2018年10月30日

深夜!天才バカボン

『おそ松さん』の流れで、軽い気持ちで見ていました。
まずまず面白かったですが、ちょっと原作の良さを発揮できなかったかな、といった印象。

メタネタが多くて、作品の世界観があまり深まらなかったのは勿体なかったと思います。
別に『天才バカボン』でなくとも良かったような感じになってしまっていて。
どうせやるなら六つ子をゲストで出したりしても良かったのでは。折角六つ子声優さん達も全員出てるんですから。
ブラック・ジャックを出せたなら出来そうな気がしますが……その辺りは大人の事情でしょうかねぇ(^^;)

『おそ松さん』同様、声優陣がとっても豪華。
バカボンのパパが古田新太って……!!
しかも上手いし、イイ声!!
さすがです。
本官さんが森川智之なのも驚きましたし(そして全く違和感ないのが凄い……)、レレレのおじさんが石田彰なのも驚きました(こちらも全く違和感ないのが凄い……)が……!!
何よりウナギイヌが櫻井孝宏……!!?
もう豪華なんだか無駄使いなんだか分からないですが、耳福ではありました(*´艸`*)

お気に入りは『擬人化するのだ』と『ほんとうの最終回なのだ』。
『擬人化するのだ』は爆笑しました。どれもちょっと作ってみて欲しいですね〜(笑)
最終回も豪華過ぎて面白かったです。
サンリオ、よくキティちゃんを許可したな〜。
あそこまで言ったなら、いっその事セフィロスも出してしまえば良かったのにな〜。
これまでの本官のキャラを考えると、スクエニは許可しなさそうですけども(笑)
そしてまさかのYOSHIKIご本人!!!
いやはや……豪華過ぎるっっ!!

なんだかんだ、結構楽しみにして見ていました。
2期は無さそうですが、いつか『おそ松さん』とのコラボもやってみて欲しいです(^-^)/
posted by ミクロン at 22:00 | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする