2017年07月20日

メアリと魔女の花

予告編を見て、おっかなびっくり観て来ました。
ジブリ信者なもので、どうしたって点が辛くなってしまいますが、ご容赦下さい。
今作は原作を知らないもので、ちょっと的外れな発言もあるかもです。
では、ざっくり感想をば。

前2作に比べて、かなりバランスが良くなっているように感じました。
時間配分とか、構成面で。
アリエッティは起伏に乏しい見せ方で全体的に平坦な印象、マーニーはオチを全部口頭説明で物足りなさを感じていたのですが、今回はかなり改善されている印象を受けました。
ストーリーもシンプルで、余分なものは削って、スッキリ描けていたと思います。
ただ、世界観がちょっと分かりにくかったです。
そもそも何で引っ越してきたのか、とか、『魔女の宅急便』のように魔法や魔女の存在は珍しいけど、ある程度一般人にも知られているものなのか、とか。
それとない世界観の説明は欲しかったところです。

作画はさすが元ジブリスタッフ陣、と思わせる懐かしさがありましたが、それだけでした。
上へも下へも、横へも行けず、ただ“ジブリっぽい”。
ジブリをベースに世界名作劇場を足したような……(笑)
勿論、それはそれで全然悪くはないのですけれど、“ジブリっぽい”作風でやる以上、どうしたってジブリと比べてしまって……。
季節感があまり感じられなくて、結局春なのか夏なのかも曖昧でした。
バカンス云々という台詞があったので、夏なのかな??
でも皆さん長袖に上着も来ているし……ううーん。
トトロなら季節は勿論、時間帯までハッキリと感じられたのになぁ。
でもラスト付近の葉っぱのアップは見事でした。

“ジブリっぽい”のに世界観がどうにも俗っぽいのもチグハグ感がありまして。
俗っぽい、というのはちょっと正確な表現ではないのですが、多分、恐らく、宮崎駿だったらそもそも選ばないであろう作品だったんじゃないかな、と。
ハリポタブームもあって、魔法学校だなんて今の時代では既に陳腐な設定ですし。
ジブリの特徴って、現実からほんの一歩踏み出したようなファンタジーの作風だと勝手に思っているのです。
例えば、トトロやポルコ・ロッソ辺りが分かり易いかと。
あくまで個人的な感覚ですけれど。

メアリを始め、キャラクター達の魅力もイマイチ伝わりにくかったです。
メアリはモロ千尋タイプですが、千尋のように好感が持てなくて。
もう少しキャラをしっかり見せてくれたらなー、と思いました。
メアリの鈍くささばかりが目についてしまって……。ピーターも特徴のないキャラでしたし……。
可愛かったのは箒くん。一番好感が持てました。
猫達も可愛いは可愛かったのですが……どうしてもジジが過ってしまって(苦笑)

何だかネガティブ感想ばかりで申し訳ないです。
決して悪い作品ではないと思います。
むしろ、ちゃんと楽しめる人は多いと思います。
ただ、ジブリ信者からすると色々と切なくなる作品なのでした。

スタッフロールの最後に“感謝”として、高畑勲・宮崎駿・鈴木敏夫の三名の名前があったのにはグッときました。
そして「おわり」の文字にも。
米林監督はきっと、心底ジブリのファンだったんだろうなと、しみじみ感じて切なくなってしまって、少し泣けました。
posted by ミクロン at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

空棺の烏

『空棺の烏』
著:阿部智里(文春文庫)

人間の代わりに八咫烏の一族が住まう世界「山内」のエリート武官を養成する全寮制の学校「勁草院」に入学した少年、雪哉。次の日嗣の御子たる若宮派と巻き返しを図る兄宮派との間で激化する対立の中で次々と起こる事件に雪哉は立ち向かう。競争の中で少年たちは友情を深めていく――。八咫烏シリーズの第四弾。
「BOOK」データベースより


前作も面白かったですが、今作も尚良かったです。
段々と面白くなっている印象。今巻も電子版で購入したのですが、紙版で買い直すべきかまだ悩み中です(苦笑)

今作を一言でまとめると、雪哉無双の巻(笑)
作者の思い入れが雪哉に変わったような印象を受けるくらいに、とにかくひたすら雪哉無双で、ちょっと引いてしまいました(爆)
特に、終盤の勁草院上層部、尚鶴達を糾弾するシーンはちょっと若さが出たような印象を受けました。
雪哉の言い分も正論ではあるのでしょうが、あまりに一方的に過ぎる気がしまして。
とはいえ、あまりに公正キャラでも違和感があるので、ここは雪哉の真情が吐露されたという事なのでしょう。今後の成長に期待です。
その流れで、清賢と翠寛はとってもいい先生でした。
翠寛はスネイプ先生(『ハリポタ』シリーズ)っぽい人(八咫烏)でした。
どちらも教わりたく思う人物(八咫烏)です。

今作で一番良かったのは茂丸ですね〜。
一番人間(八咫烏)が出来てる。そして可愛い(笑)
次回以降も是非活躍して頂きたいなぁ。

前作から期待された猿との対決は、またも持越し。
でも猿にも対話可能な猿がいる様子。
対話不可の方が不気味で良かったのになぁ、と思いつつ。
小猿の「八咫烏を食べると馬鹿にる」と言う台詞は興味深いですね。

決着はどうやら次々巻の模様。
このまま進むと本当に1巻だけ外伝になってしまうのが気にかかりますが、次巻、次々巻で浜木綿は活躍するのかな??
来年の文庫刊行が待ち遠しいです。
posted by ミクロン at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊

正直……ショックでした……。

ば、バルボッサが〜(ToT)

最期までメチャクチャ素敵だったんですけど……最期ってぇぇぇ!!
いやいや……デッドマンズ・チェストの時のような可能性だって無きにしも非ず……とは思うものの、やっぱり最期なんだろうなぁっていう思いの方が強くて。
シリーズで一番好きなキャラだったので……。
でもカッコイイ最期で良かった気もします。
うぅ。

初っ端から取り乱しましたが、総じて面白かったです。
ウィルとエリザベスも登場しましたし♪

新キャラ達がちょっと弱かったですね。
ウィルとエリザベスの息子にも関わらず、ヘンリーの存在感が薄めでしたし、カリーナもエリザベスの個性にはやや及ばずなのが惜しい。
二人とも決して悪くはないのですが、なにせ濃い面子の作品なものですからねぇ。

ムルロイとマートッグ……でしたっけ、元英国海兵のコンビ。
相変わらずの二人に笑ってしまいました。
ラゲッティとピンテルが出なくなって淋しい分、彼らに癒されました。
パール号の面子でいうと、コットン君はどうしたのかな〜。コットン君のオウムも。
スクラムがすっかり馴染んでいたのは可笑しかったです。ギブスにハメられて喜んで船長になったのも、哀れだけど可愛かった。

若かりし日のジャックはとっても巧かったです。
どなたが演じていたのかは判らなかったのですが、しっかりジャック・スパロウでした。
彼でジャックの若き日の冒険のドラマを作って欲しいなぁ。

あとビックリしたのはジャックおじさん!!
メチャクチャ良い声だな〜、でもどっかで聴いた事あるな〜と思ったら、まさかのポール!!!!
聴いた事あるどころの話ではなかった……(゚Д゚;)
出演しているなんてちっとも知らなかったです。
キースに続いて今度はポールだなんて……な、なんて豪華ッ!!
え、でもキースが父親でポールがおじさんってなると……二人は兄弟かも!?
もうこうなったら次作で共演して頂きた〜い!!

ウィルがフジツボくっつけていたのには笑いました。
着々とダッチマン号の船長らしくなりつつあるんだなぁって。
ラストで呪いが解けたらしいのですが……ビルの姿はなし。ちょっと期待していたのに〜。
呪いが解けたのはウィルだけって事なのかな。呪いの種類が違うとか??
あ、じゃあ心臓も返してもらったのでしょうか??

ルビーの光で謎が解けるシーンは『インディ・ジョーンズ』を彷彿としました。
ああいう仕掛け、大好きです。
ポセイドンの槍が、もう少し説得力のあるアイテムだったら良かったな、とは思いましたが。
ところであの島の宝石、ちゃんと盗ってきたのかが気になるところです(笑)

肝心のストーリー自体はまずまずでした。
序盤がやや冗長で退屈でしたが、シリーズ通して同じような構成で、最早お決まりのパターンと言ったところ。
敵方も新鮮味に欠ける感がありました。
生身の時の方が敵方としては面白かった気もします。
でも夏休み映画としては充分に面白かったと思います。
このシリーズのファンなら尚更!
ただ、前作の伏線を回収していなかったのが引っかかりました。
次作で総仕上げになるのでしょうか。
今作のラストも次作への伏線でしょうし……。
次作も楽しみ……と言いたいのですが……バルボッサがいないなんて……!!
ちょっと複雑ですが、次作も期待しています。
出来ればバルボッサも再度復活して頂きたい……!!
posted by ミクロン at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

紐結びの魔導師

『紐結びの魔導師』
著:乾石智子(創元推理文庫)

紐結びの魔道師リクエンシス。紐をさまざまに結ぶことで、幸福をからめとるかと思えば、巧みに罠をしかけもする。あるときは腹に一物ある貴石占術師を煙に巻き、あるときは炎と大地の化け物退治に加勢し、またあるときはわがままな相棒の命を救わんとし、果ては写本の国パドゥキア目指し砂漠を横断する。コンスル帝国衰退の時代、紐結びの魔道師の活躍を描く好評シリーズ最新作。
「BOOK」データベースより


やっと読めました〜!
前作『オーリエラントの魔道師たち』の読後、あまりに過去作品を失念しているので、全作読み返してから読みました。
すると懐かしい面々も登場していて嬉しくなりました。
とりあえず、3作だけ感想を。

『紐結びの魔道師』
カッシの好感度が上がるお話(笑)
『夜の写本師』ではそれほど印象には残っていませんでしたが、こんなに憎めない人物だったんですねぇ。
その後〈炎の玉髄〉は霧の町へ届いたのかが気になるところ。
どこかにそんな記述があったのを私が見落としているのかもしれませんが。

『子孫』
割とありがちな話ですが、好みのお話です。
過去を振り返る切なさ、の様なものが非常に好きでして。
それも、振り返るほどの過去なぞ無いような時分からだったりするので、一体何が元なのかは分からないのです。感傷に浸るのが好きなのかもしれません。
そんな好みにピッタリのお話でした。
でも、こういった場合、一体どのあたりで諦めがつくのか、といつも疑問に思います。
子供や孫あたりまでは近いですし、愛着も喪失感も大きいだろうと思うのですが、ひ孫あたりになると、ある程度諦めがついたり、離れたり忘れたりする事もできるのかなって。
その辺りももう少し書いて頂きたかったなぁ。

『魔導師の憂鬱』
こちらも『子孫』に似たような、でも未来に希望を見出すお話。
今度はケルシュが登場。
ケルシュってキアルスの記憶を持っているんですよね。
むむむ、こんがらがりそうだけど面白い。
それにしても魔導師の寿命ってどれ位あるんでしょう。力の強さによって違うのかな。

* * * * *

今作は派手な事件が起こったりする訳でもなく、リクエンシスの人生を垣間見るスタイルでしたが、それもまた細やかで面白かったです。
ただ、どうも時系列がこんがらがってしまっているので、次の文庫新刊までには整理しておきたいところです(苦笑)
posted by ミクロン at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

FINAL FANTASY XV ガーディナ渡船場〜レスタルム手前

現在、約20時間程プレイ。で、Lv.26。

覚悟も決めたし、船に乗ろう!
と思っていたのですが、乗れませんでした……!!
張り切ってたのに。
しかもタダでお高いホテル泊まれたなんてッ!!
経験値2倍の憧れのホテル……お船に乗るのに万全を期そうと思って、直前でキャンプなんぞしたものですから経験値0でした。
も、勿体ない〜(>_<)

突然の訃報!!
映画観ておいて良かった、と初めて思いました。
そうかー、私が暢気に魚釣ったりお使いしたりして徘徊している間に王都とお父さんがね……って、これじゃあまるでバカ息子っぽいじゃん!!
知ってたらもう少しキリッと冒険してたのに。キリッと!

ともあれここでチャプター制だった事に気付きました。
めでたくチャプター2へ突入。
チャプターはやっぱり13までなのかな。元ヴェルサスって事で。

王都を見に戻るイベントが進行しましたが、まだこんな近郊でウロウロしていたなんて自分でビックリ(苦笑)
あの最初の“Stand By Me”のシーンて王都出た直後だったのね!!
……か、カッコ悪いなぁ……。
それはともかく、王都を遠目に見るシーンはやるせないものがありました。
何とも言えないやるせなさはFF7Intのミッドガルを見るシーンを思い出しました。

皆しょんぼりして可哀想、なんて思ったのも束の間。
またもやモブ探し&キャンプ三昧に戻るのでした(爆)
もう少しイベント長くても良かったなぁ。立ち直りが早く感じちゃいました。

コル将軍と合流。
映画で裏切ってた人だっけ、と一瞬勘違いしたのは秘密です(汗)
強制的に一緒にキカトリーク塹壕跡へ。
って、入り口でお別れ!?
ここからが助っ人の力の見せどころなのに、などと思いながらも、いざ!

あれ?
なんか海があって先へ進めないよ……??
地図では奥がありそうな感じで。
ここで約20分程ウロウロ。
どうしても進めなくて音を上げて、とりあえず後回しにして結局サブクエに専念(笑)
後日、攻略サイトさんのお世話になりました。
ネタバレが恐ろしくっておっかなびっくり検索したら、どうやらバグだった模様。
リベンジで引き返したらちゃんと進めるようになっておりました。やれやれ。
進めない程のバグは聖剣2以来かも……(笑)

そして早くもチャプター3になりました。
マップが広ーい!!
あんまり広いのでちょっと面倒だな、と思わなくもないですが、とりあえず行ける範囲は巡ってみようとドライブ中。
チョコボに乗れるようにもなりました♪
チョコボ可愛い〜(*^^*)
でも、乗ってる途中で襲撃されてチョコボを見失ってしまう事、数回(涙)
呼び寄せる事は出来ないのかな。チケット勿体ない……ちょっと説明書読んでみます。

釣り場を見つけると、ついつい徹夜させて釣ったりしてます。
なかなかスキルレベルが上がらないので、ここぞとばかりに(笑)
操作はシンプルだけど難しい……。

文句も言いつつまだ結構楽しめてます。
ただロードが長いのが難でしょうか。
車に戻ったり、ファストトラベルとかの時ですね。
そんな時は初代PSを思い出してぼんやりしております(笑)

あ、あと一日の時間が短いのもちょっとストレスです。レベルが低いせいか、まだまだ夜は行動が制限されてしまうので……。シガイに会ったら一目散に逃走してます。
LRFF13みたいに時間を止められるように……なったらいいのになぁ。
ちょっと気づくのが遅れたのですが、かなり昔、PSでは時間による昼夜変化のプログラム(?)が出来ないって、読んだような記憶があるのですが、さすがに現在では出来るようになったんだなぁ、と進化に感動しました。

さてさて、この調子だとレスタルムへ到着するのはプレイ時間が30時間過ぎた頃になりそうな予感です……。
posted by ミクロン at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする