2019年01月26日

ミュージカル封神演義−目覚めの刻−

行って参りました、ミュージカル封神演義!!
1月19日のマチネ。
20190119_Houshin.jpg
昨年の覇穹の件が尾を引いており、正直かなり戦々恐々としておりました。
遠征して後悔するのも嫌だなぁ、とか、ネガティブな事ばかり考えてたり(^^;)

ですが!!
想像以上に良かったです!
アレコレ心配しておりましたが、全て杞憂で済んでホッとしたやら嬉しいやら。
ちょっと長文になりそうですが、思いつくままにダラダラ感想です!

総じて満足です♪
基本的には、原作にしっかり忠実。
むしろ多少は変えてもいいのに、と思う部分もあった位。
お陰で安心して観られました。

ストーリーは西岐手前で聞仲と対決して敗れる所まで。
多少のシーン追加・削除や構成の入れ替えはあれど、概ね原作通り。
覇穹で登場しなかった陳桐がちょこっと登場したのは良かったです(笑)

構成もほとんど違和感が無く、かつ分かり易くまとまっていたと思います。
2つのシーンが同時進行するのも、とても分かり易くて良かったです。
こっちでこれやっている時に、向こうはこうだったのね、と。

舞台で宝貝の表現は難しいだろうなぁと思っていたので、想像以上に雰囲気が出ていて驚きました。
特に雷公鞭が良かったですね〜。
三尖刀は……もうちょっと重厚感というか……質感が欲しかったですが(苦笑)
同じく難しいと思われた四不象も、とっても活き活きしていて可愛らしくって違和感ゼロ。
ちゃんとスースが乗っているように見えました。

メタネタが多いのも原作リスペクトでしょうか。
四不象から魂魄が剥がれてみたり、「ギロッポンという街へ繰り出したい」、「姫昌をやらされている夢を見た」等々、どれも笑いました。
私はメタネタも割と好きではあるので楽しめましたが、ここは人によってかなり評価が別れる所かもしれません。

フクロウのシーンも笑いました!
よくあのシーンをピックアップしたな〜と、原作への愛を感じましたし。
そして何より、スースのフクロウの鳴き声が巧過ぎでした(笑)

セクシーふくらはぎ攻撃は最高でした!
特にスース版。実演付きなのが素晴らしい!!
実写で変化は見応えがあって面白かったです。
変化した妲己の後ろに、シルエットで楊戩を映しているのも凄く良かったです。
ちゃんと同じ台詞を言って、同じ動作をしているのがとっても可笑しくって、とってもカワイイ( *´艸`*)

印象に残ったキャラの感想を。

【太公望】
綺麗系イケメンなスース。
でも基本的に原作よりもテンション高めな感じで、ニョホホ割合がかなり多め(笑)
黙ってれば本当にカッコイイのに、後ろ姿が完全にデフォルメのスースなのが可愛らしかったです(^-^)
惜しむらくは、もう少しニョホホとキリッとしたところのメリハリがあれば良かったかな、と。
でも本当に良かった。
四不象との掛け合いが原作のイメージそのままに感じました。

【楊戩】
封神で一番好きなキャラ。
なので期待値も否応なしに高くて、心配しておりましたが……イメージ通り〜(*´Д`*)
メチャクチャ良い声だし〜!!
髪の毛ひっつめ姿も拝めて、眼福の一時でした。
ひたすらオペラグラスでガン見しましたよ(笑)
あ、上述の通り、妲己変化のシーンはもう最高でした!!
哮天犬がいなかったのが、唯一残念でした。
さすがに哮天犬を出すのは難しいですよね(笑)

【哪吒】
風火輪がバッチリ表現されていて驚きました。
セグウェイ……だったのかしら。
お見事でした!!

【天化】
一番再現度が高く感じました。
何よりカッコイイ!!!
原作より恰好良く感じました(爆)

【紂王】
これまたイケメンな王様。
この紂王なら、もっとシリアスシーンも沢山見たくなりました。牧野の戦いの後とか。
天化vs紂王は、是非ともこのキャストで拝見したいものです。

【殷氏】
紂王そっくりだけど、とってもキュート(笑)
原作よりも肝っ玉なキャラに。
登場した時は「え……?」ってなりましたけども(笑)
何がどうしてこのキャスティングだったのかは分かりませんが、個人的には面白かったのでアリです。

【申公豹】
今回唯一イマイチなキャラでした。
終始ハイテンションで、原作のイメージからかなり離れていたような……??
雷公鞭の演出が良かっただけに余計に残念。
あ、あと黒点虎がいなかったのも残念でした〜!

【聞仲】
頭抜けて巧い!
彼だけちゃんとしたミュージカルな感じ(笑)
どっしりとした格上の迫力があり、完璧でした。
そして美声!!
こちらも黒麒麟は不在だったのは残念。

【武吉】
とっても綺麗な武吉でした(笑)
原作そのままでまっすぐで本当に可愛いかったです。

【四不象】
可愛い!!
一体どんな形で登場するのかドキドキでしたが、ほとんど違和感の無い形で、なるほど、と。
途中、魂魄が抜けるハプニング(?)もあったりと、大いに活躍していてホントに可愛らしかったです。
あんなに出ずっぱりなので、もっとグッズにも出してあげて欲しかったです……!

最後にネガティブ感想をちょっぴり。

総じてとっても楽しかったのですが、ただ、ミュージカルとして考えるとややイマイチ感が拭えませんでした。
低予算なのか、全体的な演出がややチープに感じました。
小規模なせいなのかな。公演期間も凄く短いですしね。
それとも2.5次元モノって、この位が平均的なのかな??

キャラを忠実に再現するのは素敵な事ですが……カラコンはどうかと思いました。
あまり似合わないというか、違和感が強くて。ちょっと勿体なく感じました。

個人的な好みもありますけれど、楽曲の大半がイマイチ作品と合わない&あまり印象に残りませんでした。OPの派手な曲は好きです。

原作者コメとか一切無いのもちょっと気になったり。
パンフに載ってるかな〜と期待していたのですが……無いのも普通なのかな。

役者さん達も、下手とかでは決してないのですが……何というか……ミュージカルっぽくない、と言うか……。
発声?
表現??
ド素人なのでその辺りはよく分かりませんが、ミュージカルって、歌も台詞だと思いますので、単に“歌”としての表現だけではちょっと物足りないと言いますか……。
その辺りは、次回(があるといいな!)に期待しています。

とりとめもなく書きましたが、総じて非常に楽しめました。
遠征して良かった〜!
この後、ニコ生でもう一度観る予定ですので、DVD買うかどうかはそれから考える予定です!!(笑)
続編、出来るといいなぁ。続編でも再演でも、絶対また遠征しますよ!
そしてその流れで、今度こそ素敵なアニメ化を……!!!(爆)
posted by ミクロン at 02:00 | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする