2019年05月28日

ミュージカル『レ・ミゼラブル』東京公演

先行でことごとく落選し、ほとんど諦めかけていた東京公演。
たまたま見つけたTファン先行で運良く入手する事が出来、めでたく観劇して来ました〜!!

『レ・ミゼラブル』は2012年の映画版でしか知らないのですが、とくにかく映画が最高で、当時、映画館で後半のほとんどを泣き通した思い出があります。
原作は……全巻揃えてあるのですが、未だ積読中です……。
そんなライトな知識での感想になります。

あまり言葉が浮かびません。
ただただ素晴らしかったです。
皆さん素晴らしい。
演出も非常によく出来ていたと思いました。
終盤のジャベールの橋のシーンは映画のように見応えがありました。

映画版でもそうですが、やっぱりお気に入りは最後のシーンです。
“Epilogue(Finale)”が大好きなのです。
数多の苦しみや悲しみから解放されて、ついに自由と安らぎを手にしたシーン。
キリスト教についてほとんど知識が無いのですが、個人的にこのシーンは、バルジャンが神の赦しを得られたシーンなのかなと感じております。
観ている側も万感の思いで、涙・涙です。

最後に、いつも通り印象的だったキャラについて少しずつ!

【ジャン・バルジャン/福井晶一】
素晴らしいお声!!
映画版では“良い人”のイメージしか無かったのですが、更に“カッコイイ”も加わりました。
もうとにかく素敵。

【ジャベール/川口竜也】
映画版では何度となく苛々させられましたが……いやもう、今回は格好良過ぎました。
そうなるとこちらの観る目も変わって、彼の葛藤も(映画版の時よりは)理解出来たように思えます。

【ファンテーヌ/濱田めぐみ】
今回のお目当て!!
チケットは全て彼女の出演回でエントリしていたのです(笑)
正直、ファンテーヌ役はイメージに合わないような気がしていました。
観劇の直前にTVで“夢やぶれて”を歌うのを拝見しており、ファンテーヌにしては、少しばかり力強く、賢い印象を受けたのです。
個人的にエポニーヌの方がイメージかな、というのもありました。
ですが!!
実際には完璧でした!
ファンテーヌの弱さ、愚かさ、絶望感。そして何もかもを失ってきた中で、唯一残った(コゼットへの)愛。
それらがヒシヒシと伝わってきて、思わず貰い泣き。
心の底から台詞を喋ると歌になるんだなって思った程、圧巻でした。

【エポニーヌ/昆夏美】
この作品で一番好きなキャラクターです。
しっかり自分を持っていて現実も理解していて、叶わぬと知っていても、それでも夢を見る。
寄る辺なさや、どうにもならない悲しみを抱えているけれど、芯の強さもあって。泣かずにはいられません。
年相応の、可愛らしいエポニーヌでした。イメージにピッタリ!!

【テナルディエ/橋本じゅん】
【マダム・テナルディエ/森公美子】
手におえない小悪党、でもだからこそ日々を前向きに逞しく生きている感じもあって、どうにも腹立たしいけれど、憎めない。
コミカルさも腹立たしさも最高でした。

【アンジョルラス/相葉裕樹】
映画版よりカッコイイ!
若さと怒りと希望に溢れたアンジョルラスは輝いていました。

他にも、マリウス&コゼットは実は個人的にあまり好きなキャラではないのですが、物凄くお似合いで美しくって、観てると幸せな気持ちになりましたし、ガブローシュ&リトル・コゼット&リトル・エポニーヌも、あんなに小さいのにしっかりした演技で素晴らしかったです。
そしてとっても可愛らしい!!
カーテンコールの時は小ささが際立っていて余計に可愛かった……(*^_^*)

運良く観劇出来て本当に幸運でした!
遠征した甲斐が十二分にありました。このキャストなら何度でも遠征しても惜しくないです。
今回は地方公演があるので、本当に有り難いです。
あ、パンフレットって、中身多少変わるんでしょうかね。
前回公演の写真が差し替えになるとか……??
何にせよ、次回は地方公演観劇予定です!!
勿論ファンテーヌは濱田めぐみ氏の回で(笑)

posted by ミクロン at 21:00 | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする