2019年06月25日

飢え渇く神の地

『飢え渇く神の地』
著:鴇澤亜妃子(創元推理文庫)

死の神ダリヤの伝説が残る西の砂漠。十年もの間、砂漠に消えた家族の行方を探し続けている地図作りの青年カダムは、今日も探索を終えて落胆しながら帰宅した。そんな彼をレオンという怪しげな宝石商が道案内に雇いたいと言ってくる。だがカダムたちが砂漠の奥深くへと迫ったとき、そこに眠る恐るべき秘密が目を覚まし…。第2回創元ファンタジイ新人賞受賞の著者の意欲作!
「BOOK」データベースより

『忘却城』を購入した際、すぐ側に並んでいて気になっていた作品でした。
タイトルが素敵で、1〜2頁読んでみても良さそうな感じだったので後日購入しました。

全体的に過不足無く、キッチリと出来ていて完成度はとても高いと思いました。
テンポも良いし、描写も分かりやすく丁寧で非常に読み易いです。設定自体も、全体の雰囲気もとっても私好みで、最後までワクワクして読めました。
ただ、完成度が高い分、個性や目新しさに欠け、印象に残りにくい作品でもありました。

異世界ファンタジーかと言われるとちょっと違うように感じました。
カダムらの生活様式等はほとんど近代そのものでしたので(イメージとしては、スペインとモロッコ。あくまでイメージですので、根拠は特にありません・苦笑)、特に異世界である必要性は無かった気がしました。現実世界にちょっぴり神話や呪術等、非科学的な要素が入ったタイプ。
ですので、現実世界にファンタジーを織り込む形の方が、より説得力があったのでは、と思ったり。

キャラクター達もそれぞれ悪くはないのですが、レオンに関してはどうしても付け足し感が否めません。どうにも不自然すぎて、すぐに正体の予想が付いてしまって……。
地味に好きなのはエシキ。序盤ではラスボス的なキャラかと思いましたが、読み進めるにつれ、非常に親しみを持てました。
勿論サールは大好きです!

神話や願い石の設定はとても面白く、どうなるのかと期待していましたが、どうも不完全燃焼だったような……。
シュトリが今も実存していたと分かった時は本当にワクワクしたのですが、結局ただそこにいるだけな感じで終わってしまったのが非常に残念でした。もっとアレコレと長い年月のお話が聞きたかったです。

身も蓋もない表現をすると、アクション抜きの、映画『インディ・ジョーンズ』のような作品でした。
この作品は小説でよりも映像の方がより真価を発揮出来る気が。
ハリウッドで映画になったら、きっととっても見応えがありそう!!
隠し部屋や願い石が生まれるシーンはとっても綺麗だと思うんですよね。
posted by ミクロン at 01:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

タブロウ・ゲート 22巻&THE ART OF タブロウ・ゲート

画集が届いてからまとめて、と思っていたら、随分経ってしまいました。
まず22巻から。

なんか……パピュが可哀想な巻でした。
記憶の世界って、傍観するだけで過去を改変できる訳ではないので、辛いばっかりだなって。
でもイエイツの過去が判明したのは面白かったです。
創造人の為人も何となく見えてきた……ような気がしました。
現時点での印象は、サツキ+イエイツ÷2、です(笑)

そう、サツキの事なぞすっかり忘れておりました。
だって前巻に引き続き“女帝”が素敵なんですもの!
人形の生物化ってとっても楽しそう!
自作でなければならないようですが、それでも色々と汎用性が高そう。
今後が楽しみな能力でした。

では続いて画集。

今回の画集、Webサイン会という、地方在住者にとって大変有り難い企画がありました。
抽選ではあるのですが、そうそう現地へ行けない身としては、可能性があるだけ嬉しいのです。
実は私、今年は異常に運が良くってですね……信じられない事に……当選しましたッッ!!!
そうして待ちに待って届いた画集には名前まで入っていて二重に驚き&喜び!
凡庸な名前と漢字ではありますが、無駄に画数が多いので申し訳ない気持ちで一杯でしたが、幸せ……(*´Д`*)
TheArtOfTableauGate.jpg
サイン部分のみ。名前は上部に入っておりました。ありがとうございます……(*´艸`*)

肝心の中身はというと。
美しい、と言うより他ないです。
コミックス派ですので、いつも表紙以外はモノクロでしたし、何よりサイズが小さくて(笑)
今回は表紙も扉も大きなサイズで細部までしっかり見られてホント幸せです♪
プリンセスGOLD2010年6月号の表紙がとってもお気に入り。キャンパスアート買ってしまったほど。
初見のものも、22巻に掲載されていたものも、本当にしっかり網羅されていて大満足でした。

しかもカラー原稿のメイキングまで!!
メイキング大好きなんですよね。作家さんごと、それぞれ全く違いますし、思いも寄らない方法や手順だったりして。
思わず机の最奥のリキテを引っ張り出したくなりました!
……多分もう完膚なきまでに乾燥してると思われるので、思い止まりましたが……。
とにかくそれ程ワクワクしながら拝見しました!

あと、プリンセス2018年10月号掲載のextra episodeが収録されてました!
これは非常に嬉しかったです。
雑誌だけでは本当に勿体ないので……!!

とにかく心から満足の一冊でした。
きっと原画はこれ以上に素敵なんだろうなー、と気付いたので、いつか絶対原画展に行くと心に決めました!!
posted by ミクロン at 21:00 | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

GLAY LIVE TOUR 2019 -SURVIVAL- 令和最初のGLAYとHEAVY GAUGE

【GLAY LIVE TOUR 2019 -SURVIVAL- 令和最初のGLAYとHEAVY GAUGE】

今年はやたらめったら抽選運が良いです。
FC、モバイルと悉く落選でしたので、今回はダメかも……と覚悟したのですが、TAKUROのソロCD封入先行でギリギリ当選!

今回はどーしても、何が何でも参加したかったのです。
何故なら、私がGLAYのライブデビューしたのが2000年のHEAVY GAUGEツアーだったから。
アリーナ会場のスタンド席、その更に後方の隅っこで、初めて生のGLAYに触れたのでした。
そんな思い出一杯のタイトルだったものですから、参戦出来て本当に嬉しかったです♪

もう予想以上に最高でした!!
アルバム収録順通りのセトリ!!!
“HEAVY GAUGE”は大好きな曲の一つで、久しぶりに聴けて一気にテンションが最高潮に。
“Level Devil”では当時のGLAYを彷彿としつつ、“生きがい”ではその変わらなさも確認出来てホッとしたり。
何より、アンケートで毎回リクエストしていた“Savile Row〜サヴィル ロウ 3番地〜”が、このタイミングで聴けた事が何より嬉しく幸せでした!!!
今後、このブログに旅行記を書く予定なのですが、実は今年、初ロンドンへ行って来まして。その旅行のテーマソングが“Savile Row〜サヴィル ロウ 3番地〜”だったのです(笑)
さすがに季節柄“Winter,Again”は演らないかな、と思いましたが、これまたちゃんと演って下さいました(*´艸`*)
あのイントロを聴くと、否応なしに冬、それも2月頃の夜道が鮮やかに浮かびます。例え真夏に聴いても。
どの曲も、蘇る思い出と懐かしさで胸が一杯でした。

新曲もまとめて聴けて凄く充実でした。
今回どの曲も事前に聴いていなかったのですが“COLORS”がめちゃくちゃ良かったです!!
しかも『劇場版ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』の曲なんですね。これはやはり観に行かねば……。
FFとのコラボとか……本当、私の為にどうもありがとうございます!!!(爆)
ここ最近のTERUさん作曲の曲って、驚くほどドストライクで。“空が青空であるために”や“the other end of the globe”は本当に大好き。
この“COLORS”も、GLAYっぽさはきっちりあるけれど、それでいて物凄く今風でもあって。
7月の発売がとっても楽しみです! 勿論予約済みです!!

MCではやはりTERUさんの火傷事件に少し触れていましたが、大事ないようで本当に良かったです!!

ちょっとだけ不満と言うか、物足りなかったのが、グッズ。
かつてのヘビゲツアー当時はまだ子供で、チケット代を貯めるのがやっとだったので、グッズ等は一切買えなくって。
そもそもライブ自体が初めてだったので、諸々の相場が分からなかったんですよね。
その分今回はガツンと買うぞー! と気合を入れていただけに、種類が少なくて残念だったのでした。
ロゴデザインは懐かしくて良かったです♪

今回一緒に参戦した友人は、地元公演の時は必ず一緒に参戦してくれる有り難い存在。
当時も一緒にGLAYデビューを果たしており、こうしてまた、あの時ああだったね、と話しながら参戦出来たのは感慨深いものがありました。
それもこれもGLAYが長く活動してくれているから。
本当に有り難い限りです!
どうか今年後半のツアーも当たりますように……!!

最後にセトリです。
―――――
1.Just Fine
2.Young oh! oh!
3.HEAVY GAUGE
4.FATSOUNDS
5.SURVIVAL
6.ここではない、どこかへ
7.HAPPINESS
8.smmer FM
9.LEVEL DEVIL
10.BE WITH YOU
11.Winter,Again
12.Will Be King
13.生きがい
14.Savile Row〜サヴィル ロウ 3番地〜
15.COLORS
16.はじまりのうた
17.愁いのPrisoner

〈ENCORE〉
18.元号
19.Missing You
20.SHUTTER SPEEDSのテーマ
21.彼女の“Modern…”
22.誘惑
―――――
posted by ミクロン at 23:00 | GLAY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

七つの大罪 36巻

佳境の36巻。
エレイン完全復活で、とりあえず懸念の一つは解決して本当に良かったです。

気になるのは原初の魔神。
キューザックの意志の「メリオダスを魔神王にしてはならない」がちょっと気になります。
原初の魔神に戻る前に、一度どこかへ行ったりしていましたし……。

マエルが味方になったのは心強いですが……エスカノールの立場はどうなるんでしょうか!?
というか、「耐えられるだけの寿命が残っていない」って……そう言えば少し前から体調が悪そうな感じでしたよね。
血を吐いたりしていましたし。
恩寵を手放した事で回復すると良いのですが……。

今巻はヘンドリクセンがカッコ良かったー!
そしてあまり好きではなかったリュドシエルも好感度がガツンと上がりました。

そしてホーク!
もう可哀想だけど可愛い……!!
早くワイルドの事を教えてあげて欲しいです。

いよいよ対魔神王な感じですが、とりあえずは精神世界で退けて身体を取り戻さねば。
次巻でその辺りは決着かな〜??
今巻を機に全巻読み返してみたのですが……そうだった、キャスの正体が気になっていたんでした。ナナシ殿とか。
その辺りもそろそろお願いします……!!
posted by ミクロン at 23:00 | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

忘却城

『忘却城』
著:鈴森琴(創元推理文庫)

忘却城に眠る死者を呼び覚まし、蘇らせる術で発展した亀珈王国。過去の深い傷を抱えた青年儒艮は、ある晩何者かに攫われ、光が一切入らない盲獄と呼ばれる牢で目を覚ます。儒艮ら六人を集めたのは死霊術師の長、名付け師だった。名付け師は謎めいた自分の望みを叶えるよう六人に命じ、叶えられた暁には褒美を与えると言うが…。第3回創元ファンタジイ新人賞佳作入選作。
「BOOK」データベースより

ミュージカル『レ・ミゼラブル』遠征の際、ホテルで読む本を買おうと本屋をウロウロしていて、タイトルに惹かれて購入。
久しぶりの当たりでした。
普段から本は出来るだけ実店舗で買うように心がけていますが、こうした出逢いがあるのが最大の魅力だと思っています。
やっぱり本屋は素晴らしいですね〜!!

かなり綿密に創り込まれた重厚な世界観と、多種多様なキャラクター。
そして常に全体を覆う凍てつく影。
大変読み応えがありました。
恐ろしくテンポも良く、正直これは隙間時間に読む作品では無かったと後悔した程。
しっかり集中して一気に読みたくなる作品でした。
切れ切れで読んだので、正直まだ全体像を受け止めきれていない感じがしています。

忘却城=死者の霊魂が辿り着くところにある城、との事ですが、この城に関しての詳細な描写はあまりありません。
それでも何とも言えない存在感と不気味さがあり、常に意識させられます。
とにかく死者が重要な世界観ですので、常に影と冷たさがあり、雰囲気だけでも十二分に楽しかったです。

キャラクターもそれぞれしっかりしており、個性があって分かり易かったです。
お気に入りは勿論、金魚小僧!
とても哀れでとても可愛い。どういった形であれ、彼の幸せを願わずにはいられません。
象牙も健気で好感が持てるのですが、ちょっと中途半端な役所に感じました。
余談ですが、曇龍はパワーちゃん(『チェンソーマン』)のイメージで読んでいました(爆)

中華風の世界観かと思いきや、それはあくまでもベースであり、西洋風のスーツなども出てきたり、その幅は広いです。
専門用語も多いですが、それぞれ丁寧な説明があり、またそれらを冗長に感じさせない巧さもあって、苦ではありませんでした。

ただ少し難に感じたのは、構成でした。
推理小説で言う所の最後の解決シーンを盛り上げるためか、かなり序盤から意図的な説明不足が目立ちました。不足と言うよりは秘匿かな??
そのため、そもそもの儒艮達の目的も掴めず、彼らの行動の意図も図れず、共感もし辛く(その時々で断片的には出来るのですが)、ただ経過を眺めているだけになってしまいました。
各人の内面も、そういった狙いの為か描写が少ないように感じました。
眺めているだけなので先の展開に対してろくな予想も出来ず、それ故かえって解決シーンでも驚いたり、衝撃を受けたりという事が出来ず……。
その辺りがかなり勿体ないと感じました。

それでもその濃密な雰囲気とテンポの良いストーリーにドップリ浸って読めました。
世界観に浸れる、という作品は実は割と少ない気がします。
読後も半身をその世界に置いてきたような、現実から切り離されたような感覚を久しぶりに味わえました。
次回作も楽しみです♪
posted by ミクロン at 02:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする