2020年08月30日

塵よりよみがえり

『塵よりよみがえり』
著:レイ・ブラッドベリ/訳:中村融(河出文庫)

小高い丘に建つ一軒の屋敷。住む者は、ミイラのおばあちゃん、心を自由に飛ばす魔女セシー、鏡に映らない夫婦、たったひとりの人間の子ティモシー。いまここで、魔力をもつ一族の集会がはじまる。そして、何かが変わる日もまた近い……ファンタジーの巨匠が五十五年の歳月をかけて完成させた、とても特別な物語。
「BOOK」データベースより

新刊ではないのですが、恩田陸の『土曜日は灰色の馬』(まだ読みかけです……)で存在を知って、購入。
それまで『集会』と『アンクル・エナー』しか読んだことがありませんでしたし、この二作以外の存在を知らなかったので、一冊になるほどのシリーズだったと知って驚きました。

とっても美しい作品でした!
薄暗く埃っぽい雰囲気に、何となく息をひそめて読みました(笑)

ユーモアに満ちていて、どの作品もそれだけでしっかり独立していて読み応えもたっぷり。
最後もとっても素敵でした。
非常に現実的で合理的だけれど、ちょっと可笑しくて、物凄く優しい。
夢から覚めても、まだ続いているような。
読んでる最中も読み終えた後も、うっとりしてしまいました。

萩尾望都の描いた『集会』のイメージがとても好きなので、シリーズまとめて漫画化して頂きたいなぁ、なんて思ったり。
これを機にブラッドベリをもっと読んでみようかなと思いました。
posted by ミクロン at 08:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする