2020年12月23日

文豪ストレイドッグス 20巻

な、何か怒涛の展開だったんですけど……!!!
えー、芥川どうなるの!?
と、考える隙を与えられぬまま次の展開へ……。

ブラム・ストーカー氏はちょっと笑ってしまいました。
そうですよね、吸血鬼以外に作品もイメージも思いつかないですもん。

それにしてももう……最終的にはリセットしないと収集つかないのでは……??
より強力な時空系の能力者が登場すれば……どうでしょうかね。
何かあったかな、そういう作品。
SF系の作家でよければ目白押しなんですが……アリなのかな。
ヴェルヌやウェルズ、ハインラインとかも良さそう!

それにしてももう20巻なんですね……!
そろそろドイルが登場しても良いのでは……??
posted by ミクロン at 23:00 | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする