって。
歴史では、六韜三略とかで(本人の書ではないそうですが)天才軍師な感じですが、『封神演義』内では大して……ねぇ。崑崙から体よく追い出されるし、何回か死ぬし、老人だし(爆)
若くて優秀で十二仙とも対等(っぽい)イメージを打ち出したのは斬新だったな〜、と本当に今更思いました。

う〜ん、やっぱりどうしてもフジリュー版と比較しちゃうなぁ。
でも、それだけ楽しみにしてるって事でご勘弁をば。
このままどんどん独自展開を繰り広げて頂きたいです!!
posted by ミクロン at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

明治メランコリア 9巻

収束に向かいつつある9巻目。

今更ですが、ひなさんの病気って何なのでしょう。
結核ではなさそうだけど、死期が近い割に随分と元気だなって思いまして。何てバイタリティーがあるんだ、と。旅まで出来ちゃうし。どこかで出て来たのに忘れてるのかなぁ。ちょっと次巻発売までに読み返してみます!!

ここに来てようやく(?)津軽が頑張り中!!
ようやく鈴ちゃんと対等になった感じで、とっても微笑ましくて恰好良かったです!!
若干、と言うか、かなり鈴ちゃん有利な現状ですが(笑)

それに反比例するかの様に、またもやお兄さんが内向きになってしまうのが好対照に感じました。
またか、と思いましたが(汗)
でもようやく視野が広くなって、鈴への執着から解放されそうな感じになりつつある……ような気がしました。
そうなるといいなぁ。
そして手瑠璃じゃダメかな〜。可愛いのにな〜。

そして、すっかり忘れていたのですが平賀氏はどうなるんでしょう……。
平賀氏は婿ではなくて、純粋に秋山氏の養子になって後継者になれたらハッピーエンド……かなぁなんて思ってますが……(爆)

あとがきによると、11巻で完結との事。
どう収束していくのか楽しみです!!
posted by ミクロン at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

銀河英雄伝説 4巻

ビュコック中将のお出まし巻。
ブッ飛んだキャラデザじゃなくって良かった〜!
代わりにフレーゲル男爵がメレブ(ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ)に見えて仕方ないけどッッ……!!(笑)

やはり漫画だと、位置関係や戦闘の様子が目で把握出来るので理解し易いですね。
自分のイメージと違う事も勿論ありますが、こうだったのか〜、と思う事も多くて楽しいです。

猫元帥がムチャクチャ可愛くなっていていて堪らんです。
スポッと自らリュックに入るとか……堪らん!!
ユリアンもまだまだ子供らしくて可愛らしいですし。

そして……ホーランド中将って……ごめんなさい……全く覚えておりませなんだ(>_<;)
……いたっけ??
って位失念しております。本編じゃなくって外伝でしたっけ……うーん??
やっぱ読み直さなきゃダメかも……。
posted by ミクロン at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする