2018年08月13日

FINAL FANTASY XV エピソードイグニス もうひとつの未来

非常に今更感がありますが、結構前にIFルートもクリアしておりました。

もう感想もいらないかなって思いましたが、まだ本編も戦友も(放置)プレイ中なので、折角だし……。
IFエンディングのみの感想です。

公式として出していいのかな〜、と首を傾げるEDでした。
とりあえずその辺りのモヤモヤは後述です。

ED自体はハッピーエンドでとっても素敵でした。
ノクティスは死なず、世界も救われ、イグニスも失明しない、と良いこと尽くめ。
むしろ本編EDがこっちだったら、本編の評価が変わったかも……とまで思いましたねぇ。
念の為断りを入れますが、ストーリーとしてきちんと出来ているならハッピーエンドでもアンハッピーエンド(バッドエンド)でも、どちらでも全然OKだと思っています。

要はイグニスが、ノクトの運命(真の王の役目)を理解していたか否か、で分かれた、と。
ノクトの結末が分かっていたら、あらゆる手段を使って対策を講じたって事ですよね。
……うーん、何だか悲しいし虚しい。
レギスにしろレイヴスにしろ、誰も“真の王”の意味を知らなかったんでしょうか。
ノクト本人に知らせずとも、せめて側近には教えておくべきだったんじゃないかなって。
その結末を受け入れるにせよ、変えようとするにせよ。
やはりアーデン以外は知らなかった(知っていたとしてもぼんやり程度だった)と考えるのが妥当なんでしょう。

しかし、個人的には公式として出すのはナシだったんじゃないかな〜、と思うのです。
公式がこの手法を採るなら、これから先、どんなIFエピソードもアリになっちゃう。
もし、アーデンが王家から抹殺されなかったら。
もし、ルナフレーナがあそこで助かってたら。
もし、レギスが生き残っていた、又はキチンと情報をノクトらに伝えていたら。
もう何でもアリって事ですよね。

本編の総合感想で書こうと思っていたのですが(いつになるか……)FF15本編は“諦めたFF10”だと思っています。
で、今回のイグニスの“IF”EDはそのまま“FF10”をなぞった場合。
イグニス=リュック(or ティーダ)な感じ。諦めずに他の手立てを探したってところが。

そんな訳で、とっても面白かったのですが、公式として出すのはどうなの?? と、モヤモヤの残るEDなのでした。
posted by ミクロン at 02:00 | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする