2020年01月21日

FINAL FANTASY XV エピソードアーデン

FINAL FANTASY XV_EP-ARDYN.jpg
やっと……やっっっとプレイしました!!
半年ぶりに起動したPS4は、コントローラーが白点滅してしまって大変でしたが、それもどうにか乗り越えて!

実はFF15で一番好きなのがアーデンでした。
なのでちょっぴり期待していましたが……面白かったです〜(*^o^*)
やっぱり良いキャラですね、アーデン。彼が本編主人公でも面白くなったかも。
ようやく彼の背景が明かされて、行動原理が理解出来た、と思います。
要するに、ノクトと対になっていた存在だったって事ですよね。
言うなれば影の王??
世界を救うために必要な使命を与えられていて、キッチリ果たした訳ですから、偽りの王って言うのは何か違うような気がしまして。
アーデンの犠牲の上にノクトの存在意義が成り立ち、アーデンもまたノクトの犠牲無くして救われない。
とんでもない不幸ですね、両者とも。

バハムートとの会話選択は、両方見ました。
最初は「抗う」を選んだのですが、個人的には「従う」の方が好きです。狂気が濃く感じられて。
どちらにせよ結末は変わりませんが……。

ここで最大の謎が浮上。
結局バハムート、もとい神々は何がしたかったんでしょうか。
いわゆる「星の病」を一掃したいが為の計画だった、とか??
一旦世界を闇に沈めて、蓄えた力でまとめて払う……神にとっては1000年2000年なんて、そう長い時ではないでしょうし……。
でも、そもそも“神”なら自分たちでなんとか出来ないのかな。魔大戦で消耗しちゃったのかな??
それとも何か、人間ならではの力を蓄積する必要があったのかな。
“FABULA NOVA CRYSTALLIS”の、エトロ絡みとか……うーん、しかしFF15にこの設定は残っているのかな。
残る鍵はクリスタル……??
でもクリスタルに関しては情報が少なくってサッパリ。
もうこの辺は小説(まだ買っていないですが……)で明かされるのを期待します!!

あとレギス。
アダギウムの存在をその目で確認しながら(しかも敗れたにも関わらず)何故それが実在する事をノクト達に伝えておかなかったのか……。
バハムートに記憶消去されたんでしょうかね……??
本編で、せめてアダギウムとそれに関する歴史をノクト達が知っていれば、どこかでアーデンの正体に気付けたかも、とか思ったので。
まぁ、バハムートの言葉通りであれば、気付こうとどうしようと結果は変わらなかったのでしょうけれど……。

エイラはアーデンの真の使命を知っていたのかな。
闇を広め、真の王に殺される使命を。
ルーナはノクトの使命を理解している風だったので、同じ神凪なら知っていてもおかしくないですよね。
彼女に関して、ちょっとどうでもいい苦言がありまして……。
ネーミングに対して文句を言いたいのです。
同じ会社の超有名作品のキャラの名前を付けるって……ユーザーへの配慮ゼロな気がします。
もうエイラって言われると……「てっけん」に「ごうけん」のイメージですから!(爆)

驚いたのは、ヴァーサタイル!
若い! プロンプト似!! 最早別人!!!
まだ人間味があって、マッドサイエンティストぶりもまだ序盤と言った感じ(笑)

全体の難易度は低めでした。
戦闘もゴリ押しですんなり。むしろアイテム回収や街の破壊に手間取りました。拡声器とかアドバルーンとか。
建物へ一気に飛び上がれるのも楽しかったです。

トータルでは、とっても満足でした。
ただ、アーデンの過去に関する情報は本編に入れて欲しかったですね〜。
知っているのといないのとで、本編のラスボス戦の意気込みが全然違ってくると思います。
posted by ミクロン at 22:00 | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする