2016年09月15日

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016

【THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016】

10日(土)の真駒内セキスイハイムアイスアリーナに参戦して来ました〜!!

実は国内ではGLAYに次いで好きなアーティストなのです。ファン歴も密かにGLAYより長かったりします(汗)
それでも"楽園"からのファンなので、イエモンファンとしては結構遅めの方かと思われます。
なのでライブ参戦は初めてでした!
再結成だけでも嬉しかったのに、まさかチケットが取れるとは!
もう体調が悪かろうと何だろうと這ってでも行ってやる、と心に決めてました。

オープニングでもう感無量!
会場全体でカウントダウンをコールして、1曲目の"プライマル。"のイントロが始まった時はもう涙ぐんでしまいました。
これから本当に聴けるんだ、とか、本当に再結成したんだ、とか。
あれこれグルグル頭を巡ってしまって。
なので吉井さんの一声目で感極まりました。
もう全っ然変わらない声に陶然。
冒頭からピークのような盛り上がりで、会場の一体感も凄かったです。
皆さん同じ気持ちだったんだろうなぁ(●´-`●)
ファン層も幅広くって、これまで行ったライブ・コンサートの中でも一番の幅広さに感じました。
私同様、お一人様での参戦の方も多くお見かけしましたし、意外と若い方も多くて嬉しかったです♪

今回はとにかく聴き惚れたライブでした。
激しい曲でもフリとか途中で忘れてしまうくらい、聴き入ってしまう事が多々。
吉井さんの声があまりにも良くて。
情感タップリで、ちょっとエロくって、それでいて朗らかで伸びやかで。
本当に昔から変わらない素敵なお声にメロメロでした〜(*´艸`*)

私の勝手な分類ですが、ライブって2種類あると思っています。
楽曲を聴く・聴かせるタイプの"楽曲重視"タイプと、楽曲にノる・感じるタイプの"テンション"タイプ。
GLAYは前者で先日のT.M.Rは後者。
イエモンは前者なんだな、と。聴かせる力が物凄かったです。
やっぱりバンド系はそういうタイプが多いのかな、と思いまして。
どちらにもそれぞれの良さがあるので、だからどうこうと言うわけではなくて、今回ライブが続いた事でそういった違いをハッキリ感じられたので。
あくまで私個人の印象に過ぎませんので、どうぞあしからず!

そして「解散しない」宣言もしてくれてビックリするやら嬉しいやら!
GLAYに続き、ファンが一番言って欲しいと願ってる言葉をハッキリと言ってくれるのは本当に嬉しい!
直にその言葉を聞けて幸せでした!!
GLAYの時はビューイングでの参戦だったので、その場にいなかった事が心底口惜しかったので、一入の嬉しさでした。

セットリストも素晴らしく豪華で夢のようでした!!
"楽園"も"カナリヤ"も、"花吹雪"に"バラ色の日々"も!!
聴けたらいいな〜、なんて思ってた曲はほとんど聴けました♪
そうですね、あえて欲を言うならば……"聖なる海とサンシャイン"と"追憶のマーメイド(Original Lyric Version)"、"太陽が燃えている"、"LOVE LOVE SHOW"も聴きたかったぁ〜。
でも聴きたい曲があり過ぎて、結局どんなセトリでも「あれも聴きたかったなぁ〜」って言ってたと思います(笑)
まぁ今後の楽しみにしておきます!!
今後に期待出来るってホントに幸せですねぇ♪

20160910_TYM.jpg
次回以降のライブでも使用していいのかは謎ですが、ペンライト買いました!
どの楽曲で使ったら良いのか分からなっくて見よう見真似で取り出しては、その都度あたふたしてました(笑)
バラ色募金でピックも頂きました! 文字はゴールド。
折角なので、懐かしの"楽園"8cmシングルとともに。

最後に拾いモノのセトリを。
―――――
1.プライマル
2.楽園
3.Love Communication
4.LOVE IS ZOOPHILIA
5.A HENな飴玉
6.Tactics
7.LOVERS ON BACKSTREET
8.薔薇娼婦麗奈
9.球根
10.カナリヤ
11.HOTEL宇宙船
12.花吹雪
13.空の青と本当の気持ち
14.ALRIGHT
15.SPARK
16.見てないようで見てる
17.SUCK OF LIFE
18.バラ色の日々
19.悲しきASIAN BOY
20.Romantist Taste
21.BURN
22.BRILLIANT WORLD
23.WELCOME TO MY DOGHOUSE
24.JAM
―――――
posted by ミクロン at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック