2020年09月30日

ワトソン・ザ・リッパー〜さる名探偵助手の誰にも話せない過去〜

『ワトソン・ザ・リッパー〜さる名探偵助手の誰にも話せない過去〜』
著:SOW(LINE文庫エッジ)

十九世紀、「世界の半分を所有した」大英帝国の首都・ロンドン。カトリックの若き神父、ジェイムス・H・オーランドは、ロンドンを賑わす殺人鬼『切り裂きジャック』に狙われる少女・マーガレットの警護にあたる。簡単な任務と思われたが、突如現れた異能の悪魔、そして謎の機械・蒸気甲冑までもがオーランドに襲いかかり、事態は予測不可能な展開へ……?霧と蒸気、悪魔と探偵が闊歩する街ロンドンを舞台に、新たな物語が今、幕を開ける!
「BOOK」データベースより

タイトルから、ワトソンが切り裂きジャック、又はワトソンが切り裂きジャックと対決する感じなのかなと、ろくろく紹介文を読みもせず購入。
結果、(あくまで個人的に合わなかったという意味で)ハズレを引いてしまいました……。
私の苦手なタイプの“ザ・ライトノベル”な作品でした。
大変申し訳ありませんが、かなり酷い感想になってしまったので、この作品や作者様がお好きな方はどうぞご注意下さいませ……。

ホームズシリーズが好きで、パロディやパスティーシュもぽつぽつ読んできましたが、今作はかなり中途半端な内容でした。
いかにもラノベな全能感あふれる悪魔のお陰でミステリとしては成り立たず、かといってファンタジーやスチームパンクに分類するには説得力が乏しく。
そもそもホームズに絡める必要があったのかな、との印象も拭えません。
テンポは良いですが、その分メリハリがなく平坦でした。
ストーリー以外の部分で気になってしまう設定が非常に多く、世界観の甘さが目に付きました。

どうしても気になったのは、イギリスの国教がプロテスタントという設定。
ヴィクトリア朝の頃も国教はイングランド国教会だったと思うのですが……。
あえてそう設定していたのか、単なる誤用なのかが分からず、結構ストーリーにも関わって来る設定だったので終始モヤモヤでした……。
非常に大雑把に括ればプロテスタントに分類されるのかもしれませんけれど、元々の経緯を考えるとあまり一括りにしないような。
学校の世界史でもイングランド国教会と習った記憶がありますが……かなり昔の事なので、今ではまた違っているのでしょうか。

もう一つ気になったのは、人名です。
アンリ・モモ。
欧州圏で「アンリ」が女性名である事はまず有り得ないのではないかと……。
特にイギリスだったら「アンリ」の読みは「ヘンリー」になってしまうはずです。
ファミリーネームなら女性でもいらっしゃるのでしょうけれど。日本では何故か「アンリ」は女性名なので、混同されたのかな。
実は男だった、ってパターンなのかと思って読んでいたのですが、普通に女性でした……。
あと、アニー・マーガレットも。
ファーストネームで「マーガレット」はポピュラーですが、ファミリーネームでは……。

作品の内容とはあまり関係ありませんが、言葉の使い方もちょっと引っかかるものが多かったです。
特に「お昼間」。
これは初めて目にした表現で、咄嗟に読み方が分かりませんでした(^^;)
ネットで検索してみると、どうやら関西方面の方言なんですね。口語でも使用されているとの事で、今回初めて知りました。

ひたすら重箱の隅をつつくような感想で、心底申し訳ありません……。
posted by ミクロン at 23:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする