2017年02月19日

王家の紋章 62巻ドラマCD付き限定特装版

待望のドラマCD続編に、迷わず購入!
そしてやっと聴けましたー!!
なので、今回はコミックスはスルーしてドラマCDの感想のみです!

今回は最初の婚儀〜アッシリア脱出まで。ボリューム満点で充実の内容でした。
それに伴って新たに登場のキャラ数が凄い(笑)
これでレギュラー陣はほぼ総出演ではないでしょうか??
豪華過ぎる……!!
ではでは、前回同様キャラごとにザックリ感想を。

【キャロル】
前回と変わらずのテンションぶりに、さすがに疲れました……。
可愛いんですけど……ちと鬱陶しい(爆)
原作ではノイローゼっぽくてもさほど気になりませんでしたが、声が付くとリアルな分、しつこく感じてしまったのでした……(苦笑)
もう少し普通の会話シーンがあったらメリハリも付くし、キャロルの良さが出るのになーと思わずにはいられません。
やっぱりアニメ化するしかない!!

【メンフィス】
今回はあまり良いとこナシのエピソードですが、絶叫ぶりが凄い。
前回はかなり知的な印象で戸惑ったのですが、今回はより原作イメージに近くなったように感じました。特に絶叫ぶり(笑)
でもそこがまた恰好良くって……!!
ドラマCDに限って言うと、ちょっとメンフィス派に戻っちゃいそうです。

ただ一つ、非常に個人的な好みですが、惜しかったなぁと思ったのは、アルゴンとの一騎打ちのために地下牢を出るシーン。
アッシリア兵にキャロルの容体を尋ねるあの台詞は、もっとグッと抑えた感じで聴きたかったです。
あのシーン、いつもの直情型のメンフィスと違って、感情を押し殺してギリギリ自制心を保っているような、いつにない悲痛な感じが印象的で好きだったんですよね〜。
以上、個人的な要望でしたー。

【イズミル】
やっぱりちょっと年齢が……(笑)
でもこちらも前回より原作イメージに近くなった印象でした。

今回は迫力と言うか、圧力が凄かったですね〜。有無を言わせぬ雰囲気がしっかり出ていて素晴らしかったです!
そういやこの頃の王子ってまだ冷酷で非情なイメージだったのを思い出しました。
私が王子派に傾いたのはもっと後からでしたし。
キャロルを池に突き落とすシーンなんて、原作で読んだ時は、成程上手い事考えるな〜、程度にしか思いませんでしたが、今回聴くと、うわ最低だなコイツ……と思ったり(笑)
でも格好いいのがまた何とも……!!
やっぱり声が付くと……以下同文(笑)

次回があるなら、もう少し優しくなった後の王子が聴きたいです〜!!
ミノア編の王子がとっても好きなので、その辺りを是非とも!!

【ウナス&ルカ】
2人ともビックリする程イメージ通りでした!!
ウナスはひたすら真面目で誠実そうな感じが、ルカはキャロルにはちょっと弱い感じが非常にお上手で。
この2人ならバビロニア編も是非聴きたいですねぇ。

【カレブ・ハサン】
こちらのコンビもまぁ、驚くほどイメージ通り!!
もっと出てきて頂きたかった!!
やっぱりバビロニア編……以下同文。

【アルゴン王】
イメージしていたよりも上品でしたー!(失礼)
正直、もっと卑俗なイメージだったので……(^_^;)
でもすっごく説得力が出ていて良かったです!!
そうですよね、卑俗なだけの人間じゃ一国の王として人望を得難いですもんねぇ。
非常に魅力的な敵キャラになっていて良かったです。

【その他】
ジミーもブラウン教授もキャロル母も、もう皆イメージ通りで非の打ちどころが無いです。
ライアン兄さんがイメージしていたよりもやや若く感じましたが、よく考えたら原作でもかなり若いんですよね。
現代の面々が多数登場して新鮮でした。こうなったらアフマドも登場して欲しい……!!
あとやっぱりアイシス様!
相変わらずお美しい!!
出番が少ないのだけが不満です。やっぱりバビロニア編……以下同文。

* * * * *

新登場キャラ達が揃いも揃ってイメージ通りで驚きました。幸せ過ぎる〜(*^v^*)
もう豪華過ぎて鼻血出しそう……。
特装版じゃなくって、普通にドラマCDでリリースされてもこのキャストなら即買い間違いナシです。
なのでどうか続編をお願いします〜(>o<)/
勿論アニメ化でも構いませんっ!!(笑)
posted by ミクロン at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

第68回さっぽろ雪まつり

基本的に地元民がスルーする一大イベント、雪まつり。
でも今年は特別に足を運びましたよ〜!!
そう、FF7の雪像っっ!!!

【大雪像】決戦!雪のファイナルファンタジー
Yukimatsuri_FF703.jpg
夜なので画質が粗い粗い……(T_T)

20年前は見に行けなかったので、今回は何度も見に行って来ました♪
3Dマッピングを動画で撮影にも挑んだのですが、どうにも上手く撮れずに断念しました……。YouTube見ます(笑)
内容自体は“FF7超ダイジェスト”みたいな具合。
テンポ早すぎて1度では把握しきれませんでした(汗)
バスターソードのマテリア装備や、黒マテリアの表現が良かったです。格好いい。

ちょこんとオフィシャルショップまで!
Yukimatsuri_FF701.jpg
こうして一般の空間(?)で見ると、ウォールスクロールが欲しくてたまらなくなりました。何とか耐えましたが。クラウドめっちゃカッコイイだもーん!!
アルトニアとかで何度も見ていたんですけどねぇ(^^;)
ACクラウドのプレイアーツ改もありまして、こちらも欲しくてたまらなくなりましたが、グッと我慢。フィギュアはもう買わないもん。
そういえば、7個だけ野村哲也氏のサイン入りがあったそうですが、7個って……!!(涙)
勿論、即日完売でした。←ダメ元で初日の夜に行ってみた(笑)
仕方ないのでサインを激写(笑)
Yukimatsuri_FF702.jpg

最後に20年前、第48回雪まつりの際の画像を。
公式のポストカードです。見に行けなかったので、代わりに買ってもらったのでした。今年も買おっと。
当時はポリゴンクラウドを再現……なのかな。チョコボ可愛い。
Yukimatsuri_FF704.jpg
雪像になったのって、FFシリーズでは7だけなのかな??
今年FF30周年って事なので、来年の雪まつりでも是非30周年のド派手な雪像を作って頂きたいです〜♪

そして無性にFF7プレイしたくなりました。
PS VITA版買おうかな……でもFF15がまだ未開封なのに〜!(>_<;)
タグ:FF7 FF 雪まつり
posted by ミクロン at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

封神しない演義 2巻&3巻

3巻出てる、と思って購入したら、2巻を買っていませんでした(^^;)
なので2冊まとめて。

太乙真人登場ですね!
もうどの作品を読んでも哪吒とセットで登場ですね。そしてやや過保護っぽい感じなのも定番(笑)
あと、天化と蘇全忠と妲己!
天化は作品によって個性がバラバラで面白いですね。
『L.G.S』ではそりゃもう憐れな設定でしたし、それぞれ作り手の自由にしやすいキャラなのかも??
こちらの作品では飛虎っぽい感じのキャラで、どうとでも動かしやすそうで、今後長く登場しそうな雰囲気。

そして蘇全忠と妲己。
蘇全忠が表だって出てくるのは結構珍しい気が。
よく考えたら妲己の家族なんですよね〜。……兄だったか弟だったか忘れてしまいましたが……(汗)
どうやら妲己=蘇全忠のようですが……双子なのかな〜??
妲己(と名乗っている方)は、さきの事情をかなり正確に理解している風でしたが、さきの母親と面識があるのかな、と予想してみたり。前回の封神計画(二代目太公望の時)にさきの母親が封神の世界に来ている、というのが今のところの私の予想なので……。
いやでもそうしたら妲己の年齢が合わないですねぇ(笑)

って、楊戩はまだですかー!!?
まさか妲己が楊戩の変化でした……なーんて事はないですよね!?
ちょっとフジリュー版が焼き付いてしまっていて、ついつい邪推を(笑)
次巻で明かされるのを待ってます!!

この作品に限らず、やっぱフジリュー版の影響って凄いなぁ、と思いました。
すんごい今更ですが。
そもそも“太公望”の呼称だってフジリュー版の影響だと思うんです。
原作では基本的に“姜子牙”と呼ばれていますが、既に『封神演義』と言えば主人公は“太公望”で浸透しているんじゃないかなぁ。
あと、優秀設定もフジリュー以降かなって。
歴史では、六韜三略とかで(本人の書ではないそうですが)天才軍師な感じですが、『封神演義』内では大して……ねぇ。崑崙から体よく追い出されるし、何回か死ぬし、老人だし(爆)
若くて優秀で十二仙とも対等(っぽい)イメージを打ち出したのは斬新だったな〜、と本当に今更思いました。

う〜ん、やっぱりどうしてもフジリュー版と比較しちゃうなぁ。
でも、それだけ楽しみにしてるって事でご勘弁をば。
このままどんどん独自展開を繰り広げて頂きたいです!!
posted by ミクロン at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

スクエニカフェ 『DQM-J3 プロフェッショナル』コラボ

“DAVID BOWIE is” 遠征のついでに、やっとスクエニカフェへ行けました〜♪
1月の末なので、もしかしたらFF7コラボが来るかも! と一縷の望みを抱いていたのですが、まさかのDQコラボでした(^_^;)
いえ、別に嫌いなワケではないので、良いんです。単にプレイした事がないだけなのです。
そんなこんなではありますが、行ける時に行かなきゃと思いまして、土曜日の真昼間にも関わらず思い切ってお一人様で突撃して参りましたー!!

店内は思っていたよりもやや狭め。
DQトークはうすぼんやりとしか出来ないので相席だったらどうしよう、と思いながらも運良く空きのある回で相席は免れました♪

まずはドリンク。
HP回復したかったので『世界樹のしずく』をチョイス。
SQEN Cafe01.jpg
運良くコースターは気になっていたものでした(*^^*)
可愛いー♪

で、丁度ランチタイムでもあったので、コレ。
SQEN Cafe02.jpg
『マドハンドのキーマカレー』う〜ん、不気味。
見た目とは裏腹に、スパイシーで美味しかったです♪
マドハンドがとってもサクサクで気に入ったので、もう一体生えてても良かったな〜、なんて(笑)

時間的にもお腹的にも2品で終了。
その内“ルイーダの酒場”へも行ってみたくなりました♪

グッズコーナーもありましたが、アルトニアに比べて若干種類は少な目な印象です。
お目当てのグッズが置いていなかったので、急遽アルトニアにも寄って来ました!

SQEN Cafe03.jpg
1,500円以上のお買い上げって事で頂いたクリップ!!
クラウディウルフだー!!
サボテンダーとモーグリは頂いた事があったのですが、これは非常に嬉しかったですねぇ。むしろお金払っても良い位!
神羅版もあるらしいので、いつか頂きたいものです。

で、今回のお目当てがコチラ。(右下はスクエニカフェで頂いたコースターです)
SQEN Cafe04.jpg
とにかくカナヘイ氏の描いたキャラが可愛くて可愛くて……!!
アクリルキーホルダーは全種類欲しい位。
迷いに迷って、とりあえず北海道と埼玉を購入しました(埼玉はお土産として渡したため、写真撮れませんでした……)。
うーん、やっぱりもっと買っておけば良かったかなぁ。
モルボルくんワッペンは買う予定皆無だったんですが、実物を見たらあんまり可愛いので思わず衝動買いしてしまいました。
うぅむ、何に付けようかな……。

久々にオタク街道を驀進した感のある1日でした(笑)
posted by ミクロン at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

DAVID BOWIE is

先月、1月28日に“DAVID BOWIE is”へ行って来ました。
デヴィッド・ボウイ大回顧展との事で、これはもう行かねばなるまい! と決心して日帰り遠征を敢行。
会場が“倉庫”とついていたので、てっきり寂れた風な建物かと思いきや、とっても小奇麗な建物で面喰いました(笑)
モノレールの天王洲アイル駅からほど近く、迷わず辿り着けました♪

DAVID BOWIE is01.jpg
大きなパネルで、一目瞭然。でも入口は分かりにくかったです(汗)

DAVID BOWIE is02.jpg
裏(?)側。

『ラビリンス 魔王の迷宮』の小物を見られたのが非常に嬉しかったです!!!
これが見れただけで、遠征した甲斐がありました。
嬉し過ぎる〜(T_T)
ちょっと余談ですが『ラビリンス 魔王の迷宮』、“30周年アニバーサリー・エディション”とかって発売になっているんですね!
全然知らなかった……20周年なんて無かった気がするのに……。
既に通常BD版と、“コレクターズ・エディション”と『ダーククリスタル』とのセット版“アニバーサリー・コレクション”を所持しているんですが……どうしよう。
しかも“メモリアル・エディション”とか4K版とかもあるみたいで……もうどれを買ったら良いのやら……(涙)
でもとりあえず、どれかは買います。
特典でTV放送版の吹替が収録されていたら全部即買いしちゃうんですけどねぇ(溜息)

あと、一番最後の展示の、バースデーメッセージ。
これはもう泣けました……。なんて素敵なメッセージ。
自分の誕生日のたびに見たいなって思いました。
でも彼が旅立った日が私の誕生日なので、もうただひたすら悲しくて切なくて……。
正直、彼がいなくなってしまったという実感がないままだったのですが、このメッセージを見て、ようやく実感出来ました。

全体的には、ほんのちょっぴり物足りなく感じた内容でした。
直筆の歌詞や本物の衣装などが見られたのはとっても嬉しかったです。
映画等では割と華奢なイメージだったのですが、衣装を見る限りそうでもなかったんだな〜、とか新たな発見もあったり。
でも、もう少し本人のインタビュー映像とかが見たかった気がします。
私は、他者がどのように彼から影響を受けたかのか、よりも、本人の思いや言葉の方を知りたかったので、『他者から見たデヴィッド・ボウイ』的なものが多い気がして、ちょっと物足りなく感じたのでした。
贅沢な注文だって事は自覚しております(苦笑)

あとグッズ!!
もう少しデザイン、何とかならなかったのかな……(爆)
沢山買うぞ〜!! と意気込んでいたのですが、結局ボールペンを1本買うだけに終わってしまって……。
版権とか色々問題があったのかなぁと思いつつも、こちらもちょっぴり残念でした。

あれこれ思う事もありましたが、それでも行って良かったです!!
むしろもう一回行きたい位です。
日本まで巡回して頂いて本当に感謝です!!
posted by ミクロン at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする