2020年06月17日

七つの大罪 41巻特装版

 遂に完結!!
なので久しぶりに特装版を購入です。

ドドッと一気にまとめて終わった印象。
まさかキャスがラスボスだったとは……。
全く予想していませんでした。
あんなに可愛らしかったのに……。

湖の姫(混沌の巫女)は、結局何が目的だったんでしょう。
マーリン同様、混沌の復活??
そしてどうなったんでしょう。
彼女も混沌から生まれたと言っていたので、どさくさに紛れてキャスと一緒にアーサーに吸収されてしまった、とか??
それとも続編にも登場しちゃうとかですかね??

って、ホークママ!! 何て事に……!!
皆がホークママに注目した時の不気味さたるや……ショックでした……。
あ、ホークママだった苔の中から出てきたヒヨコ(?)は何だったのでしょうか。
とにかく何だかホークちゃんが可哀想で……。
なのでワイルドが生きていて、兄弟が再会できたのは本当に良かった〜!!!
そうそう、ホークちゃんが煉獄へ行く際に登場したのって、チャルデブ達(『ライジング・インパクト』)ですよね!?
懐かしい〜!!

よく分からなかったのは、ななし殿。
女神族との事でしたが、主って誰の事だったのでしょうか。最高神??
そういえば最高神って本当に存在感がないままでしたね……続編へ持ち越し??
そういえばマエルもどこへ行ったのかとか、恩寵は戻ったのかなとか。
ちょっとモヤモヤ。

続編が出るとの事ですが、やはり次世代の話なのかな。
キャメロットは勿論ですが、デスピアスの再興したエジンバラも絡んでくる……とかでしょうか??
しかし何と言っても“トリスタン”と“ランスロット”なので、もう完全にライパクのイメージ。何とも悩ましい限りです(^^;)
ちょこちょこ消化不良もありますが、とっても楽しかったです♪
続編も楽しみにしております!!!
posted by ミクロン at 22:00 | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする