2018年01月08日

アイネクライネナハトムジーク

『アイネクライネナハトムジーク』
著:伊坂幸太郎(幻冬舎文庫)

妻に出て行かれたサラリーマン、声しか知らない相手に恋する美容師、元いじめっ子と再会してしまったOL…。人生は、いつも楽しいことばかりじゃない。でも、運転免許センターで、リビングで、駐輪場で、奇跡は起こる。情けなくも愛おしい登場人物たちが仕掛ける、不器用な駆け引きの数々。明日がきっと楽しくなる、魔法のような連作短編集。
「BOOK」データベースより


『首折り男のための協奏曲』ではちょっとガッカリが強かっただけに、やや覚悟しつつ読みました(爆)
ではザッと。

『ライトヘビー』
オチが予想外で面白かったです。
私はジョン・レノンのミドルネームは知りませんでしたが、知ってる方なら途中でピンと来たのかな??
思わずなるほど、と納得。

『ドクメンタ』
これもオチが良かったです。
まさか通帳とは!
思いもよらない手段です。
ぼかした結末でしたが、ちゃんと後々分かるようになっていたのも良かったです。

* * * * *

どの作品も粒揃いでムラなく楽しめました。
ただ、全体的にとっても軽めなので、あまり強く印象に残るような感じではないのが惜しいです。
今作も“The 伊坂作品”の典型な感じではあったのですが、『首折り男のための協奏曲』と違って楽しく読めました。
今作は連作としてまとまりがあったから……なのかなぁ。
posted by ミクロン at 02:00 | Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする