2018年09月19日

うずら大名

『うずら大名』
著:畠中恵(集英社文庫)

泣き虫でへっぴり腰の吉之助。東豊島村の豪農で名主の彼は、ある日、辻斬りに襲われたところを、一羽の鶉とその飼い主に助けられる。飼い主の名は有月。自称大名で、吉之助とはその昔、同じ道場に通った仲だった。一方、江戸では、大名に金を貸す大名貸しと呼ばれる豪農らが、次々と急死。有月が真相を探ることに……。二人と一羽の異色トリオが、幕府を陥れる謀略に挑む!新たな畠中ワールドの開幕。
「BOOK」データベースより


過不足無く面白かったです。
骨子は似たような感じなのですが、最後まで無難に楽しく読めました。

現実にどうだったのかはさておき、畠中氏の描く江戸はとっても窮屈に感じます。
登場人物も世の中に対する不平不満ばかり。
かといって何をするでもなく、諦念を抱いて枠の中で長いものに巻かれて生きていく、といったパターンがお決まりになっているような。
そろそろ愚痴っぽい作風にも辟易してきまして、現在『しゃばけ』シリーズ以外の新刊は敬遠しているところでした。
ですので『まったなし』と『若様とロマン』は未購入だったり。
『しゃばけ』シリーズは妖達の突き抜けた非常識さ(笑)でバランスが取れているので、ウンザリしたりしないのです。
今作は単発モノのようでしたので思わず買ってしまいましたが……そろそろ違ったものも書いて頂きたいなぁ、なんて。
個人的に畠中氏の作品の中では、現在のところ『百万の手』が一番好きなので、他のジャンルにも期待しております!
と、言いつつも、ついつい手にとってしまうのは、どの作品も安定していてそれなりに面白いのが原因なんですよねぇ(笑)

タイトルの割に、ウズラはあまり重要ではありませんでした。
多少は活躍しますが、どちらかと言うとマスコット的な役割の方が大きく、可愛い事は可愛いのですが、ちょっと勿体なかった気もしました。
でも、最近はどの作品もあまり印象に残らないのですが(時代設定もキャラクターも似たり寄ったりなので……)、今作はウズラのお陰で、ちょっと印象に残ったかも。
posted by ミクロン at 01:00 | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

七つの大罪 番外編集〈原罪〉

遅ればせながら入手です。

……え、『エジンバラの吸血鬼』収録されてる……!!!
そんな……それが目当てでDVD買ったのに……!!!
こんな事……あるんですね……ショック……(ノ_-;)
手元にあるDVDはアニメ化のご祝儀だと思う事にします……(爆)

そして読み切り版『七つの大罪』……あれ?? 短編集と同じ……。
マジですか……。
半分以上が既出作品とは……期待して購入しただけにガッカリ。

その他は面白かったです!
特に人気投票発表漫画!
すご〜く意外なランキングで面白かったです。
オスローが入ってたのは嬉しい(*^-^*)
今また投票したら、上位以外は全然違う結果になりそうな気がします。
今度は投票してみたいな〜!
posted by ミクロン at 22:00 | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

FINAL FANTASY XV 孤峰鳴動ランガウィータ&ルシスに眠る脅威

やったー!!
遂にトロフィーコンプリートです!!

敬遠していたアダマンタイマイ戦。
とにかくアダマンタイマイのHPが多くて多くて多くて。
削るのが大変でした。
イマイチ効率の良い戦い方が分からないまま、地道に削って討伐。
パリィが良いのか、目を狙った方がいいのか分からないままひたすらコツコツコツコツ……。
イオス時間で丸一日以上かかりました……。
でもこれでトロフィーはコンプリート♪

そして。
面倒で面倒でずっと放置していたコースタルマークタワー。
予想通り、キツかったです……!!!
事前に攻略サイトさんを熟読し、どうにか手持ちアイテムでエレクトン×3とフリーズ×3をそれぞれ2つ作って、あとは連鎖のガ系を炎・雷・氷それぞれ1〜2つを持参。
ケアルも威力は脆弱ながらも、炎・雷・氷それぞれ準備しました。

鉄巨人×4はフリーズを使ったお陰か、覚悟していたよりもすんなり倒せました。
しかしどうしても仲間達の最大HPが削られてしまって、次の次に登場のブレインソウカー×4でアッサリ全滅……。
3〜4回はここで全滅しました……。
あんまりダメなので、面倒がらずに全員の装備も見直して、聖属性の装備で統一してみて、どうにかこうにか突破!!!
ここでエレクトンも1回使いましたし、連鎖サンダガも使い切りました。
ボスよりもキツかった……。

そこから先はトントン拍子。
キャンプでは“ラザーニャ・アル・フォルノ”を食べるといい、とあったので、三属性無効状態で突撃。
コレとっても楽ちん!!
セーフティービットで即死も無効!
途中私の気力が尽きかけて眠くなり、ゴブリンにやられるハプニングもあったりしました。
最奥のボス戦は、多少時間はかかりましたが苦戦と言うほどでもなくすんなり倒せました。
結局クリアまで現実時間で6時間近くかかりました……。

これほど苦労したのに、この遺構がなんだったのかとか、なんでこんな脅威がいるのかとか分からないままなのが残念。
……って、もしやどこかで説明ありましたかね?? 放置しまくりで忘れてるだけかも……。

それにしても、今作は難易度が低めなんでしょうか。
アイテムと時間さえあれば、どんな相手もゴリ押しで何とかなった感じです。
いや、気力面ではかなり辛ったのですが……(・・;)

そんなこんなで、本編は全て終了です♪
残すはやっぱり放置中の戦友……。
先は長そう……。
posted by ミクロン at 03:00 | FF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

七つの大罪 32巻&33巻限定版+ストーリーブック

32巻の感想、すっかり失念しておりました。
なので今回は全部まとめて。

モンスピートとデリエリの話は泣けました……。
フラウドリンの番外編も。
どっちも救いがない分、余計に。

エスタロッサの秘密にはビックリ。
予想だにしていませんでした。これは是非とも早急にリュドシエルと対面してみて欲しいなぁ!

煉獄の住人になりかけたバンはちょっと可愛らしかったですね(笑)
メリオダスと再会出来て良かった。
魔神王デカイ(笑)
そして怖いし。さすが。
でも……何よりも!!
ワイルド!!!
えー!!?
ホークの過去が意外過ぎて、エスタロッサも魔神王も霞んじゃいました……。
マイルドって(笑)
早く感動の再会を果たして欲しいなぁ。
……あれ? じゃあ、ホークママはホークの母親ではないの……??
それとも2人(頭)の母親なの??
でも、だったらホークもワイルドの事を知っていそうですし……うーん。
そうそう、キャスもまた煉獄の生き物だったとは!
キャスの正体もまだ明かされてないですし……煉獄はまだまだ秘密があって面白そうですね。

33巻は限定版を購入。
何と言っても、マスコット3匹のグッズ付ですもの!!
か、可愛い……(*゚д゚*)
posted by ミクロン at 01:00 | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

七つの大罪 天空の囚われ人

公開初日、初回で観て来ました!

とうとう映画化!
『ライジング・インパクト』以来、アニメ化に至るまで長かったですが……遂に映画化とは……!!
何とも感慨深いです(*^^*)

実はアニメ版は2期はあまり見られなかったので、分かるかどうか少し心配でしたが、全然問題ありませんでした。
本編はやや重めの展開となっていますが、こちらはやや暢気な雰囲気で外伝っぽくて。
テンポも良く、分かり易く、面白かったです。
ホークが可愛すぎる……(*´∀`*)
ちょっと気になる設定もあったりして(ホークママ!!)ちゃんと本編とも関係しているのも良かったです。

入場者特典も頂けましたし、満足です♪

そうそう。
インデュラがとっても可愛らしく見えたのは……決して少数派ではないハズ!!(笑)
posted by ミクロン at 23:00 | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする