2020年12月29日

むすびつき

『むすびつき』
著:畠中恵(新潮文庫)

若だんなは、前世でどんな人だった?若に会いたい、とつぶやく玉の付喪神。見覚えがあるという貧乏神の金次は、合戦の時代に出会った“若長”のことを語り始める。鈴彦姫は、縁のある神社の宮司が、一太郎に生まれ変わったのでは、と推理する。さらに、三百年前に前世の若だんなに惚れていたという麗しい鬼女まで現れ―。輪廻転生をめぐる全5話を収録、人と妖との絆が胸に沁みる第17弾。
「BOOK」データベースより

もうそろそろ見切ろうかな、と思ってはいるものの、ついつい文庫新刊が出ると買ってしまいます。
いっそのこと電子書籍に切り替えようかな、と思ってはいるものの、なかなかその踏ん切りもつかず。
読めば面白いですし、何より“年末年始にのんびり読む本”と化しているので……(笑)

そう、読むと面白いんですよね。
今回は『こわいものなし』がとても好みでした。
夕助の輪廻転生が可笑しいような、哀れなような、何とも複雑で。

ただ、今作はちょっとまとめきれていない印象です。
焦点が曖昧なのか、要素を詰め込み過ぎなのか。
特に『くわれる』は酷く散漫に感じました。
もみじ・青刃のエピソードと栄吉のエピソードは一緒にしなくとも良かったのでは……。
結果どちらも焦点が定まらず、浅くなってしまっているように思いました。
どちらもそれぞれで十分面白くなりそうだったので、非常に勿体ないかな、と。

シリーズとしては……進みも戻りもせず、といった感じでしょうか。
そろそろ着地点が気になるところです。
posted by ミクロン at 02:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする