2018年01月05日

首折り男のための協奏曲

『首折り男のための協奏曲』
著:伊坂幸太郎(新潮文庫)

被害者は一瞬で首を捻られ、殺された。殺し屋の名は、首折り男。テレビ番組の報道を見て、隣人の“彼”が犯人ではないか、と疑う老夫婦。いじめに遭う中学生は“彼”に助けられ、幹事が欠席した合コンの席では首折り殺人が話題に上る。一方で泥棒・黒澤は恋路の調査に盗みの依頼と大忙し。二人の男を軸に物語は絡み、繋がり、やがて驚きへと至る!伊坂幸太郎の神髄、ここにあり。
「BOOK」データベースより


かれこれ1年近く積読で放置、読後も感想を書くのも放置しておりました……。
既読本が溜まってきたので、ようよう重い腰をあげて、印象に残ったものだけザックリと感想です。

『首折り男の周辺』
短編ながら登場人物も多く、濃い作品でした。
それぞれのエピソードがきちんと繋がって、読後感スッキリで楽しめました。

『濡れ衣の話』
伊坂氏らしい雰囲気のお話でした。
影はあるけれど、優しい。
時空のねじれ設定は面白くなりそうだったので、もう少し連作で読みたかったです。

『僕の舟』
今作で一番印象に残りました。
とっても綺麗に作られていて、さらりと読めてしまうけれど、心に残るような。
黒澤氏は久しぶりの登場のような気がします。

* * * * *

後半はちょっと新鮮味を感じられずモヤモヤ。
“The 伊坂作品”とでも言いますか、悪くもつまらなくもないのですが、どうも過去の作品と似たり寄ったりの印象しか受けず……。前半がなかなか面白かっただけに残念です。
首折り男(大藪と小笠原両名)の話を連作で読みたかったところです。
posted by ミクロン at 22:00 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]