2018年03月08日

覇穹 封神演義 1〜6話

とりあえず、ある程度自分の中でまとまるまでは、と思って沈黙を貫いておりましたが……もういいかな、と思いまして(爆)
再アニメ化が嬉しくて嬉しくて、BDでもCDでもグッズでも、出るものは何でも買って、全力で応援しようと思っていたのに……!!
ひたすらネガティブな愚痴になると思いますのでご注意下さいませ。
ごめんなさい。

さて。
正直、これほどの惨劇になるとは思ってもいませんでした。
前回の仙界伝が黒歴史化されており、当然制作陣がそれを知らないハズはなかろうと思っていたので……。
まだ6話までしか見ていませんが……何をどう表現したくてこういう構成になったのかが分からなくて。

仙界大戦をメインにする事自体はいいと思うんです。戦闘シーン満載ですし、いかにもアニメ向きな感じ。
しかし、原作で仙界大戦が面白かったのは、それまでの過程があったからこそ!
その過程をおざなりにしては、そういった共感もないままで、共感がなければ盛り上がるものも盛り上がらないと思うのです。
上記のような事は、原作ファン皆様が思っているんじゃないかと思います。

話数からして普通に原作通りで良かったのでは、という思いもあるだけに余計に不信が募ってしまいます。
仙界伝当時は原作が未完だった事もあり、オリジナルな展開になっていましたが、それでも一応筋は通っていましたし、賛否はともかくキチッとまとまってもいたと思うのです。
個人的にはストーリーに限って言えば、さほど悪くなかったと思っています。
キャラ設定がぶっ飛びだったので、どうしてもそちらの悪印象が強く残っていますが……(苦笑)

こう……ツギハギの構成にするくらいであれば、思い切ってオリジナルの展開にして仙界大戦にもっていけば良かったのでは、と思うのです。
無理やり忠実に詰め込んだせいで、火竜鏢を手に入れ損ねたり、妲己の「スープーちゃん」がカットされていたり、突然スースが衣装チェンジしていたり……。
怒りを通り越して脱力です。

でも声優陣は豪華なんですよね……。
なのに肝心のキャラは、ドアップが多くてあまり動かないですが……。

とにかく……もう……今後に期待もし辛いのが悲しいです。
でもきっと牧野の戦いまではやるんです……よね??
紂王を討った辺りで終わりかと思うのですが……もうここから先は怖いモノ見たさで追っかけて行こうと思っています(爆)

ただひたすら愚痴でした。ご不快になってしまったら申し訳ありません……。
posted by ミクロン at 21:00 | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする