2020年04月18日

錆びた太陽

『錆びた太陽』
著:恩田陸(朝日文庫)

立入制限区域をパトロールするロボット「ウルトラエイト」の居住区に、国税庁から派遣されたという謎の女・財護徳子が現れる。だが彼らには、人間の訪問が知らされていなかった。戸惑いながらも、人間である徳子の命令に従うことにするのだが……。
「BOOK」データベースより

うーん、面白かったです。
『消滅 VANISHING POINT』にとてもよく似た雰囲気。
ストーリーや設定が面白い、と言うよりは、雰囲気と会話が抜群に面白い感じ。
様々なジャンルの要素が混ざり合っていて、まさに恩田作品と言ったところ。

小ネタも随所に沢山仕込まれているようです。
残念ながら私は、ロボット達の名前が某ドラマ由来だということさえ分かりませんでしたので(ネット上の感想を拝見して知りました……)きっと半分も気づかなったのではと思われます……。
posted by ミクロン at 02:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする