2015年07月26日

L.G.S 〜新説 封神演義〜【太公望ルートA】

2.jpg昨夜、とうとうクリアしました。
これでL.G.S自体もフルコンプになりました。
……が、色々と辛くて……どうしても昨日は更新出来ませんでした……。
ともかく、クリアした順に。

【ED.15 風前のともし火】
……覚悟はしていました。
他のキャラのバッドエンドでも、どちらかが死んでしまうのが必ずあったので、本当に覚悟はしていました。

でもでも……いざとなると……ダメでした。
師叔が可哀想で可哀想で。
……そして申し訳なくて。
何より楊栴の「許せません」が決め手……というのには胸を抉られました……。
楊栴の後悔にとても共感出来て、ひたすら謝罪したい気持ちで一杯になりました。

でも……楊栴も自害すれば、封神台で再開出来る望みがあるのではないでしょうか??
妲己の妖怪EDで、封神の書に名が載っていないにも関わらず、楊栴も封神されましたし。
その辺りに、わずかながら希望があるにはあるのですが……それでもやっぱり辛かったです。
この後、数日プレイ出来なくなりましたもの。

ああ、そして天化って他人のルートでも悲惨だなんて。本当に薄幸キャラで可哀想ですね(苦笑)

【ED.14 今日の後に今日なし】
…………一番堪えました。
私の心はズタボロになりましたが、このED大好きです……。
途中から涙腺崩壊してしまいましたし……師叔の声を聴くのがとにかく辛くて辛くて辛くて。

師叔が黄帝の宮に来てくれた辺りなんかは、嬉しいやら罪悪感やらでもう軽い混乱状態でした。
楊栴は何故あんなにも冷静でいられるのか……!!
あんなにも感情を表に出す――出さずにはいられなかった師叔の姿には胸が引き裂かれるような思いで、ただただ涙でした。

その後の師叔の独白もまた……ダメ押しとばかりに泣かされました……。
手紙くらい届くといいのに!と思わずにはいられなくて。
ああもう、本当に師叔大好き!

しかし、です。
よく考えると、このEDも何とか希望が見出せそうな気がするんです。

まず……今からでもジョカに助力を請う事は出来ないのかな、と。
今となっては手遅れですが、そもそもシンノウが「楊栴か世界か」って脅してきた時に、ジョカ相談するって手もあったのでは?と思うのです。
神の人間界への不当な干渉はNGなんですから、もう封神計画そのものが干渉にあたると思うんです。
師叔ルートではジョカはその名前すら出て来ませんが、神の一柱であることは変わらないはずですし……。しかし彼女の方にもメリットが無いと、交渉は厳しいかな……??
でも、師叔ルートって“人が自らの力で歩いていける”っていうのが目標というか理想ですので、神に頼ってしまう、というのはちょっと反則なのかなとも思ってしまうんですが……もう手段は問わずって事で。

もしくは、かなりの長期戦になってしまいますが、封神台が解放されて楊栴の母親が蘇った時に、彼女に味方になってもらう他ないのかな、とも。
父親と違って彼女は真っ当な精神をしているというのが大前提になりますが、そうしたらきっと楊栴の味方になってくれるんじゃないかな、と一縷の望みを託してみたり。
それか、シンノウと真の和解を目指すしかないですよね……。
でもあの精神構造だと、もう言葉が届くのかどうかも怪しいですし……封神台の解放よりも長期戦になりそう。

他にも何か救済方法はないものか……。
あ、師叔の妖怪EDでもありましたが、師叔が婿入りするっていうのはどうなんでしょうか(爆)
それなら楊栴は外へ出ないで済みますし!

うぅーん、本当、何かいい方法はないのでしょうか。
何とかして師叔に幸せになってもらいたいんです!!

* * * * *

師叔だとやっぱり色々と考えさせられる……と言うか素敵過ぎるんです。
こんなにも惚れたのは本当に久しぶりです。
とりあえず、もう一度師叔ルートをやり直します。
とにかくこの傷心を多少なりとも癒やして頂かねば(笑)

そして、とうとうフルコンプしてしまいました。
続編でも回想でも、とにかく何でもいいので新作を所望します!
署名でも何でも必要とあればなんでもしますので、どうかお願いします〜!!(土下座)

それにしても、結局色々と謎が残ったままですので、近いうちに簡単な考察でも書き連ねたいなー、と思います。
posted by ミクロン at 15:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック