2020年01月09日

タブロウ・ゲート 23巻

もうここ何巻もドキドキしっぱなしです。
色々な事柄がガンガン明かされて。

やっと“世界”と“愚者”が登場して、タブロウ達が全員揃ったんですね。
そして時系列もちょっとだけ理解出来た……ような気がします!
でもでも、タブロウから人間になったのなら、管理人とかからの命令は受け付けないのでは??
タブレット内にも戻れないでしょうし……性質と能力が残ったまま、存在が人間になっただけって事なのかな。
うう、続きが待ち遠しい……!!!

実は、続きのepisode.CIXの掲載号、持ってはいるんですよ。
付録の『王家の紋章』のイズミル王子の書き下ろしコミックス目当てで買ったのです(笑)
なので読もうかどうしようか物凄〜く悩んでおります、はい。
読んだら、なし崩しに来月号も買わなくてはならなくなりそうで……!
うーん、どうしましょう。
posted by ミクロン at 23:00 | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする