2017年07月12日

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

正直……ショックでした……。

ば、バルボッサが〜(ToT)

最期までメチャクチャ素敵だったんですけど……最期ってぇぇぇ!!
いやいや……デッドマンズ・チェストの時のような可能性だって無きにしも非ず……とは思うものの、やっぱり最期なんだろうなぁっていう思いの方が強くて。
シリーズで一番好きなキャラだったので……。
でもカッコイイ最期で良かった気もします。
うぅ。

初っ端から取り乱しましたが、総じて面白かったです。
ウィルとエリザベスも登場しましたし♪

新キャラ達がちょっと弱かったですね。
ウィルとエリザベスの息子にも関わらず、ヘンリーの存在感が薄めでしたし、カリーナもエリザベスの個性にはやや及ばずなのが惜しい。
二人とも決して悪くはないのですが、なにせ濃い面子の作品なものですからねぇ。

ムルロイとマートッグ……でしたっけ、元英国海兵のコンビ。
相変わらずの二人に笑ってしまいました。
ラゲッティとピンテルが出なくなって淋しい分、彼らに癒されました。
パール号の面子でいうと、コットン君はどうしたのかな〜。コットン君のオウムも。
スクラムがすっかり馴染んでいたのは可笑しかったです。ギブスにハメられて喜んで船長になったのも、哀れだけど可愛かった。

若かりし日のジャックはとっても巧かったです。
どなたが演じていたのかは判らなかったのですが、しっかりジャック・スパロウでした。
彼でジャックの若き日の冒険のドラマを作って欲しいなぁ。

あとビックリしたのはジャックおじさん!!
メチャクチャ良い声だな〜、でもどっかで聴いた事あるな〜と思ったら、まさかのポール!!!!
聴いた事あるどころの話ではなかった……(゚Д゚;)
出演しているなんてちっとも知らなかったです。
キースに続いて今度はポールだなんて……な、なんて豪華ッ!!
え、でもキースが父親でポールがおじさんってなると……二人は兄弟かも!?
もうこうなったら次作で共演して頂きた〜い!!

ウィルがフジツボくっつけていたのには笑いました。
着々とダッチマン号の船長らしくなりつつあるんだなぁって。
ラストで呪いが解けたらしいのですが……ビルの姿はなし。ちょっと期待していたのに〜。
呪いが解けたのはウィルだけって事なのかな。呪いの種類が違うとか??
あ、じゃあ心臓も返してもらったのでしょうか??

ルビーの光で謎が解けるシーンは『インディ・ジョーンズ』を彷彿としました。
ああいう仕掛け、大好きです。
ポセイドンの槍が、もう少し説得力のあるアイテムだったら良かったな、とは思いましたが。
ところであの島の宝石、ちゃんと盗ってきたのかが気になるところです(笑)

肝心のストーリー自体はまずまずでした。
序盤がやや冗長で退屈でしたが、シリーズ通して同じような構成で、最早お決まりのパターンと言ったところ。
敵方も新鮮味に欠ける感がありました。
生身の時の方が敵方としては面白かった気もします。
でも夏休み映画としては充分に面白かったと思います。
このシリーズのファンなら尚更!
ただ、前作の伏線を回収していなかったのが引っかかりました。
次作で総仕上げになるのでしょうか。
今作のラストも次作への伏線でしょうし……。
次作も楽しみ……と言いたいのですが……バルボッサがいないなんて……!!
ちょっと複雑ですが、次作も期待しています。
出来ればバルボッサも再度復活して頂きたい……!!
posted by ミクロン at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック