2019年06月25日

飢え渇く神の地

『飢え渇く神の地』
著:鴇澤亜妃子(創元推理文庫)

死の神ダリヤの伝説が残る西の砂漠。十年もの間、砂漠に消えた家族の行方を探し続けている地図作りの青年カダムは、今日も探索を終えて落胆しながら帰宅した。そんな彼をレオンという怪しげな宝石商が道案内に雇いたいと言ってくる。だがカダムたちが砂漠の奥深くへと迫ったとき、そこに眠る恐るべき秘密が目を覚まし…。第2回創元ファンタジイ新人賞受賞の著者の意欲作!
「BOOK」データベースより

『忘却城』を購入した際、すぐ側に並んでいて気になっていた作品でした。
タイトルが素敵で、1〜2頁読んでみても良さそうな感じだったので後日購入しました。

全体的に過不足無く、キッチリと出来ていて完成度はとても高いと思いました。
テンポも良いし、描写も分かりやすく丁寧で非常に読み易いです。設定自体も、全体の雰囲気もとっても私好みで、最後までワクワクして読めました。
ただ、完成度が高い分、個性や目新しさに欠け、印象に残りにくい作品でもありました。

異世界ファンタジーかと言われるとちょっと違うように感じました。
カダムらの生活様式等はほとんど近代そのものでしたので(イメージとしては、スペインとモロッコ。あくまでイメージですので、根拠は特にありません・苦笑)、特に異世界である必要性は無かった気がしました。現実世界にちょっぴり神話や呪術等、非科学的な要素が入ったタイプ。
ですので、現実世界にファンタジーを織り込む形の方が、より説得力があったのでは、と思ったり。

キャラクター達もそれぞれ悪くはないのですが、レオンに関してはどうしても付け足し感が否めません。どうにも不自然すぎて、すぐに正体の予想が付いてしまって……。
地味に好きなのはエシキ。序盤ではラスボス的なキャラかと思いましたが、読み進めるにつれ、非常に親しみを持てました。
勿論サールは大好きです!

神話や願い石の設定はとても面白く、どうなるのかと期待していましたが、どうも不完全燃焼だったような……。
シュトリが今も実存していたと分かった時は本当にワクワクしたのですが、結局ただそこにいるだけな感じで終わってしまったのが非常に残念でした。もっとアレコレと長い年月のお話が聞きたかったです。

身も蓋もない表現をすると、アクション抜きの、映画『インディ・ジョーンズ』のような作品でした。
この作品は小説でよりも映像の方がより真価を発揮出来る気が。
ハリウッドで映画になったら、きっととっても見応えがありそう!!
隠し部屋や願い石が生まれるシーンはとっても綺麗だと思うんですよね。
posted by ミクロン at 01:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする