2017年12月03日

タブロウ・ゲート 20巻

アレイ巻ではなく怪盗J巻でした(笑)
ごめんなさい、すっかり彼らの事を忘れておりました。
相変わらず可愛いコンビで癒される……。そしてカッコイイ。
作中で一番まともな(?)キャラって彼らな気がしています。
“運命の輪”の方も円満に解決できたし、サツキ達と合流するのが楽しみです♪

アレイの出番も多くはあったのですが……こちらはまだまだ本来の彼ではなくって淋しい……。
でも回想等で久々にレ版アレイが見られたのが嬉しかったです。
シリアス展開が続いているので、レ版アレイでちょっと和みました。

実はタブロウの付録目当てで、プリンセス11月号を買ってしまったので、20巻の続きを1話読んでしまったのですが、ようやくイギリス編(?)も佳境……な気配。
正直イエイツよりも、イレイズの方との決着の方が気になります。
やっぱり月刊誌はもどかしい……(笑)
posted by ミクロン at 04:00 | Comment(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]