2018年07月14日

封神演義 導なき道へ

『封神演義 導なき道へ』
原作:藤崎竜 小説:吉上亮(JUMP j BOOKS)

女媧との戦いの後。人界も仙界も大いなる道標から解き放たれ、定まりきらない未来へ歩み出している。そんな中、最強の道士、申公豹は一人神界を訪れる。神界に居る、大戦で命を落とした魂魄たちに聞かなくてはならないことがあるというのだが……。
「BOOK」データベースより


うーん、ちょっと期待外れでした。
『覇穹』がああだった反動か、ちょっと期待してしまっていたのが悪かったようです(爆)

8割位は原作を文章化した内容。
残りの2割が、キャラの心情とオリジナル、と言ったところでしょうか。
原作での細かな心情を補足するかのようなお話でした。
ではそれぞれ少しずつ。

【第一章 普賢】
仙人界にいた当時の太公望が、ちょっと硬いような気がします。
まるで当初から伏羲のよう。
細かい事ですと、普賢が楊戩を“さん”付けで呼んでいたのはちょっと気になりました。原作では呼び捨てでしたから。

【第二章 聞仲】
殷での生活がメイン。
殷との関係、飛虎との関係等々。ちょっと同じ内容が繰り返しになっていて冗長に感じました。
商容と比干の登場は嬉しかったです♪
申公豹にお茶、それも趙公明からの紅茶を出す聞仲は、想像するとなんだか微笑ましかったです。
聞仲が出すなら日本茶のイメージ。それも渋〜いやつ(笑)
ちょっとだけ気になったのは妲己の呼称。
太丁時代の彼女は王氏を名乗っていたはず。
回想だから妲己と呼んでも間違いとは言えませんが、“その名も妲己”とするのはちょっと気になりました。“妲己”の名前は彼女の本当の名ではないですからねぇ。

【第三章 趙公明】
今回、一番面白かった章です。
彼の生命観はその原型と相俟って、説得力がありました。
一番違和感なく申公豹とやりとりが出来ていたと思います。

【第四章 天化】
神界でガテン系を担ってる設定は楽しかったです。神界の中の話はもっと読みたかったな〜。
天化の話はほぼ原作そのままでした。

* * * * *

全体的にキャラがちょっとぎこちなく、違和感がありました。
何となく『覇穹』の方のキャラに近いような気が……。
でも逸脱していると言う程でもないので、その辺りは個人の感じ方かと思います。

良くも悪くも“ライトノベルでノベライズした”といった作品でした。
サラッと読めますが、変な言い回しだったり、擬音語が多かったりも気になりました。
カッコイイ書き方をしたい、と言うのだけはヒシヒシと伝わってきましたが(苦笑)
例え単語や言い回しを変えたとしても、同じ内容を何度も繰り返されるのは読みづらかったです。
原作も元を辿れば小説なので、もう少ししっかりした文章で読みたかったので、ちょっと残念。

総じてちょっと原作に色を付けた程度のお話でしたので、もう少しオリジナリティも欲しかったです。
それとも設定に無理があったのかな……。
折角申公豹を使うなら、他の始祖達とお話させてみたりしても面白かったかな、とか。
申公豹自身の過去話も面白そうですしね。
なので、今度は色々な作家さんに書いてみて頂きたいですね!
posted by ミクロン at 01:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

ブラック・ベルベット

『ブラック・ベルベット』
著:恩田陸(双葉文庫)

東洋と西洋の交差点、T共和国。外資製薬会社の凄腕ウイルスハンター・神原恵弥が訪れた目的は、夢のような鎮痛剤と噂される「D・F」についてある人物から情報を得ることと、T共和国内で消息を絶った女性科学者を捜索すること。そしてもう一つは、密かに恋人関係にあった橘浩文と再会することだった。国内で見つかったという黒い苔に覆われた死体、女性科学者の足取り、「D・F」の正体、橘の抱える秘密…。すべての背景が明かされて浮上する、驚愕の事実。好評シリーズ第三作!
「BOOK」データベースより


久しぶりの神原恵弥シリーズ新刊!!
恩田作品の中でもかなり好きなシリーズです♪
1作目の『MAZE』が大好きなのですが、前作からはちょっとテイストを変えて、旅行記ミステリになった模様。

今作は近年の恩田作品の中ではピカイチで面白かったです。
やはり恵弥の話し方が巧くて面白くて惹き込まれてしまいました。
けたたましいけど、押しつけがましさがなくって自然体なのが素敵です。
恩田氏はやはりエンタメ作品が一番向いているのかも……と思いました。

観光したり謎が謎を呼んだり疑心暗鬼になってみたり。
飽きる間もなく展開していくのは読んでいて本当に爽快でした。
T共和国にますます行きたくなりました。

今回はこれまでの面々も続々登場。
満以外はあまり覚えていなくて、結局前2作も読み返しましたが(笑)
そこで気付いたのですが、満って中学時代の同級生だったのが、前作から高校の同級生に変更されていたんですね。
全然気付かなった……。

このシリーズは是非続いて欲しいです。
posted by ミクロン at 03:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

覇穹 封神演義 7〜23話

いやはや……もう言葉も無いデス……。

前回以上のネガティブ&言葉の悪さですので、どうぞ平にご容赦願います……。

では。
これまでもアレコレ酷いな〜と思ってはいたのですが、最終回が一番酷くて唖然呆然。
この際、細々した事は(多すぎるので)丸ごと置いておくとして。
とりあえず最終回の感想メインです。

とりあえず仙界大戦突入後は、大筋においては覚悟していたより悪くなかったと思います。
テンポはイマイチでしたが、それなりに原作に沿おうとしている感じでしたし。あくまでも“それなり”に。
蝉玉とか美人三姉妹とか、あちこちで色々無理が祟ってきてハラハラしたりしましたが(^^;)

そんな訳で、せめて“終わりよければ全て良し”に期待していましたが、儚い夢でした……(遠い目)

もう衝撃でした。
何故聞仲と決着後にスースが姿を消した事になっているのか。
非常に単純に考えても本筋が置いてけぼり。
妲己は倒していない、殷周革命は中途半端(周軍はまだ朝歌にさえ辿り着いていないのに!)、女媧はスルー。
何もかも放置されてる……!!
しかも突然スースが伏羲ver.になってましたし……。
シチュエーションとしては正しいですが、今回のこの展開では単に服装を変えただけにしか思えない……。
作品としては、色々あって決着したんだよって事なのでしょうが……。

細かい所では、聞仲とスースの一騎打ちのシーンも、初回でガッツリ見せられていたので感慨も何も全く無く、ああまたこのシーンなのね、と……原作ではとっても良いシーンなのに……(T_T)
あと、どうせ姫発を出すなら紂王と決着のシーンにしちゃえば良かったのに、とか。
カットしていた雷震子を、わざわざ最終回で初登場させたのも理解に苦しみました……。

原作読者諸氏は事情が解りますけれど、それではあまりに視聴者頼りで無責任だと思いました。
もう20年以上前の作品ですので、原作を知らない方々だって多いのは充分分かるはず。
にも関わらず、「当然知ってるよね」と言わんばかりの、なあなあな展開は如何なものかと。

余談としては、OP曲はどちらも作品に合っているとは思えなくて残念でした。
2クール目のOPは何だか古めかしかったですし。あれは意図的に90年代を再現してたのかなぁ。

とんでもなく悪態を吐いておりますが、作画とか声とかは良かったのです。
ですので尚の事残念で……(*_*)

何だかんだ文句を言いつつ全23話、キッチリ見届けました。
何故こんな内輪向けに作ったのか、ついに最後まで疑問が残りましたが、終わってホッとしました。色々な意味で。
20年後でも何十年後でも構わないので、キチンと原作を理解した上で、どうかもう一度アニメ化のチャンスを……!!
と、願わずにはいられません。

酷い感想でお目汚ししまして申し訳ないです……(>_<)
posted by ミクロン at 23:00 | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

タブロウ・ゲート 21巻

アレイスターが素敵過ぎる巻でしたーッ(*゚Д゚*)
あのベルトはリミッターなんですかね、やはり。
腕のも取ったら凄かったですものね。
格好良さも限界突破な感じ(笑)
しかしそろそろ正気に戻って頂きた〜い!!
そうしたらもっと素敵なのに〜!!
レ版もそろそろ恋しい今日この頃です。

レ版アンナのフワッフワっぷりは癒されました(*´艸`*)
今までの黒猫もとっても可愛らしかったですし……サ版はどんな風になるのか、今からとっても楽しみです♪

“死神”は……無口キャラなんでしょうか。黙して語らず。
ただただイレイズに従うだけなのが、どうも何かありそうな感じでしたが……果たしていつ頃明かされるのでしょうかねぇ……。

今回はレディも格好良かった!!
が、折角の見せ場を“女帝”に持ってかれた感も(笑)
“女帝”は本当に良かったなぁ。
直前の回想で、ヤヨイに向けた優しく可愛らしい微笑みから一転、お人形のように綺麗なイレイズに向かって、品の欠片もないあの台詞。
ギャップが最高でした(笑)
あの時はヤヨイが剥がしていたから、今とはまた別の性格だったのでしょうけれど。

今巻もとってもイイ所で終わっているので……次巻を待つのがしんどいです(^^;)
posted by ミクロン at 23:00 | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

文豪ストレイドッグス 14&15巻

14巻の感想、素っ飛ばしておりました……。
なので今回は2冊まとめて(>_<)

相変わらずポオと乱歩コンビが好きです。
あと虫太郎氏も良いキャラ、と思ったのに、あまりに呆気なく退場されてしまって残念。
今後の復活に期待です。
それにしても、横溝正史の不遇っぷりたるや……!!
お顔さえ出ず!(笑)
何て贅沢な使い方なんだと感心しきりです。
で。そろそろドイルは登場しないんでしょうかね……??
初期の頃からずっと楽しみにしているのですが……むむむ。

前々から敦の影は薄いですが、その分鏡花ちゃんがとっても優秀に成長してきていて微笑ましいです。
あと、太宰がと〜っても久しぶりな気がしました(笑)
何してたんだっけ、とすっかり細々した事を失念しておりました。
というか、もう本筋もほとんど失念気味……(爆)
登場人物も誰が誰だか分からなくなりつつありますです、はい。

結局小説はまだ積読中です。
早く読みたいけれど、他にも誘惑が沢山でいつになったら読めるのか……(涙)
posted by ミクロン at 03:00 | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする