2018年01月16日

ちはやふる 36巻

準決勝の決着は次巻に持越しでした。
なかなか先へ進まない印象ですが、戦闘モノの作品を思えば、ちゃんと個別のストーリーが盛り込まれているので、特にイライラしたりはせずに済むのが嬉しいです(笑)

やはり千早と太一の決勝進出になりそうな気配。
って、そうでした、田丸さんも残ってたんだっけ(爆)
登場時はアレでしたが、なんだかんだ彼女も可愛く感じるようになりました。
決勝で千早と当たってみて欲しいなぁ。

そういえば、西日本のクイーン戦代表は逢坂さんに決まったのかな??
次巻から(と思われる)決勝戦も……2〜3巻は続きそうですねぇ。
posted by ミクロン at 22:00 | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

タブロウ・ゲート 20巻

アレイ巻ではなく怪盗J巻でした(笑)
ごめんなさい、すっかり彼らの事を忘れておりました。
相変わらず可愛いコンビで癒される……。そしてカッコイイ。
作中で一番まともな(?)キャラって彼らな気がしています。
“運命の輪”の方も円満に解決できたし、サツキ達と合流するのが楽しみです♪

アレイの出番も多くはあったのですが……こちらはまだまだ本来の彼ではなくって淋しい……。
でも回想等で久々にレ版アレイが見られたのが嬉しかったです。
シリアス展開が続いているので、レ版アレイでちょっと和みました。

実はタブロウの付録目当てで、プリンセス11月号を買ってしまったので、20巻の続きを1話読んでしまったのですが、ようやくイギリス編(?)も佳境……な気配。
正直イエイツよりも、イレイズの方との決着の方が気になります。
やっぱり月刊誌はもどかしい……(笑)
posted by ミクロン at 04:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

七つの大罪 28巻

今巻はとっても面白かったです!!
これなら限定版買っても良かったかも、なんて。

エリザベスちゃんが素敵になっててホッとしました。
しかし記憶を取り戻し、完全に覚醒したという事は、あと3日の命って事ですよね。
となると作品完結もそう遠くはないと言う事かな。
でも呪いを解いたからといって、即座に2人とも死ぬとは限らないのでは??
今生が最後の人生になるけれど、残りの寿命は全うできるのでは、と。
そうは問屋が卸さないですかね。

それにしてもホークちゃんが可愛くて可愛くて……!!
メリオダスの話を聞きながら涙に暮れている姿が、もう(T_T)

しつこいメラスキュラとも片が付いてせいせいしました(笑)
エレインはどうなるんだろう……。
メラスキュラは死んではいないから、そのまま生きられるのかな……??
でもメラスキュラの魔力は消滅してしまったし……う〜ん。

団長VSエスカノールの尊大合戦は笑いました。
ゴウセルはすっかり安定したようで何より。
マーリンとエリザベスの過去の関係性も非常に気になります。

次巻は久しぶりにアーサーが再登場ぽいのが楽しみです♪
posted by ミクロン at 18:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

文豪ストレイドッグス 13巻

新刊が出ていて慌てて購入しました(>_<)

もっと夏目漱石が見たかったです(笑)
でも諭吉社長が回復されて何よりでした♪

ちょっと意外な敦&芥川コンビは面白かったですね〜。
共闘するのはもっと先、和解してからかなと思っていたので、おおってなりました。
芥川もほんの少しだけ丸くなってきた感があって今後が楽しみです。
次巻で和解……なるかな??

今巻で登場のアレクサンドル・プーシキン氏は……存じ上げませんでしたー(゚_゚;)
死の家の鼠はロシア作家でまとめているんでしょうか。
イワン・ゴンチャロフ氏も存じ上げませんでしたが、ロシアの作家との事ですし。←調べました(汗)
トルストイとツルゲーネフは出ないのかな……??
ロシアと言えばドストエフスキーとこの2人しか浮かばないのです〜(汗)

あと、やっぱり乱歩とポオのコンビが好きです!
もっと推理対決が見たいです。
ポオは相変わらず可愛らしい。あ、カールも!
そろそろ探偵社に入っても良い頃だと思うんですけれど(笑)

国木田が登場しないと思ったら、牢にいたとは。
すっかり忘れてましたが色々とありましたものね。

ストーリーが錯綜してきましたが、もう少しそれぞれのエピソードをじっくり読みたいような、早く本筋を進めて欲しいような、ちょっと複雑な気分です。
posted by ミクロン at 22:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

ちはやふる 35巻

これまでの総括ってくらいキャラがわんさと出て豪華でした。
かなり詰め込み過ぎ感がありましたが、さすがに対戦諸々をすっ飛ばすわけにもいかなかったのでしょう。

若干太一メインな雰囲気でしたが、いよいよ彼の“青春を全部懸けた”結果が出るのかな、と思ったり。
才能を超える為の努力の方向性を見つけたのは良いのですが、結局のところ才能=新、もしくは周防さんに勝たない限りは、太一の抱えてる鬱屈は晴れないのでは……とも思いました。
さて、どうなるのかな。

でも今巻は菫ちゃんが素敵でした!
登場時は好きになれないキャラでしたが、意外にも素直に成長していく姿が可愛らしくて好感度がメキメキ上昇。非常に少女漫画らしいキャラだなぁと思います。
何だかんだで子供想いで優しい太一のお母さんも好きです(笑)
posted by ミクロン at 22:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする