2020年06月29日

炎龍の宝玉

『炎龍の宝玉』
著:鈴森琴(創元推理文庫)

死者を蘇らせる術で発展した亀珈王国。儒艮が塾 を開くために買ったのは札付きの幽霊屋敷で、引っ越し早々怪奇現象が起きていた。そんな折、瀕死の炎龍が飛来し、王都は大混乱に。王国にとって炎龍は至高の存在。急邀、龍語を解する界人の儒艮が通訳に指名される。彼は大切な家族となった金魚小僧のため、ある目的を胸に、引き受けるが…。“忘却城”シリーズ第三巻。
「BOOK」データベースより

早くも第3巻。
今回は前2作よりも不気味さはやや控えめで、幕間なお話のような感じもしました。
儒艮と金魚小僧のその後が描かれていて嬉しかったです。

比和院は最高ですね!
是非とも幽冥塾に通いたいです!
何よりご飯が勝手に用意されているって……素晴らしいじゃないですか!!!
もう住みたいです。大熊猫もいますし(笑)
しかしそんなほのぼの(?)な日常でも、その後ろには真っ暗闇が常に控えており、その落差がなんとも素敵でした。

ついに忘却城の一端が垣間見えましたが……最高でした!
得体の知れない不気味さ。
もっと暗くおどろおどろしい地かと思っていましたが、意外にも明るく美しい佇まいで、余計に不気味さが際立ちました。
もっともっとあちこち探索して欲しかったと思わずにはいられません(笑)
しかし彼の城にいた飛雪殿下は本当に不憫です。
せめていつか、舞蒐のためにも、彼の本当の名前が判ることを願っています。

嬉嬉狐(静水の間諜の方)も風嵐影も紫雲英もとっても魅力的でした。
ヘウラ氏も元気そうで何より。
雪晶と嬉嬉狐の姫は不気味というより悲しかったです。
もう少し永らえていたら、金魚小僧と再会出来たのに……とか。

次作は金魚小僧が育児をしつつ緑鉄洞を目指すのかな。それとも王図の頭探し??
金魚小僧の成長譚も面白そうですし勿論読みたいですが、やっぱり不気味系になる事を期待しています(笑)
二十四大鬼とか、夢無鵡予言院とか、まだまだ気になるものがいっぱいです!
posted by ミクロン at 01:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする