2020年09月22日

もうひとつの空の飛び方 『枕草子』から『ナルニア国』まで

『もうひとつの空の飛び方 『枕草子』から『ナルニア国』まで』
著:荻原規子(角川文庫)

「RDGシリーズ」で人気の著者が、自身の“ファンタジーのDNA”を育んだ名作を紹介。『赤毛のアン』の日常と『枕草子』の宮廷生活の描き方に共通するものとは。古代中国を思わせる小野不由美の「十二国記」に西洋の児童文学を想起するのはなぜか。実は青春恋愛譚として読める佐藤さとるの『だれも知らない小さな国』。デビュー作『空色勾玉』のエピソードなど、読書の幸福が溢れるブックガイドとしても読める名エッセイ集。
「BOOK」データベースより

奇しくも、恩田陸『土曜日は灰色の馬』の後に読みました。
『土曜日は灰色の馬』が作品の紹介と感想だったのに対して、こちらは解説の色が濃いエッセイでした。

『枕草子』は古典の授業でわずかに触れた程度なので、いつかちゃんと読んでみたいな、と思っていましたが、今回ますますその思いが強くなりました。
しかし、同様にいつか必ずと思っている『源氏物語』は与謝野晶子版を購入したところで満足してしまって、もうかなりの年月、積読と化しております……。果たして本当に読める日が来るのか……(・・;)
『妖女サイベルの呼び声』も面白そうだしな〜。
当分、次に読む作品には困らなさそうです。
posted by ミクロン at 01:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする