2018年02月20日

グレイテスト・ショーマン

劇場で観るのはとっても久しぶりです。SWさえまだ観に行けてなくて……(涙)
どうしても今作は劇場で観たかったのです。
だってあのザックのミュージカル!!!
『HSM』シリーズからのファンとしてはもうそれだけで感無量っ!!(感涙)
そんな訳で、偏り気味の感想です。

正直、楽曲が『ラ・ラ・ランド』のスタッフと知って、作品自体の期待値はゼロに。
ザックのパフォーマンスが堪能出来れば充分かな、と思っていました。

が、面白かったです(笑)

賞レース向きではないけれど、王道エンタメ作品でした。
シンプルで分かり易い、直球なサクセス・ストーリー。
予想外の展開は一つもないのですが、そういった余計な要素を削っているから、しっかりまとまっていて、退屈さを感じさせないテンポ。最初から最後まで流れに乗ったまま観終われる感じでした。
意外にも今回は楽曲もとっても良かったです。どの曲も割と好み!(笑)

さて、お目当てのザックはと言うと。
彼が最初に歌う、ヒューとのデュエット“The Other Side”で、もう胸一杯になってしまって涙ぐみました(爆)
やっぱり素敵過ぎるッ(*゚Д゚*)
『HSM』の時より歌はかなり巧くなっていた気がします。
表現力が上がったような……素人だもんで、感覚的な感想ですが。
もうあのシーンだけで、観た甲斐が十二分にありました♪
またスクリーンでザックのパフォーマンスが観れるだなんて、本当に幸せ(*´Д`*)

他のキャストも全員良かったです。
ヒューは勿論ですが、レティ役のキアラ・セトルが最高でした。
“This Is Me”のシーンは間違いなく今作のハイライトだと思います。
やっぱりミュージカルって良いな〜って思えました。
個人的には“The Other Side”が一番、と言いたい所ではありますが(笑)
余談ですが、フィリップ(ザック)と相手役アン(ゼンデイヤ)との“Rewrite The Stars”は、途中からアンがヴァネッサ・ハジェンズにオーバーラップして見えちゃいまいした……(^^;)

あと、パンフには載っていないのですが、バーナム(ヒュー)の娘たちが最高に愛らしかったです。
Wikiにて調べたところ、キャロライン役がオースティン・ジョンソン、ヘレン役がキャメロン・シェリーとか。
ラストのバレエの発表会シーンでの木(恐らく白樺)役、最高にキュートでした!!!(笑)

久しぶりにシンプルに楽しめる作品でした。
最近はリメイクや過去作品の続編やらばかりで映画館から足が遠退いていましたが、これぞハリウッド映画、とでも言うようなエンターテインメント作品でした。
サントラ欲しいなぁ。
posted by ミクロン at 21:00 | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする