2019年01月06日

くるみ割り人形と秘密の王国

定番中の定番のクリスマス作品。
ディズニーだし、まずハズレは無いだろうと、情報を全く仕入れず観に行きましたが……ハズレでした(>_<)
ひたすらネガティブ感想ですので、ご注意下さいませ。

とにかく平板な印象です。
何もかもが説得力に欠けていて。
子供向けの作品だとしても、もう少し説得力は必要だったのでは??
全体的に描写不足だったと思います。

まずは、くるみ割り人形のフィリップ。
主体性がほとんど無いため個性も薄く、あれではタイトルになっている意味が皆目分からないのでは……??
盲目的にクララの付き人と化し、ひたすら従順に助けてくれるだけ。
バックグラウンドもほぼ描かれないので、本当に勿体なく感じました。

次いでシュガー・プラムのキャラクターもステレオタイプで非常に安直。
もう少しクララの母マリーとのエピソードを見せてくれたら、彼女の思いにももっと共感出来たもしれないので、こちらもかなり勿体ないなぁ、と。

そして最重要人物である母マリー。
彼女がどういう人で、家族との関係、秘密の王国での彼女はどうだったのか、その辺りは必要だったと思います。
全部サラッと言及される程度では弱かったですね。

あと、意外な事にCGがチープに感じました。
質感や空気感のメリハリが乏しく見えてしまって、奥行きがあまり感じられなかったのが残念です。
予算か納期が足りなかったのかなぁ。
衣装とかは煌びやかで素敵だっただけに、余計に残念。
ただ、一番始めにマザー・ジンジャー(のテント)が霧の中から出てくるシーンはと〜っても良かったです!!
不気味な迫力があって、この作中一番の名シーンだと思います!

音楽は当然ながら素敵でしたし、最後のバレエも美しくって惚れ惚れ。
本編中のバレエシーンも可愛らしくて素敵でした。

と、あれこれ酷く書いてしまいました。ごめんなさい。
一応断っておきますと、今回観たのが吹替版だったのも一因かもしれません。
吹替は字幕に比べて情報量が減っている事があるので、もしかしたら字幕では(英語はからきしですが)もっと細かい部分が理解できた……のかもしれません。
posted by ミクロン at 03:00 | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする