2020年03月31日

終わりなき夜に生れつく

『終わりなき夜に生れつく』
著:恩田陸(文春文庫)

索条痕のない窒息死体が連続で見つかった。この殺人事件に、あの男は関与しているのか。雑誌記者が、あとを追う。特殊能力を持つ者たちが覇権を争う「途鎖国」でやがて犯罪者の王として君臨する神山が、闇に目覚める瞬間を描く(表題作)。傑作ダーク・ファンタジー『夜の底は柔らかな幻』へと続く鮮烈な作品集。
「BOOK」データベースより

『夜の底は柔らかな幻』の前日譚にあたる短編集。
面白かったです!
読了後は思わず『夜の底は柔らかな幻』を読み返した程です。
ちょっと設定が変わったような印象も受けましたが気になるほどでもなく。

やっぱり軍勇司は良いキャラですね〜。ますます好きになりました。

葛城はちょっと……と言うか、かなり本編と印象が違いました。今作だととっても素敵でビックリ。
やっぱりイロの副作用で変調をきたしたのでしょうかね。とてもあれ程執着するようなタイプとは思えない。
あと、藤代有一との関係がイマイチぼんやりしたままだったのは残念。
本編でもさほど重要な関係とは思えませんでしたし、そもそも本編では藤代有一は名前しか出てなかったような……。
この辺りでもう一話あると嬉しいです。

本編では謎に包まれたままだった神山は、案外普通の印象……(爆)
でも得体の知れない感じは本編同様で、もうちょっと詳しく読みたいところでした。

いつか後日譚も書いて頂きたいところ……ギンナンのその後が気になって仕方ないのです、はい。
posted by ミクロン at 21:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

とるとだす

『とるとだす』
著:畠中恵(新潮社文庫)

若だんなの父、藤兵衛が倒れた!長崎屋の大黒柱の危機に、妖たちも大慌て。一太郎は、父の命を救うため、薬種屋たちのいさかいに飛び込み、蜃気楼のなかに迷い込み、恐ろしい狂骨の怨念につきまとわれながら、ついには神が住む常世の国を目指すことになるのだが―。八面六臂の活躍を見せる若だんなは父を助けることができるのか!?不思議と怪奇に彩られた、スリル満点のシリーズ第16弾。
「BOOK」データベースより

毎年、年末年始に読むのが恒例になってきました(笑)
こちらもそろそろ見切りを付けようか悩んでいるシリーズですが、読むとそれなりに面白いので困ります。

今回印象に残ったのは『長崎屋の主が死んだ』。
久々に第一作目の『しゃばけ』を彷彿とする作品でした。
狂骨の不気味さがとっても良かったです。
『しゃばけ』以外、あまりホラー要素のある作品は少なかったので、久々にピリッとしていて新鮮味がありました。

シリーズとしては、徐々に進んではいる印象。
そう遠くない内に、『えどさがし』に繋がるお話が読みたいものです。
posted by ミクロン at 23:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月16日

FINAL FANTASY VII REMAKE DEMO

突然の体験版発表で、なかなか時間が作れず、ようやくプレイ出来ました〜!!!!

思っていたよりず〜っと良かったです!!
何か、もっと無駄にカッコつけまくりな雰囲気を想像していたのですが、ちゃんと原作(FF7)のニュアンスが残っていて物凄くホッとしました。
リアルな世界を描けるようになった分、当時のちょっぴりコミカルな雰囲気(グラフィック由来の面も大きかったと思うのですが)はどうなるのかなって危惧していたのですが、不自然さがほとんど感じられない、とてもいいバランスになっていたと思います。
バレットの可愛らしさがちゃんとあったのが嬉しいですね。原作よりもちょっと喧しいけれど(笑)
ジェシーは可愛らしいし、ウェッジは和むし、ビッグスはカッコイイし。
何よりやっぱりクラウド!
物凄〜く懐かしい!! それくらい違和感がなくて。
原作よりも若干雰囲気が柔らかいような、より親しみやすいような感じになっていて、ますます素敵。

原作の体験版通り、魔晄炉を爆破した所で終わりなのも懐かしかったです。
しかし残り時間20〜30分なのには驚きました。確か当時の体験版は3分だったような??
ビビりなので30分を選んだらバレットに罵倒されました……本編では20分にするぞー!!!

バレット達が魔晄炉を爆破した事実は変わりありませんが、その規模を巨大にした(被害を大きくした)のは神羅だった、って設定になっていたのには驚きました。今後のストーリーもかなりニュアンスが変わってきそうでワクワクです。
でもあの設定は結構好きだったんですよね。今の時代としは不謹慎極まりないですけれど。
終盤でのケット・シーのバレットに対する糾弾で、そう言われるまで、それがどういう事だったのかっていうのを考えてもいなくて、当時の自分には物凄く新鮮でした。
何年後になるのか分かりませんが、あれもしっかり再現して頂きたいなぁ。

概ね期待以上でとっても楽しかったのですが、戦闘が……(ToT)
見栄張ってノーマルモードで挑戦したのですが……ボタンが覚えきれず大変な目に(爆)
そして多分FF15の操作方法が手に残っていて、何度も押し間違えてオロオロしたり。
特にボス戦は苦戦しましたねぇ。ポーション使い切るかと思いましたよ……。
でも戦闘中の会話も面白くって、そこは楽しかったです。
ブレイバー凄くカッコ良かったですし!

何となく不安を抱えてましたが、体験版をプレイした限り本編にも期待できそうな手応え。
いよいよ来月発売(予定)ですので、もっとしっかり戦闘に慣れておこうと思います。
ますます楽しみになってきました!
posted by ミクロン at 01:00 | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

蜜蜂と遠雷

『蜜蜂と遠雷』
著:恩田陸(幻冬舎文庫)

【上巻】
近年その覇者が音楽界の寵児となる芳ヶ江国際ピアノコンクール。自宅に楽器を持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女としてデビューしながら突然の母の死以来、弾けなくなった栄伝亜夜20歳。楽器店勤務のサラリーマン・高島明石28歳。完璧な技術と音楽性の優勝候補マサル19歳。天才たちによる、競争という名の自らとの闘い。その火蓋が切られた。

【下巻】
2次予選での課題曲「春と修羅」。この現代曲をどう弾くかが3次予選に進めるか否かの分かれ道だった。マサルの演奏は素晴らしかった。が、明石は自分の「春と修羅」に自信を持ち、勝算を感じていた……。12人が残る3次(リサイタル形式)、6人しか選ばれない本選(オーケストラとの協奏曲)に勝ち進むのは誰か。そして優勝を手にするのは――。
「BOOK」データベースより

やっと読めました〜。
評判通り、面白かったです。
久々に素直にそう感じた作品でした。

やっぱりこういう作品は抜群に巧いなぁと感じました。
地に足着いた描写は本当に臨場感があってグイグイ引っ張られてしまいます。
本当に音が聴こえる気がするような没入感だったり、会場の独特の緊張感や一体感がひしひしと感じられました。

ストーリーも設定も、真っ直ぐでシンプル。
にも関わらず、ここまで長い作品を飽く事無く一息に読ませてしまうのは、さすがと言う他ありません。
こういう作品があるから、なかなか見切りをつけられないんですよね……(苦笑)

ただ、私は同じ恩田陸作品の『チョコレートコスモス』が大好きでして。
なので、今作はどうしても焼き直しに感じてしまい、それだけが残念でした。
題材こそ違いますが、基本的にそっくりだと思うんです。
あと『のだめカンタービレ』も(似てるとかそういう意味ではありませんが)時々チラついてしまいました(笑)
あのピアノへの情熱というか、音楽への信頼というか、そういうのがとっても素敵だなって。

今作が思っていた以上に面白かったので、まだ積読中の作品にも期待度が上がってしまいました♪
posted by ミクロン at 22:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

七つの大罪40巻&外伝集〈罪実〉

もう40巻にもなるんですね……。
どうりで本棚が……(苦笑)

まずは40巻。
今度こそ本当に魔神王を撃破。
でも、その代償のようにエスカノールが死んでしまって……とっても悲しい。
しかし悲しむ間もなく、今巻は怒濤のマーリンの巻でした。
ようやく彼女の過去が語られてスッキリしたのは良いとして……なんか黒幕感が凄い!!
これって本当に次巻で完結するのかな?? って位、濃いお話でしたし……。

5月が待ち遠しくって仕方ないです!!!

そして外伝集。
新刊の棚、40巻の隣に並んでいたので、何も確認せずに購入。
読んでビックリ、全て再録でした……(゚Д゚)
本編を全巻買ってる身としては結構ガッカリ。
勿論ちゃんと確認をしなかった私自身のミスですけれど。
でも『祭壇の王』をキチンとまとめて読めたのはとっても良かったです。
posted by ミクロン at 01:00 | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする