2018年02月11日

三文オペラ

今年最初の観劇で、念願の生充!!(笑)
SOPHIAは“街”からのファンなのですが、ライブ等への参戦経験は無くて、いつか必ず! と思っていたのですが、初の生がライブ以外になるとは思ってもみませんでした(^^;)
上演して下さって、感謝感激です!

ではちょこっと感想を。

松岡充は「人にやさしく」や朝ドラで演技も拝見していましたが、想像以上の巧さでビックリ(爆)
歌もちゃんとミュージカルの歌い方になっていてとっても聴き易かったです。
元々滑舌の良い歌い方をされてましたけど、より舞台映えがすると言うか、表現の幅が広がっていたような。
でもって相変わらずの美しいお顔にイイお声(*´艸`*)
観に行けて本当に良かった〜!!
やっぱりいつか絶対ライブで拝見したいなぁ。ミュージカルももっと観たい!!

ピーチャム役の白井晃は小憎たらしい『新選組!』の清河のイメージが今も強かったのですが、さすがでした!
やっぱり小憎たらしい役ですが、ちょっと可愛らしさもあったりして。
ジェニー役の貴城けいは存じ上げなかった方ですが、とっても良かったです。
今回の中では群を抜いて巧く感じました。存在感が違うというか。
パンフで知りましたが、宝塚歌劇団出身の方なんですね〜。納得です。
一番印象的だったのは、ブラウン役の高橋和也。
『薄桜記』や『真田丸』のイメージと全く違って、今回はとっても可愛らしかった!!(笑)
あんな可愛らしさを出せるなんて凄いなぁ。

出演者の方々にはそれほど思うところは無かったのですが、この作品自体はイマイチ私には合いませんでした。
一応昔のロンドンが舞台なのですが、どうも設定が緩すぎて中途半端。
あえてそうしているように感じましたが、世界観がチグハグ過ぎて入り込めず。
ストーリーも(原作は知らないのですが)、社会風刺を入れたい感じがありましたが、曖昧な世界観なので説得力も何も無くなってしまっていて、余計に中途半端になってしまった感じでした。
主人公マクヒィスの人物描写も少なくてイマイチ魅力も伝わってきませんでしたし……とにかく説明が多くて冗長だったので、もう少し設定の取捨選択をしてスッキリさせたら、登場人物それぞれの紹介やストーリーの表現が増えて良かったのになぁ、と感じました。
音楽も私にはピンと来るものが無く、何とも残念な作品でした。
ミュージカルは好きなのですが、演劇はやや苦手なので、その辺りの好みのせいかもしれませんね。

とにもかくにも充を生で観られて大満足です♪
ライブでなくても良いので、また是非地方公演をお願いしたいです!
posted by ミクロン at 03:00 | 観劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする