2016年11月30日

死神の浮力

『死神の浮力』
著:伊坂幸太郎(文春文庫)

娘を殺された山野辺夫妻は、逮捕されながら無罪判決を受けた犯人の本城への復讐を計画していた。そこへ人間の死の可否を判定する“死神”の千葉がやってきた。千葉は夫妻と共に本城を追うが―。展開の読めないエンターテインメントでありながら、死に対峙した人間の弱さと強さを浮き彫りにする傑作長編。
「BOOK」データベースより


はい、こちらも療養期間中の一冊。
療養期間シリーズも残すところあと2冊です!!(笑)

前作『死神の精度』から随分経っての今作でしたので、結構忘れている設定もありましたが、概ね不自由なく読めたと思います。

長編なので、結構期待していたのですが……うーん、今作はちょっと私には合いませんでした……。
娘を誘拐の上殺害、というシリアスな設定に例の死神・千葉さんがやって来る……と言うのが違和感と言いますか、ちぐはぐ感がありまして。
描写はリアルで息苦しさがあり、重さもあって良かったのですが、その分、千葉さんが浮いてしまって……あ、“浮力”だからこれはこれでいいのかな??(爆)
本城に対するオチはとっても胸がすくものではありましたが、ちょっと非現実的過ぎて……。
千葉さんの存在自体が非現実そのものではあるのですが。
もう少し、リアルかファンタジーか、どちらかに寄せていてくれたら受け入れやすかったのかも。山野辺夫妻の心情がリアルだからこその違和感だったように思います。
そうして、そのチグハグ感が最後まで拭えなかったためか、途中で若干退屈さも感じてしまいました。

しかし山野辺父には胸を打たれました。

「俺は、そのことに気づいて、愕然としたんだ。愛おしい子供もいつか死ぬだなんて、そのことをまともに受け止められる親なんて、ほとんどいないはずだ」

もうこの台詞は泣きそうでした。
そして、山野辺父の恐怖の根源を理解出来た台詞でもありました。

「先に行って、怖くないことを確かめてくるよ」

この台詞にも胸を打たれました。
なんて優しくて温かくて、深い言葉なんだろうって。
山野辺父が非常に印象的な作品でした。
この心情は恐らく作者本人の心情なんでしょうね。
この二つの台詞の為だけに、読んで良かったと思えた作品でもありました。

あと、エピローグはとっても素敵でした。
これはとっても伊坂作品らしい、エピローグでした。
posted by ミクロン at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

ガソリン生活

『ガソリン生活』
著:伊坂幸太郎(朝日文庫)

のんきな兄・良夫と聡明な弟・亨がドライブ中に乗せた女優が翌日急死!パパラッチ、いじめ、恐喝など一家は更なる謎に巻き込まれ…!?車同士がおしゃべりする唯一無二の世界で繰り広げられる、仲良し家族の冒険譚!愛すべきオフビート長編ミステリー。
「BOOK」データベースより


こちらは入院中に読んだ作品。
日がな一日寝ているだけなのに気持ちが悪くて本も読めない、というのは非常に無駄な時間に感じて苦痛でした。
その反動が出たせいか、とっても面白く読めました(爆)

とにかく緑デミ(ミドデミ)が可愛くて可愛くて!!
車買うなら緑デミにしようと決めました!(今現在そんな予定はありませんが……笑)
とにかく車達が可愛らしいんですよねぇ。
事故を起こすとショックを受けるとか、いつかは廃車にされる事を分かっているとか、所有者に肩入れしてしまうとか。
そんな風に思われてるって知ったら、ドライバーも慎重に運転するんじゃないかな。
あと、電車を尊敬してたり、自転車とは話せなかったり。
とにかく可愛くって、もうこの作品を読んだ人は車買い換えられないんじゃないかなって思いましたね。
少なくとも私は一生買い換えられなくなりそう……(笑)

肝心のストーリー自体は、いつもの伊坂氏らしい優しさと非現実さの溢れるミステリーでした。
……はて、ミステリー分類でいいのかな?? まあ何でもいいや。
細見氏はカッコイイし、玉田氏も何だかんだ言ってイイ人だし。
亨が非常にいいキャラで、兄との掛け合いが微笑ましかったです。良いバランスでした。
正直結構な分量なので、途中で中だるみとかしちゃうかな〜、と危惧していたのですが全く大丈夫でした。
テンポが良いのと、車達が可愛いのとでサラッと読めました。
これまでの伊坂作品とのリンクも少しだけあって、ニヤニヤしたりも出来ました(笑)

とにかくラストにグッときました。
物凄いハッピーエンドで。
緑デミ良かったねぇって(涙)
こんなハッキリとしたハッピーエンドも久しぶりに読んだ気がします。
幸せ一杯の読後感を味わえました♪
posted by ミクロン at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

明治メランコリア 9巻

収束に向かいつつある9巻目。

今更ですが、ひなさんの病気って何なのでしょう。
結核ではなさそうだけど、死期が近い割に随分と元気だなって思いまして。何てバイタリティーがあるんだ、と。旅まで出来ちゃうし。どこかで出て来たのに忘れてるのかなぁ。ちょっと次巻発売までに読み返してみます!!

ここに来てようやく(?)津軽が頑張り中!!
ようやく鈴ちゃんと対等になった感じで、とっても微笑ましくて恰好良かったです!!
若干、と言うか、かなり鈴ちゃん有利な現状ですが(笑)

それに反比例するかの様に、またもやお兄さんが内向きになってしまうのが好対照に感じました。
またか、と思いましたが(汗)
でもようやく視野が広くなって、鈴への執着から解放されそうな感じになりつつある……ような気がしました。
そうなるといいなぁ。
そして手瑠璃じゃダメかな〜。可愛いのにな〜。

そして、すっかり忘れていたのですが平賀氏はどうなるんでしょう……。
平賀氏は婿ではなくて、純粋に秋山氏の養子になって後継者になれたらハッピーエンド……かなぁなんて思ってますが……(爆)

あとがきによると、11巻で完結との事。
どう収束していくのか楽しみです!!
posted by ミクロン at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

銀河英雄伝説 4巻

ビュコック中将のお出まし巻。
ブッ飛んだキャラデザじゃなくって良かった〜!
代わりにフレーゲル男爵がメレブ(ドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズ)に見えて仕方ないけどッッ……!!(笑)

やはり漫画だと、位置関係や戦闘の様子が目で把握出来るので理解し易いですね。
自分のイメージと違う事も勿論ありますが、こうだったのか〜、と思う事も多くて楽しいです。

猫元帥がムチャクチャ可愛くなっていていて堪らんです。
スポッと自らリュックに入るとか……堪らん!!
ユリアンもまだまだ子供らしくて可愛らしいですし。

そして……ホーランド中将って……ごめんなさい……全く覚えておりませなんだ(>_<;)
……いたっけ??
って位失念しております。本編じゃなくって外伝でしたっけ……うーん??
やっぱ読み直さなきゃダメかも……。
posted by ミクロン at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

シネマ歌舞伎「スーパー歌舞伎U ワンピース」

上演されていた時、ちょっと興味はあったものの、遠征する程ではないかと見送ったのですが、今回シネマ歌舞伎として上映されて本当にラッキーでした♪
事前に作品情報を全く仕入れずに観に行きましたが……面白かったです!!

ストーリーや演技がどうこうとかは最早全く関係なくって、何と言うか“エンターテインメントショー”として面白かったです。
“スーパー”が付いているとは言え、歌舞伎である事には変わらないだろうから……と覚悟もしていたのですが、もう全然堅苦しい所がなくって、私の様な「歌舞伎ってほとんど知らんな〜」ってタイプでも、何不自由なく楽しく観られてビックリしました。
“歌舞伎風のショー”と言った感じ。
内容的にはエース救出エピソードで、シャボンディ諸島でのケイミー救出〜エース&白ひげ死亡〜アマゾン・リリー帰還まで。
上映時間は2時間程度だったので、かなり端折られてはいたのですが、原作をご存知の方なら問題無い程度だと思います。

初っ端からチョッパーで爆笑。
まさかのぬいぐるみ登場とは……!!
しかもウソップが腹話術してるし、コナン的な名乗りだったりするし(笑)

現在(83巻)までのキャラの中で、一番好きなのがボンちゃんなのです、はい。
普段は可愛い&面白いけれど、肝心な所ではとってもイイ奴。
なので、ちょっとハラハラしていたのですが……もう素晴らしい再現っぷりでした〜!!
表情がボンちゃんそのもの!!
もうボンちゃんの実写なら、坂東巳之助氏以外に考えられないです!
断然ゾロよりもボンちゃん(笑)

インペルダウンのニューカマーランドは圧巻の濃さでした(笑)
イワさんは勿論ですが、何もかもが濃くって賑やかで、原作のイメージそのものに感じました。
そうそう、イナズマがやたらカッコイイのなんのって!!
中村隼人氏、サンジも素晴らしく恰好良かったし、惚れ惚れしちゃいました(*^v^*)
サンジは原作より更に恰好良かったと思うなぁ(笑)
なので、個人的にボンちゃんとの共闘シーンは一番のハイライトでした!
滝のような演出も豪快で驚きましたし。
あれは是非とも生で観たかったですね〜!!

エース救出のエピソードって、やっぱり人気なんでしょうかね??
お好きな方々には申し訳ないのですが、チョッパーのエピソードと同様、もう食傷気味でして(爆)
なのでちょっと退屈しちゃいそうかな〜、なんて思っていたのですが、登場人物が次から次で結構飽かずに観られました。
白ひげとジンベイは実に歌舞伎っぽくってハマってました。貫録があると言いますかね。
でもってエースが格好良かった。
てっきり歌舞伎役者さんのどなかたと思って観ていたのですが、まさかの福士誠治氏!!
あれ〜、麻之助(ドラマ『まんまこと』)こんなに精悍&彫が深かったっけ??
スタッフロールを見て、メイクって凄いなぁ……とちょっと唖然としました。
何であれ歌舞伎役者に交じっていても全然違和感がないし、エースらしい恰好良さがありました。
うん、実写エースはもう彼しかいないかも。

小ネタも随所に仕込まれていたり。
中でも一番笑ったのは青キジの「何じゃこりゃあ〜!!」ですね。
黄猿と赤犬も入れて頂きたかったなぁ。赤犬なら釜爺の「グッドラック」を希望します(笑)
途中、ルフィがワイヤーで吊られながら観客に手を振るシーンは、さながら某アイドルのような演出で、これまたビックリ。ルフィも可愛かったな〜。
そうそう、途中からルフィが田中真弓氏に見えて来ちゃったんですよねぇ。
頬骨の感じが何だか似ているように見えてしまって……(笑)

と、かなり濃い2時間でした。
当初思っていたものとは相当掛離れていて、世代を問わずワンピ好きであれば間違いなく楽しめるような作品になっていたと思います。
来年に再演されるそうなので、その際は是非観に行きたいです!!
posted by ミクロン at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする