2019年07月27日

あまねく神竜住まう国

『あまねく神竜住まう国』
著:荻原規子(徳間文庫)

伊豆の地にひとり流された源頼朝は、寄る辺なく、生きる希望も失いがちな少年だった。だがある日、意外な客が訪れた。かつて頼朝の命を不思議な方法でつなぎとめた笛の名手・草十郎と、妻の舞姫・糸世の運命もまた、この地に引き寄せられていたのだった…。土地神である竜と対峙し、伊豆の地に根を下ろしていく少年頼朝の姿を、ファンタジーの名手が描く異色作!
「BOOK」データベースより

『風神秘抄』の続編と言うか、スピンオフと言うか。
続編となると、勾玉シリーズの続編にもなってしまうので、ちょっと微妙な立ち位置の作品ですね。
『風神秘抄』をほとんど失念していたので、再読後に読みました。

主人公は源頼朝。
まだ子供時分なので、無力でいたいけ。
草十郎と再会出来て本当に良かった!
まさかの女装イベントは微笑ましい限りでした。

嘉丙がとっても良かったですね〜!
こういうキャラは本当に大好き。
日満も面白くて好きなのですが、今作ではあまり存在感が無くて残念。でも相変わらずで微笑ましいです。

万寿姫が相変わらず恐ろしかったです。その執念が。
『風神秘抄』でもすでに異形の者と化していましたが、今巻ではすっかり竜になってしまって。
でもこれで、完全な救いではないかもしれませんが、妄執からは解き放たれたのかな、と思いました。是非そうであって欲しいです。草十郎と糸世のためにも。

残念ながら、鳥彦王は登場せず。
でも名前が出た時は本当に嬉しかったです。
それこそスピンオフで鳥彦王のお話も読みたいなぁ。
posted by ミクロン at 22:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする