2020年10月25日

イノセント・デイズ

『イノセント・デイズ』
著:早見和真(新潮文庫)

田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人、刑務官ら彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がる世論の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士たちが再審を求めて奔走するが、彼女は……筆舌に尽くせぬ孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。日本推理作家協会賞受賞。
「BOOK」データベースより

初めての作家さんの作品です。
店頭でポップに惹かれて購入しました。

読み手によって大きく感想が分かれる作品のように感じます。
一息に飽くことなく読めましたが、残念ながら感情移入は出来ませんでした。
面白かったんですけれど、あまり印象には残らないと言いますか。
恐らく、登場人物の誰か一人にでも感情移入出来たなら、もう少し違った印象を受ける作品なのだと思います。

登場人物一人一人のエピソードが濃いのは良いのですが、どのエピソードもステレオタイプの不幸話に感じてしまって……。
これでもか、と典型的な不幸をてんこ盛りにしなくとも、どれか一つで良いので、説得力のある強いエピソードが欲しかったな、と思います。
安易な不幸設定を盛り過ぎたために、作者の表現したかった事も、熱も、すべてがぼんやりと薄まってしまった印象を受けました。
ちょっと惜しい作品でした。
posted by ミクロン at 02:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする