2017年04月07日

ラ・ラ・ランド

なかなか都合の良い上映時間が無くて、駆け込みで観て来ました。
ミュージカルって結構好きなんです。
なので、アカデミー賞にもノミネートと聞き、作品内容の情報は全く仕入れないまま期待して観に行きました。

あれ??
そ、それほどでも……??

まずは気になった点から。
何と言うか……全てに目新しさがなくって。
ストーリーは散々やり尽くされて手垢の付いたストーリーで、意外性のカケラもなくて。
色使いやなんかの演出は素敵でしたが、現代劇の割にクラシックな印象が強くなってしまってチグハグな印象。時代設定を80年代とかにした方がしっくりした気がします。
アメリカからフランスなんて、現在ではそれほど高い壁でもないと思うのですが、そう思うのは極東在住だからでしょうかね。

気に入った点は、ミュージカルナンバーはワンカットが多かった事。
特にOPは面白かったです。非常に良く出来てて。
三谷幸喜の長回しも面白いと思っていましたが、今作を観て上には上がいるもんだな〜、と。

ヴォーカル入りの曲の大半はどれも私にはイマイチでしたが、ヴォーカルなしのジャズ曲や“Mia & Sebastian's Theme”はとっても良くって、それらを劇場で聴けただけで結構満足でした。
あ、セブとキースのバンドの“Start a Fire”は結構好きです(笑)

あと、ストーリーを詰っておいてなんですが、ラスト15分位も非常に良かったです。
ミア夫妻が偶々お店に入る辺りから。
ありきたりな手法ではありますが、“Mia & Sebastian's Theme”も相俟ってとっても効果的でした。
2人の理想だった夢の実現の形。
現実だってお互いしっかり夢は叶っているんですけれど、それでもあの何とも言えない切なさが非常にツボでした。
でもどちらも後悔はしていないって感じも素敵で。

総合的にはレンタルで観ても良かったかな、といった具合(爆)
音楽さえ好みに合えば、もっと楽しめる作品だと思いました。
posted by ミクロン at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック