2018年02月17日

沈黙の書

『沈黙の書』
著:乾石智子(創元推理文庫)

火の時代、絶望の時代が近づいている。戦が始まる。穏やかな日々は吹き払われ、人々は踏み潰される。予言者が火の時代と呼んだそのさなか、いまだ無垢である“風森村”に、“風の息子”は生をうけた。だが、“長い影の男”がやってきたときすべてが変わった。天と地のあいだ、オルリアエントの黎明の時代を描く、大人気ファンタジー“オーリエラントの魔道師”シリーズ始まりの書。
「BOOK」データベースより


なかなか感想を書くのが追い付かなくて……読んだのはもう半年位前になってしまいました。
が、感想書き待ちの本がまだ何冊かあったりします……(゚゚;)

気を取り直して。
以前シリーズ全巻読み直したので、今回はバッチリ☆と思って意気込んで読みました。

にも関わらずちょっと自信がないのですが……ヒアルシュって、後のキアルスなんですよね??(爆)
どの人生も壮絶で、ちょっと不憫な気が……。
暗樹との因縁はヒアルシュの時からあったのですねぇ。

セグナ女神の像が薄気味悪くてツボでした。
“オーリエラント”の意味も明かされたり、珍しく読後感が希望に満ちたものでした。
『言葉の満てる大地』とは何て素敵な世界だろう、と。
しかしてっきり“オーリエラント”は“オリエント”のもじりだろうと、安直に思っていた自分が情けないです、はい。

これまでのシリーズの一番初めの物語との事ですが、文庫版では現在のところ『夜の写本師』が時系列として一番新しい物語、になるんですよね。
となると、このシリーズの着地点はどこなんだろうと、ふと思いました。
まだまだ読み続けたいけれど、結末も気になる。
悩ましい問題です。
とにもかくにも、早く次作を読みたいなぁ。
posted by ミクロン at 01:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする