2020年09月14日

土曜日は灰色の馬

『土曜日は灰色の馬』
著:恩田陸(ちくま文庫)

恩田陸が眺める世界。小説、漫画、映画に音楽、舞台まで…少女時代からありとあらゆるエンターテインメントを堪能し、物語を愛し続ける作家の眼にはどんな世界が映っているのか?その耳では、どんな響きを感じているのか?どんな言葉で語るのか?軽やかな筆致で想像力の海原を縦横無尽に楽しみ尽くす、とびきり贅沢なエッセイ集。
「BOOK」データベースより

もうメチャクチャ面白かったです(*^-^*)
最初、病院の待ち時間に読み始めたのですが、あまりに面白いので大事に少しずつ読みました。
ブラッドベリの『塵よりよみがえり』も、これに解説が載っていたから存在を知ることができました。

もう出てくる作品全てがとても魅力的に思えてしまって、読みたい本リストが一気に膨れ上がりました。
特に惹かれたのはジャック・フィニイ。
多分、何かのアンソロに収録されていた『台詞指導』しか読んでいないので、もうメチャクチャ読みたくなりました。
が、早速調べたところ、ほとんどが絶版なのには愕然……。こんなにも有名な作家なのに……!!
是非とも再版して頂きたいものです……(T-T)

あと三島由紀夫。
読まず嫌い(!)の作家の一人で、教科書に載ってた作品以外は読んだ事がありませんでした。
でも『春の雪』はとっても読んでみたくなりました!
こちらは現在に至るまで出版されているので非常に入手容易で有難い限り。

些末な事ですけれど、“「マイ・フェイバリット・シングス」は映画『メリー・ポピンズ』の中の一曲”、と書かれていましたが、正しくは『サウンド・オブ・ミュージック』なのではと……。『EPITAPH東京』では正しく書かれていたので、どうしたのかな(^^;)

小説に限らず漫画も映画も音楽も、どれもとっても面白く魅力的に書かれていて、視野の広さと懐の深さが凄いですし羨ましい限り。そして何よりも、それぞれの作品に対する愛が端々に感じらました。それにつられて私もムクムクと読書欲が湧いてきたので、まずは三島由紀夫から読んでみようと思っています♪
posted by ミクロン at 21:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする