2018年10月20日

オペラ『アイーダ』

オペラ鑑賞デビューです!!
それもずっと観たかった『アイーダ』です!!
中学校の音楽の教科書に舞台風景とあらすじが載っていて、その煌びやかさにいつか観たいな〜と思っていたのでした。
折角なので感想を書いておこうと思ったものの、オペラに関してもやっぱりド素人なので、表面的なサラッとした感想です……文化的な教養が欲しい……あと文章力も(*_*)

人の声ってこんなにも響くのか、と驚きました。
オペラは基本的にマイクを使わないと言うのは知っていたため、ちゃんと聴こえるかな〜とちょっぴり心配していたのですが(ケチってお安めの席にしたため……)全くの杞憂でした。
むしろマイク使ってるんじゃないかと思う程に鮮明で。凄いなぁ。
そしてオペラの歌唱法って、TV等で見た限りでは、ちょっと聞き苦しく感じていたのですが、劇場で聴くと素晴らしく美しく聴こえるって事も知りました。
やはり環境に合わせて編み出された歌唱法なんですねぇ。聴き惚れました。

主人公のアイーダを差し置き、アムネリスが気に入りました。
ちょっとアイシス(『王家の紋章』)的なところもあって(笑)
アイーダは悲劇に酔っている感じがどうも苦手……(>_<)

そして今回、バレエの美しさを知りました。
身体をフルに使って踊る姿は本当に美しかったです。
あんなに踊ったり跳躍したりしても、とっても静かなのが凄い。
今度はバレエも観に行きたい!

唯一、鑑賞していて辛かったのが字幕です。
イタリア語は全く分からないので(辛うじて聞き取れた&理解出来たのは“grazie”だけでした……笑)終始字幕を追わなくてはならないのが辛かったです。
劇場によって字幕の表示される位置は違うのでしょうけれど、今回は舞台の左右でした。
字幕を追わなければ話が理解できないし、でも演技や演出もガッツリ観たいし……と。
下に字幕が表示されるようなメガネとか開発して頂きたいですね!
そしたら映画のように自然に観られて良いと思うのです。

オケの生演奏に、生歌、煌びやかな衣装、大掛かりなセットと、本当に贅沢で楽しい一時でした。
オペラって素敵だな〜と思いました。次もまた是非観に行きたいです。
今度はケチらず、もう少しだけ良い席を狙ってみたいと思います!(笑)
posted by ミクロン at 01:00 | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする